片栗粉の代用品をとろみ・衣・つなぎなど用途別に!小麦粉や薄力粉は使えるか解説!

片栗粉が代用できる食材を知っていますか?今回は、片栗粉の代用品を〈衣・とろみ作り・つなぎ・低糖質ダイエット〉など用途別に紹介します。知っておけばいつでも代用ができます。〈小麦粉・薄力粉・米粉〉などが代わりになるかも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 片栗粉がない…代用できる?
  2. 片栗粉の代用①唐揚げなど衣に使う場合
  3. ①小麦粉
  4. ②コーンスターチ
  5. ③米粉
  6. ④薄力粉
  7. ⑤白玉粉
  8. 片栗粉の代用②つなぎに使う場合
  9. ①小麦粉
  10. 水溶き片栗粉の代用③とろみ作りに使う場合
  11. ①葛粉
  12. ②すりおろしたジャガイモ
  13. ③きのこ・オクラなど
  14. ④小麦粉
  15. 片栗粉の代用④低糖質なダイエット向き商品
  16. ①サイリウム
  17. 片栗粉がなくても大丈夫

片栗粉がない…代用できる?

片栗粉はジャガイモを原材料としたでんぷんから出来ており、同じ成分を含む食材ならつなぎや衣の代用できる様です。今回の記事では、片栗粉が無い時に代用出来る食材を紹介していくので困った時の参考にして下さい。

片栗粉の代用①唐揚げなど衣に使う場合

まずは、片栗粉の代わりに唐揚げの衣に使える食材を紹介します。片栗粉を使った時とは違った食感を愉しめるものも多いので、順番に見ていきましょう。

①小麦粉

水溶き小麦粉を加えて加熱するととろみを付けることが出来ますが、片栗粉に対して十分の一ほどの粘り気なので、どちらかと言うと揚げ物の衣としての代用が適しているでしょう。

片栗粉のように食材に小麦粉をまぶして油で揚げると、旨味をぎゅっと閉じ込めたジューシーな食感に仕上がります。小麦粉は家に常備してある方も多いので、今記事で紹介する代用品としては最も出番が多いかもしれません。

②コーンスターチ

コーンスターチはとうもろこし由来の食材ですが、片栗粉同様にでんぷんから出来ており衣の代用として利用することが可能です。粒子が片栗粉よりも細かくサラサラしており、サクッとした軽い食感に仕上げることができます。

コーンスターチはとろみ付けに利用すると少し白っぽい色になりますが、揚げたときにはきつね色になるので揚げ物に利用すれば色も気にならないでしょう。片栗粉とは違った食感に仕上げたい時に活用してみてはいかがでしょうか。

(*コーンスターチについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

コーンスターチとは?片栗粉と違いは?役割・使い方や活用レシピのおすすめも紹介!

③米粉

米粉は粉が細かく油を吸う量が少ないので、唐揚げに利用するとサクッと軽い食感に仕上がります。もっちりとした食感を楽しみたい場合には、卵を加えて揚げると良いでしょう。また、とろみ付けの代用として米粉を利用することがありますが、少し白っぽい色の仕上がりになる様です。ホワイトソースやシチュー、ドリアなら気にならないので、活用してみましょう。

④薄力粉

薄力粉も、片栗粉代用品として使用する事が出来ます。薄力粉は他の代用品に比べて粉が具材に絡みやすいので、旨味をぎゅっと閉じ込めてしっとりとした仕上がりに仕上げる事が出来ます。また、薄力粉は唐揚げだけでなく、天ぷらの衣にも適している様です。代用品でも、仕上がりに妥協したくない方におすすめします。

⑤白玉粉

白玉粉はもち米の中のでんぷん質から作られるので、片栗粉と同じように揚げ物の衣として代用する事が出来ます。白玉粉を付けて揚げるとカリカリとした衣に仕上がるため、片栗粉の場合との食感の違いを愉しんでみてはいかがでしょうか。

片栗粉の代用②つなぎに使う場合

片栗粉に含まれるでんぷんはもっちりとした粘度があり、食材の旨味や肉汁をしっかり閉じ込めることが可能です。片栗粉がなくても他の食材で代用が可能なので、代用品と利用方法を見ていきましょう。

①小麦粉

小麦粉にもでんぷんが含まれているので、片栗粉同様に食材の旨味を閉じ込めてつなぎとして代用することが可能です。

小麦粉は水分を含むと粘りが出るので、ハンバーグなどに使用すれば肉汁が閉じ込められ、ジューシーな食感に仕上がるでしょう。片栗粉を使う場合はふわっとした仕上がりになるので、いつもとは違った食感を愉しみたい時にもおすすめです。また、小麦粉はダマになりやすいため、少量ずつ加えて混ぜながら利用してください。

水溶き片栗粉の代用③とろみ作りに使う場合

麻婆豆腐やカレーライスなど、料理にとろみをつけるために片栗粉がよく利用されますが、他の食材でも代用が可能です。あまり知られていない意外な食材もあるので、是非参考にしてみてください。

①葛粉

葛粉の独特な舌ざわりは片栗粉と似ており、とろみ付けの代用品として利用しやすいでしょう。水に溶いて加えることでなめらかなとろみに仕上がるため、餡かけや煮物などの和食に利用されることが多いです。また、葛粉は温度が下がってくるととろみ感が強くなるので、冷やして愉しむ料理に利用するのも良いでしょう。

②すりおろしたジャガイモ

片栗粉はジャガイモのでんぷんから製造されているため、すり下ろしたジャガイモを加えることでとろみ付けが可能です。皮をむいたジャガイモをすりおろしてシチューやスープに加えると、片栗粉よりは少しとろみ感が控えめの食感に仕上がります。

③きのこ・オクラなど

とろみ材料の代用品としてあまり馴染みは無いですが、きのこやオクラなどの野菜でもとろみ付けが可能です。なめこを細かく刻んで食材に加えることで、とろみを付けることができます。なめこのぬめりが落ちてしまうので、強く洗いすぎない様に注意しましょう。

また、オクラも粘り気を持つ食材なので片栗粉の代用になりますし、切ってスープや麻婆豆腐に加えると種のつぶつぶとした食感を愉しむ事も出来ます。

④小麦粉

小麦粉を水に溶いて加えることで、とろみ付けの代用が可能です。小麦粉は比較的粒子が大きく混ぜるときにダマができやすくなるため、少量ずつ加えてかき混ぜながら仕上げましょう。カレーやシチューなど、片栗粉同様に様々な料理に代用できます。

片栗粉の代用④低糖質なダイエット向き商品

片栗粉や代用品は糖質を含む製品が多いため、ダイエット中には利用できないと考える人もいるかもしれません。糖質オフできる片栗粉の代用品もあるので、こちらも併せてチェックしてみて下さい。

①サイリウム

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61%2BVhh3GmcL._AC_SL1000_.jpg

サイリウムはオオバコ由来の食材で、片栗粉同様に唐揚げの衣やとろみ付けに利用することが可能です。食物繊維をたっぷり含んでおり整腸作用が期待出来るので、お通じをよくしたい方にもおすすめです。あまり聞き馴染みなない方も多いかもしれませんが、通販などでも取り扱いがあるので気になる方はチェックしてみて下さい。

井藤漢方製薬 オオバコダイエット約62日 500g

片栗粉がなくても大丈夫

片栗粉は料理のとろみを出したり、練り物のつなぎにしたりと出番の多い食材のひとつです。片栗粉を切らしてしまっても家にある食材で代用できることが多いので、困った時は今回の記事を是非参考に活用してみてください。

関連する記事