栗の虫食いの見分け方は?中から虫の出し方や食べても大丈夫なのか解説!

栗の中に虫がいても食べられるでしょうか?そんな疑問を解決するため、今回は、栗の虫食いされてる場合の見分け方や、虫の出し方を紹介します。気になる虫食い栗の中にいる虫の正体や食べても大丈夫なのかも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 栗で虫食いされてる場合の見分け方は?
  2. 虫食いされた栗の特徴
  3. 栗の中にいる虫の正体は?【閲覧注意】
  4. ①クリシギゾウムシ
  5. ②クリミガ
  6. 栗の中にいる虫の出し方は?
  7. ①割って取り出す方法
  8. ②天日干しにする方法
  9. ③水の中に入れる方法
  10. ④熱を使う方法
  11. 栗の中に虫がいた場合でも食べても大丈夫?
  12. 栗が腐ってなければ食べても問題ない
  13. 栗の中にいる虫を食べても大丈夫?
  14. 食べてしまっても健康上には問題ない
  15. 栗に虫がいても大丈夫

栗を選ぶ際にいろいろ確認しても完璧に虫を排除することは難しいです。避けたいですが、万が一虫を取り除ききれずに食べてしまった場合はどうでしょうか。こちらも人体に影響がないか調べてみました。

食べてしまっても健康上には問題ない

虫やその卵を食べてしまっても人体に影響はありません。先ほど紹介したクリシギゾウムシの味が「食べられるハンドブック・うまい昆虫ベスト10」に第9位に入るほどおいしいということです。このように栗に付く虫や卵に毒など、人体に影響があるものは一切ないのであまり気にしないほうがいいのかもしれません。

栗に虫がいても大丈夫

今回は栗の虫食いについて調べてみました。いずれにせよ虫や卵に毒はないため栗拾いをしても安心して食べられますが。ですが、どうしても虫が気になる人は栗を選ぶ段階から穴がないかをチェックしてみたり今回紹介した方法で虫を排除して、秋の味覚を楽しんでください。

関連する記事

×