肉を柔らかくする方法は?下準備が重要?焼く際のポイントも徹底解説!

固い肉を柔らかくする方法を知っていますか?今回は、固い肉を柔らかくするために〈舞茸・ヨーグルト〉など食材の酵素を利用する方法や〈ビール・炭酸水〉などで煮る・漬け込む方法も紹介します。肉を柔らかく焼くコツも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 固い肉を柔らかくする方法はあるの?
  2. 肉を柔らかくすることができる理由とは?
  3. 肉の繊維・タンパク質が分解されることで食感が柔らかくなるため
  4. 肉を柔らかくする方法①食材の酵素を利用する
  5. ①舞茸
  6. ②ヨーグルト・牛乳
  7. ③玉ねぎ
  8. ④パイナップル
  9. ⑤キウイ
  10. ⑥蜂蜜
  11. 肉を柔らかくする方法②炭酸飲料で煮る
  12. ①炭酸水
  13. ②ビール
  14. ③コーラ
  15. 肉を柔らかくする方法③道具を使う
  16. ミートハンマーで叩く
  17. 肉を柔らかくする方法④調味料を使う
  18. ①砂糖
  19. ②酢
  20. ③塩麹
  21. 肉を柔らかく焼くためには?
  22. ①肉の脂身から焼いていく
  23. ②中温でじっくり焼いていく
  24. ③焼く直前に塩をかける
  25. 固い肉を柔らかくしてワンランク上の食卓にしよう

固い肉を柔らかくする方法はあるの?

お店で提供される肉は柔らかく仕上がっているのに、自宅で調理すると肉が固くなってしまったという経験はありませんか。自分で調理するとどうして肉が固く仕上がってしまうのでしょうか。肉を柔らかく仕上げる方法があるのかどうか、みていきましょう。

肉を柔らかくすることができる理由とは?

肉は調理方法にひと手間加えることで、自宅でも柔らかく仕上げることができます。では、どうして肉を柔らかくできるのでしょうか。ここでは、肉を柔らかくできる理由について説明します。

肉の繊維・タンパク質が分解されることで食感が柔らかくなるため

肉が固くなってしまう原因は2つあり、1つは筋肉の組織を構成する肉の繊維が固く長いことです。もう1つは、加熱によって肉の細胞を構成するタンパク質が変性し、線維状に結合してしまうことです。そのため、調理前に肉の繊維を切断したり、タンパク質を分解して結合できないようにしておくことで食感を柔らかくすることができます。

肉を柔らかくする方法①食材の酵素を利用する

肉を柔らかくする方法の1つが、食材に含まれる酵素を活用することです。野菜や果物をはじめとした食材の中には、固い繊維を柔らかくする効果のある酵素やタンパク質の分解に効果的な酵素を含む食材があります。ここでは、肉を柔らかく仕上げるために効果的な酵素を含む食材と、その食材の活用方法を紹介します。

①舞茸

タンパク質の分解に効果的な酵素の1つに、プロテアーゼがあります。キノコ類はプロテアーゼを含みますが、中でもプロテアーゼを豊富に含むのが舞茸です。調理前に舞茸と肉を密閉できる容器や袋に入れて少し時間をおいたり、舞茸と一緒に炒めたりすることで、肉を柔らかく仕上げることができます。

②ヨーグルト・牛乳

ヨーグルトや牛乳にも、タンパク質の分解に効果的なプロテアーゼが含まれています。特にヨーグルトは乳酸菌の作用によっても肉が柔らかくなるおすすめの食材です。

ヨーグルトを活用する場合は、ヨーグルトが肉にしみこむよう揉みこみ、1~2時間程度漬け込んでおきましょう。肉を焼く前に、肉についたヨーグルトをキッチンペーパーなどできれいに拭き取ります。牛乳を使用する場合は、ヨーグルト同様に肉を牛乳の中に1~2時間程度漬け込んでおきましょう。

③玉ねぎ

肉と相性の良い玉ねぎにも、タンパク質の分解に効果的なプロテアーゼが含まれます。すりおろした玉ねぎをバットに入れ、その中に肉を漬け込んでおきましょう。15~30分程度漬け込むだけで十分効果はありますが、漬け込む時間が長いほど効果的です。肉を漬け込むために使用した玉ねぎは、肉に添えるソースに活用するのがおすすめです。

④パイナップル

酢豚をはじめさまざまな肉料理に使われるパイナップルには、タンパク質の分解に効果的なブロメラインという酵素が含まれます。すりおろしたパイナップルに30~1時間程度肉を漬け込んでおくことで、肉を柔らかく仕上げられます。刻んだパイナップルを肉と一緒に炒めることも、肉を柔らかくするのに効果的です。

⑤キウイ

関連する記事

×