豚肉のロースと肩ロースの違いは?値段など特徴や合う料理も比較して紹介!

豚肉のロースと肩ロースの違いを知っていますか?何が違うのでしょうか?今回は、<味・柔らかさ・値段・カロリー>など特徴別に豚肉のロースと肩ロースの違いを紹介します。<とんかつ・しゃぶしゃぶ>など豚肉のロースと肩ロースがそれぞれ合う料理も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 豚肉のロースと肩ロースは違う部位?
  2. 豚肉のロース・肩ロースの部位を画像で確認
  3. 豚肉のロースと肩ロースの味わい・柔らかさの違いは?
  4. 豚肉のロースと肩ロースの味わいの違い
  5. 豚肉のロースより肩ロースは柔らかい
  6. 豚肉のロースと肩ロースのカロリー・値段の違いは?
  7. 豚肉のロースと肩ロースのカロリー・糖質を比較
  8. 豚肉のロースの値段は肩ロースより高い
  9. 豚肉のロースと肩ロースがそれぞれ合う料理は?
  10. 豚肉のロースに合う料理
  11. 豚肉の肩ロースに合う料理
  12. 豚肉のロースと肩ロースの違いをマスターしよう

豚肉のロースと肩ロースは違う部位?

豚肉を購入するときに豚ロースと豚肩ロースの両方がある場合、どちらを選ぶか迷うことがあります。この二つの違いを知っておくことで、普段の料理がより一層美味しくなるので覚えておきましょう。まずは豚ロースと豚肩ロースがそれぞれどこにあるのかを説明します。

豚肉のロース・肩ロースの部位を画像で確認

出典:https://www.zennoh.or.jp/anshin-top/anshin-report/images/ja-kitanihon-tikusan/thumbnail-11.jpg

豚ロースと豚肩ロースは、画像で見ると隣り合った場所にあることがわかります。豚ロースは背中の部分に位置し、背骨の両側にある部位のことを指しています。一方、豚肩ロースは豚ロースよりも首に近い場所に位置しており、肩に近い場所であることから豚肩ロースという名前です。

なお、豚肩ロースの他に肩肉という肩に位置する部位の肉もありますが、豚肩ロースとは全く違う肉になるので選ぶときは注意しましょう。

豚肉のロースと肩ロースの味わい・柔らかさの違いは?

豚ロースと豚肩ロースでは、柔らかさや味わいが大きく違ってきます。同じ料理を作るにしても、好みに合わせて部位を選んでみるのも良いでしょう。ここでは豚ロースと豚肩ロースの味の違いについて見ていきます。

豚肉のロースと肩ロースの味わいの違い

豚ロースと豚肩ロースでは、豚ロースの方が脂と赤みのバランスが良く、数ある部位の中でも質の良い部位と言えます。味も豚肉の旨味が凝縮されているので、豚肉ならではの旨味を楽しみたいときは豚ロースを選ぶのが良いでしょう。一方、豚肩ロースは脂の部分が多めで、豚ロースに比べるとコクのある味わいであることが多いです。

豚肩ロースは脂質が網目状に張り巡らされており、濃厚な豚肉料理を作るのにも向いています。のちほどそれぞれに向いている豚肉料理も紹介しますが、あっさりした味わいにしたいときには豚ロース、食べ応えのあるコクのある豚肉料理の場合には豚肩ロースを使用するのがおすすめです。

豚肉のロースより肩ロースは柔らかい

柔らかさについては、豚ロースより豚肩ロースの方がより柔らかいのが特徴です。肉を加熱したときに柔らかくなるかどうかは赤みに脂身が入っているかどうかで決まります。脂身はサシと言われることが多いですが、豚肩ロースは元々よく動かす部位であるためサシが赤みに入っており肉の繊維も細かくなっています。

赤みと脂身がきれいに分かれている豚ロースよりも柔らかくなるので、柔らかい豚肉が好きなら豚肩ロースにするのが良いでしょう。ただし、豚肩ロースは調理すると少々筋っぽくなります。そのときは一旦筋切りしてから調理すると噛み切りやすいので試してみてください。

豚肉のロースと肩ロースのカロリー・値段の違いは?

豚ロースと豚肩ロースのカロリーと値段についても見てみましょう。どちらも脂身は比較的ある肉の部位ですが、より高カロリーなのはどちらでしょうか。

豚肉のロースと肩ロースのカロリー・糖質を比較

100gあたり カロリー 糖質
ロース 263kcal 0.2g
肩ロース 253kcal 0.1g

関連する記事