鴨肉はスーパーにある?どこで買えるの?価格とともに一覧で紹介!

生の鴨肉はどこのスーパーに売ってるのでしょうか?今回は、鴨肉を売っているスーパーを価格とともに一覧で紹介します。実際に買った人の体験談や、生の鴨肉がスーパーで売っていない時の対処法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 生の鴨肉はスーパーで販売してるの?どこで買える?
  2. まずは鴨肉の種類を抑えよう
  3. 生鴨肉が売っているスーパーを徹底調査!
  4. ①成城石井
  5. ②クイーンズ伊勢丹
  6. ③業務スーパー
  7. ④紀ノ国屋インターナショナル
  8. ⑤精肉店
  9. ⑥西友
  10. ⑦肉のハナマサ
  11. 生の鴨肉が近くのスーパーに売ってない時はどうする?
  12. スーパーで販売している合鴨スモークロースで代用してみよう
  13. 通販で鴨肉を買うのもあり
  14. 合鴨スモークロースを使ったレシピを紹介!
  15. ①合鴨スモークロース丼
  16. ②鴨とオレンジのサラダ
  17. ③合鴨スモークロースのポテトサラダ
  18. 鴨肉はスーパーでも販売している!

生の鴨肉はスーパーで販売してるの?どこで買える?

鴨肉はヘルシーで美味しく、鍋やクリスマス料理などにも使われるので、冬になると食べたくなる人も多いです。しかし、鶏肉や豚肉とは違い、身近なスーパーで見る機会がなく買う場所がわからない場合も少なくありません。ここでは、生の鴨肉が買える場所について紹介します。

まずは鴨肉の種類を抑えよう

鴨肉と呼ばれている肉には、以下のような種類があります。

・マガモ
・合鴨
・アヒル

一般的に鴨肉として販売されているものは、マガモか合鴨の場合が多いです。マガモは野生の鴨のことで、狩猟によって捕獲され処理されたジビエ肉で、繁殖期に雄の首元が緑色になるため「青首」などの呼び名がつけられています。合鴨は、野生のマガモとアヒルの交配種で、鴨肉として販売されている肉のほとんどは合鴨です。

臭みがなく、肉質が柔らかで味わいも人気があります。アヒルは野生のマガモを家畜化したものなので、アヒルの祖先はマガモになります。アヒルはマガモを長く食用に飼育する中で、白い姿に変わっていったようです。安定して供給される肉で、アヒル肉が鴨肉として販売されることも多いです。

鴨肉は岩手県や群馬県、大阪の河内地方などが特産で知られていますが、首都圏である東京や埼玉でも手に入ります。また、輸入された海外産の鴨肉も多く、スーパーなどで手に入る冷凍鴨肉の多くは海外のものです。

生鴨肉が売っているスーパーを徹底調査!

生の鴨肉は以下の店舗で購入できるので、体験談を交えて紹介します。近くのスーパーでも売っている場合があるので、気になる人は事前に電話で問い合わせてみるのがおすすめです。

①成城石井

出典:https://www.seijoishii.co.jp/company/

高級商材を取り揃えている人気のスーパー、成城石井では生の鴨肉を置いていることがあります。大型店舗で取り扱っている場合が多いので、探してみてください。価格はそのときによって変わりますが、だいたい100gあたり650円前後で販売されていることが多いです。

店舗情報 | スーパーマーケット成城石井

②クイーンズ伊勢丹

出典:https://www.im-food.co.jp/

東京や神奈川、埼玉などに店舗を展開している、クイーンズ伊勢丹でも生の鴨肉を取り扱っています。冷凍の鴨肉は大きなかたまり肉が多いですが、クイーンズ伊勢丹では国産の合鴨ローズのスライス肉などが手に入ります。販売価格は変わりますが、およそ100g500円くらいで販売されていることが多く、見切り品で半額になるケースもあるようです。

店舗一覧|クイーンズ伊勢丹[QUEEN'S ISETAN]

③業務スーパー

出典:https://twitter.com/Katap_s/status/1456860156847792128

全国に店舗を展開している業務スーパーでは、生の鴨肉の冷凍が販売されています。すべての店舗で取り扱っているわけではないので、事前に問い合わせをしてみるほうが無難です。業務スーパーでは調理した合鴨ロースも人気があり、生肉と合わせて利用している人も多いです。

店舗案内|プロの品質とプロの価格の業務スーパー

関連する記事

×