豚肉は電子レンジで大丈夫?寄生虫は死ぬ?加熱時間は何分必要なの?

豚肉の電子レンジ調理で寄生虫は死ぬのでしょうか?大丈夫か気になりますよね。今回は、豚肉にしっかり火を通すには電子レンジの加熱時間が何分必要かを、生焼けの見分け方と紹介します。豚肉の電子レンジ調理で簡単なレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

(このページにはPRリンクが含まれています)

目次

  1. 豚肉は電子レンジ調理で大丈夫?寄生虫・細菌は死ぬ?
  2. 豚肉は電子レンジ調理でもしっかり火を通せば大丈夫
  3. 生焼け豚肉を食べる危険性
  4. 豚肉の電子レンジの加熱時間は?寄生虫対策で何分必要?
  5. 豚肉は電子レンジで100gあたり2分以上が目安
  6. 豚肉の生焼けの特徴・見分け方
  7. 豚肉の電子レンジ調理で簡単なレシピも紹介!
  8. ①豚バラのレンジもやし蒸し
  9. ②豚バラ肉巻き
  10. ③豚肉と夏野菜の重ね蒸し
  11. ④豚丼
  12. ⑤豚キムチうどん
  13. 豚肉の電子レンジ調理は寄生虫に注意!

豚肉は電子レンジ調理で大丈夫?寄生虫・細菌は死ぬ?

豚肉は寄生虫による食中毒予防のため、十分に加熱するのが常識です。時短のために電子レンジ調理をする人が増えていますが、寄生虫や細菌は死滅するのでしょうか。ここでは、豚肉も電子レンジ調理で問題ないのかを説明します。

豚肉は電子レンジ調理でもしっかり火を通せば大丈夫

豚肉は電子レンジ調理でも、しっかり火を通すことで問題なく食べられます。豚肉には食中毒を起こす危険のある、細菌や寄生虫が付着しています。その中でも寄生虫は60度以上、カンピロバクターなどの食中毒の原因となる菌の多くは、75度以上で1分以上火を通すことが死ぬ条件です。

電子レンジ調理では75度以上で何分も加熱することがほとんどのため、問題ないと言えるでしょう。

生焼け豚肉を食べる危険性

生焼けの豚肉を食べた時に起こる食中毒の症状は、以下が挙げられます。

・腹痛
・倦怠感
・発熱
・黄疸
・吐き気
・下痢


生焼けの豚肉には、カンピロバクターなどの寄生虫や細菌が付着しており、食中毒を起こすと他にもさまざまな症状があります。特にE型肝炎は、感染すると上記のような症状の他、死に至ることもあります。生焼けの豚肉を食べてしまい、体調がすぐれないと感じた時には速やかに病院を受診してください。

豚肉の電子レンジの加熱時間は?寄生虫対策で何分必要?

豚肉を電子レンジで調理する時の、加熱時間の目安を覚えておきましょう。寄生虫による食中毒が心配で電子レンジ調理を迷っているなら、知っておくことで便利に調理ができます。寄生虫対策として、目安としてどれくらいの時間がかかるかを説明します。

豚肉は電子レンジで100gあたり2分以上が目安

豚肉を電子レンジ調理するときは、100gあたり2分以上が目安です。以下の注意点を銘記してから調理を行ってください。

・賞味期限以内に食べる
・しっかり解凍してから調理をする
・厚切りの肉は切れ目を入れてから火を通す


豚肉を電子レンジ調理するときは、最近や寄生虫による食中毒を防ぐためにも、賞味期限以内に食べるようにしましょう。調理するときの注意点は、冷凍したものはしっかり解凍してから調理を開始し、冷蔵庫に入っていたものでも常温に戻してから加熱を始めます。

こうすることで、熱が通りやすくなり、生焼けになることや寄生虫からの悪影響も避けられます。また、肉の厚さにも気を配ることも大切です。薄切り肉の場合はすぐに火が通るため、あまり気にする必要はありませんが、重ならないように器に乗せるのがポイントです。厚切りのロース肉などは、肉にあらかじめ切れ目を入れておくことで、中までしっかり火が通ります。

豚肉の生焼けの特徴・見分け方

豚肉の生焼けの特徴や見分け方は、以下の通りです。

・肉汁が透明ではなくピンク色
・中心温度が65度以下では不十分


豚肉が生焼けかどうかを見るには、表面の色よりも中心温度を見るのが確実です。特にローストポークのような塊肉を扱う場合は、一見赤いように見えても火は通っています。料理用の温度計を使い、中の温度が65度前後になっているなら寄生虫の影響は問題ありません。手に入らないなら、竹串を刺して肉汁がピンク色なら生焼け、透明なら火が通っています。

(*豚肉の生焼けが危険な理由について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

生焼けの豚肉が危険な理由とは?食べてしまった時の症状・対処法や半生防止の方法も紹介!

豚肉の電子レンジ調理で簡単なレシピも紹介!

電子レンジ加熱調理で作れる、豚肉の簡単なレシピを紹介します。電子レンジで作ることで、一緒に加熱する野菜の栄養が逃げることなく、豚肉の旨味もしっかり染み込みます。使う部位も意識することで、美味しい豚バラ料理が食べられるので、見てみましょう。

①豚バラのレンジもやし蒸し

出典: https://cookpad.com/recipe/1927556

豚バラともやしを一緒に加熱して作る、メインにも使える一品です。もやしと豚バラ肉を別々に茹でる必要もなく、副菜を作っている間に作れてしまいます。食べる時には、ポン酢につけて食べるのがおすすめです。

関連する記事

肉類・肉加工食品のアクセスランキング

人気のある記事ランキング

ランキング情報が取得できませんでした。