手羽元の下処理の仕方は?切り込み・下茹でで柔らかくなる?煮物・唐揚げを作る人必見のコツを伝授!

手羽元の下処理の仕方を知っていますか?今回は、手羽元の下茹で・血抜きの仕方や、臭みの取り方に加えて、柔らかくする方法も紹介します。下処理した手羽元の活用レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。手羽先を正しく処理して美味しく味わいましょう。

目次

  1. 手羽元の下処理・血抜きの仕方は?
  2. 手羽元の臭みを取る方法は?
  3. 手羽元を柔らかくする方法は?
  4. 下処理した手羽元の活用レシピ
  5. 手羽元を下処理して美味しく食べてみよう

手羽元の下処理・血抜きの仕方は?

煮る料理でも茹でる料理でも美味しさを発揮する手羽元ですが、下処理や血抜きはどのように施したら良いのでしょうか。下処理の際のポイントをいくつか紹介するので参考にしてみて下さい。

①切り込みを入れる

手羽元を調理する前に切り込みを入れる事で、煮る時などに味がしみこみやすくなるだけではなく、茹でた時に早く火が通りやすくなります。その他にも、骨から旨味が出たり、食べやすくなるなどの様々な効果があるので、調理の際には手羽元に切り込みを入れることを忘れないようにしましょう。

②ドリップ等を水で洗う

手羽元には多くの水分が含まれるため、肉の中からドリップという水分が出てきてしまう事があります。ドリップは、肉の臭みを引き出してしまうため、ドリップが出ているのを見つけたら、キッチンペーパーで拭き取ったり、流水で洗うなどの下処理をして下さい。

③下茹でをする

手羽元のような骨付き肉は、調理をすることで骨から骨髄液という血液を作り出す液が出てきて、血のように赤く見えることがあります。これらを防ぐためにも、調理するまえに15分ほど下茹でをすると良いでしょう。

下茹でをすることで骨髄液が固まり、血のような液体が出てくるのを防ぐことが出来ます。気になる場合は、下茹でをした後、血の塊などを取り除くと良いでしょう。

手羽元の臭みを取る方法は?

手羽元独特の臭みが気になるという方もいるかもしれません。臭みを取る方法についていくつか紹介するので一度試してみると良いでしょう。身近な食品で煮るだけで手軽に出来るので参考にしてみて下さい。

①青ネギと生姜で煮る

ネギや生姜は香りが強く、肉の臭いを緩和する働きがありますが、生姜の香辛成分は、手羽元のタンパク質と結合することで臭いを消してくれることが分かっています。また、ネギの中でも消臭効果が高いのは葉が青い部部分なので、そちらを使うようにすると良いでしょう。醤油やポン酢で味をつけるだけでもさっぱりと美味しく食べられるようになります。

②紅茶と煮る

イギリス料理のレシピには、肉を紅茶と一緒に煮込む工程が記載されているものが散見されます。紅茶で手羽元を煮ると、臭みが取れたり、茶葉に含まれる成分の一つであるタンニンが脂肪を溶かしてくれるので、手羽元が柔らかくなったりさっぱり仕上がるという効果があります。家に紅茶があれば、是非試してみて下さい。

③酢を入れて煮る

肉の臭いの元となる成分はアルカリ性です。酢は酸性であり、これを少し入れて煮ると、中和され臭いが軽減される事が分かっています。酢は、肉を柔らかくしてくれる効果もあり、一石二鳥の方法と言うことが出来そうです。

手羽元を柔らかくする方法は?

関連する記事