カルパスとは?サラミとの違いは?食べ方や活用アレンジレシピのおすすめなども紹介!

カルパスとは何か知っていますか?今回は、カルパスとサラミの<原料・作り方・発祥>などの違いや、「おやつカルパス」などカルパスの人気商品も紹介します。カルパスの美味しい食べ方や、活用したアレンジ料理レシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カルパスとサラミの違いとは?
  2. ①原料の違い
  3. ②作り方の違い
  4. ③水分量の違い
  5. ④発祥地の違い
  6. カルパスにはどんな商品がある?
  7. ①ジャッキーカルパス(1470円)
  8. ②おやつカルパス(445円)
  9. ③ペンシルカルパス(497円)
  10. カルパスの美味しい食べ方は?
  11. ①そのまま食べる
  12. ②電子レンジで温めて食べる
  13. ③オーブンで焼いて食べる
  14. カルパスを使ったアレンジ料理レシピのおすすめ
  15. ①カルパスおつまみ
  16. ②カルパスとポテトのピーマンボート
  17. ③ズッキーニとカルパスのスパゲッティ
  18. ④カルパス茶漬け
  19. ⑤カルパスサラダ
  20. ⑥カルパストースト
  21. ⑦カルパスとエリンギのジャーマンポテト
  22. ⑧カルパスと野菜の炒め物
  23. ⑨ポテトとカルパスのチーズ焼き
  24. ⑩カルパスの春巻き
  25. ⑪カルパスチャーハン
  26. カルパスを美味しく食べよう

カルパスとサラミの違いとは?

お酒のおつまみやおやつとして楽しまれているカルパスですが、サラミとは異なるものです。ここでは、カルパスとは何か、サラミとの違いについて、様々な観点から詳述します。

①原料の違い

カルパスとサラミの一番の違いは、原料にあります。カルパスとは原料として豚肉や牛肉、鶏肉など様々なものを使っていますが、サラミは豚肉と牛肉しか使いません。見た目にはあまり違いがありませんが、食べると味が異なるのがわかるはずです。

②作り方の違い

カルパスもサラミもドライソーセージに分類されますが、作り方は大きく違います。カルパスとは原料をひき肉にして調味料と香辛料、ラードなどを加えて混ぜてから腸詰し、加熱したものを60~90日を乾燥熟成させて作るものです。

一方のサラミは原料をひき肉にして調味料と香辛料、ラードなどを加えて混ぜてから腸詰し、加熱することなく60~90日を乾燥熟成させます。

③水分量の違い

カルパスとサラミの作り方の違いは、製品の水分量にも表れます。日本産業規格(JIS)ではカルパスを水分量55%以下、サラミは水分量35%以下のドライソーセージと定義しています。そのため、食べた時の食感はカルパスの方が柔らかいです。

④発祥地の違い

カルパスとサラミでは、発祥地も異なります。カルパスはロシアが発祥の地ですが、サラミはイタリアで生まれました。味はよく似ていますが、発祥した国の違いが原料や製法にも影響しているのでしょう。

カルパスにはどんな商品がある?

カルパスには様々な商品があり、スーパーやドラッグストア、ネットショップでも買うことができます。メーカーによって大きさや味が異なるので、好みのカルパスを探してみるのも楽しそうです。ここでは、カルパスの中でも人気商品を3つ紹介します。

①ジャッキーカルパス(1470円)


*購入サイト|楽天市場*
ジャッキーカルパス  

オリジナルスパイスがクセになる美味しさで、ピリッとした辛味と噛み応えがあります。ツイスト包装なので手を汚さずに食べやすく、お酒のおつまみやおやつ、パーティーメニューにも便利な商品です。肉の旨味が強いので、サラダのトッピングにしても美味しく食べられます。

②おやつカルパス(445円)

関連する記事

×