じゃがいもを冷蔵庫で保存するのは危険?理由は?対処法や正しい方法も紹介!

【野菜ソムリエ監修】じゃがいもは冷蔵庫での保存は向いていないと知っていますか?日持ちしそうですが、なぜでしょうか?今回は、じゃがいもを冷蔵保存する危険性や、冷蔵保存した場合の対処法も紹介します。じゃがいもの毒性に関する注意点も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ 池田奈央
Ameba HP 野菜ソムリエ協会 Instagram
日本野菜ソムリエ協会認定野菜ソムリエPro 香川県食農アドバイザー 野菜ソムリエ料理教室・健康講座で野菜や果物の食べ方の提案。企業向けに「...
Ameba HP 野菜ソムリエ協会 Instagram
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエPro 香川県食農アドバイザー 野菜ソムリエ料理教室・健康講座で野菜や果物の食べ方の提案。企業向けに「食から考える心と身体の健康経営」の人材育成セミナーにも力を入れている。

目次

  1. じゃがいもの冷蔵保存はNG?理由は?
  2. 理由①アクリルアミドが発生する可能性がある
  3. アクリルアミドの毒性・症状
  4. 理由②食感・品質が劣化する
  5. じゃがいもを冷蔵庫で保存した場合の対処法
  6. ①1週間くらい常温で保存する
  7. ②水にさらす
  8. じゃがいもの正しい保存方法は?
  9. ①常温で保存する方法・期間
  10. ②冷凍で保存する方法・期間
  11. じゃがいもの毒性に関する注意事項は?
  12. ①直射日光に当てて保管しない
  13. ②発芽したら根元から取る
  14. じゃがいもは正しく保存しよう

じゃがいもの冷蔵保存はNG?理由は?

じゃがいもを箱で購入した場合などは冷蔵保存出来ると便利ですが、じゃがいもは冷蔵保存がNGであるといわれています。じゃがいもを冷蔵保存してはいけない理由とは何なのでしょうか?

理由①アクリルアミドが発生する可能性がある

アクリルアミドは揚げる、焼くなど120℃以上になると発生する有害物質で、ブドウ糖や果糖が多いとアクリルアミドの量も増える可能性が高くなります。冷蔵庫で保存するとブドウ糖などが増し、揚げる、焼くなど120℃を超えた際に多くのアクリルアミドが発生する可能性があるので注意しましょう。

アクリルアミドの危険性についてはイギリスの食品基準庁で冷蔵庫でのじゃがいもを保存する事が禁止されているほどです。

アクリルアミドの毒性・症状

食材を揚げたり焼くことで、アクリルアミドと呼ばれる物質が増えます。これは糖質がアスパラギンと合わさる事で生まれる有害物質です。アクリルアミドが含まれる食品を食べると神経系に障害が起きる可能性があるとされていますし、国際がん研究機関によると、がんになる可能性が高まるとも言われています。

肝臓などにダメージがあるとも言われているので、アクリルアミドを発生させたくないなら、冷蔵保存はやめましょう。

理由②食感・品質が劣化する

健康面でもじゃがいもは冷蔵保存しない方が良いですが、味覚の面でもおすすめは出来ません。冷蔵庫内は想像以上に乾燥しており、長期間保存しておくとどんどん水分が抜けていきます。こうなるとじゃがいもの食感が悪くなりますし、品質も落ちているので美味しくありません。

じゃがいもを冷蔵庫で保存した場合の対処法

じゃがいもは冷蔵庫で保存しないほうが良いと紹介したのですが、間違って冷蔵庫に入れてしまう場合もあるかもしれません。冷蔵庫でじゃがいもを保存したときの対処法を紹介するので、困ったときは参考にしてください。

①1週間くらい常温で保存する

冷蔵庫に保存してしまったじゃがいもは、1週間くらい常温で放置しておきましょう。常温で放置しておくことで、アクリルアミドに変化する還元糖が減るので調理に使用してもアクリルアミドが増えにくくなります。

②水にさらす

1週間も常温保存する時間がない、今すぐ使いたいといった時には、水に晒す方法をおすすめします。水に10分ほど付けておくことでアクリルアミドの量を減らすことができますし、じゃがいもの余計なデンプンも洗い流してくれるといったメリットもあります。

じゃがいもの正しい保存方法は?

続いて、じゃがいもの正しい保存方法についても見ていきましょう。冷蔵以外でじゃがいもを長持ちさせる方法を紹介するので、ぜひチェックしてみてください。保存期間はあくまで目安ですので、賞味期限が切れた時の見分け方とともに参考にするようにしてください。

①常温で保存する方法・期間

じゃがいもは、常温保存が最も適していると言われています。常温でじゃがいもを保存する際は、次のような方法で行いましょう。

1.じゃがいもを紙袋や麻袋に入れる
2.冷暗所に置いておく


じゃがいもを常温保存する方法は簡単で、紙袋などに入れて冷暗所に置くだけです。きちんと保存できていれば2〜3ヶ月ほど日持ちします。適当な袋が見当たらない場合には、新聞紙で包んでおきましょう。

②冷凍で保存する方法・期間

じゃがいもはそのまま冷凍すると、含まれている水分が凍ってしまい解凍時に流れ出てしまうため、味がかなり落ちてしまいます。冷凍するときはそのままではなく、マッシュポテトにして保存しましょう。

1.じゃがいもの皮を剥き、適当なサイズに切る
2.水を張った鍋に1を入れ、15〜20分ほど中火~弱火で茹でる。
3.2に竹串が通ったら、熱いうちにマッシュする
4.鍋に牛乳とバターを入れて加熱し、マッシュしたポテトを入れて水気がなくなるまで混ぜる
5.味付けし、冷めたらラップで小分けにし、フリーザーバッグに入れる
6.5を冷凍庫に入れる

マッシュポテトにして冷凍しておけば1ヶ月ほど保存できますし、解凍してすぐ使用できるので時短にもなります。多めに作っておいて、調理に活かすのもおすすめです。

池田奈央

野菜ソムリエ

じゃがいもは、でんぷんが多い(糖質)タイプ代表男爵とでんぷんが少ない(粘質)タイプ代表メークインまた、中間タイプもあります。冷凍する場合は、糖質タイプを選ぶと甘みも強く解凍後も食味な楽しめます。

(*じゃがいもの冷凍保存や保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもの正しい冷凍保存方法・期間は?美味しさ長持ちのコツやレシピのおすすめを紹介!
じゃがいもの保存方法・期間は?常温・冷蔵庫・冷凍で日持ちするコツを紹介!

じゃがいもの毒性に関する注意事項は?

じゃがいもの毒性に関する注意事項についても見ていきましょう。じゃがいもを保存するときに注意したいポイントを紹介します。

①直射日光に当てて保管しない

じゃがいもを常温保存する場合は、直射日光に当てないようにしましょう。直射日光が当たる場所でじゃがいもを保存しておくとじゃがいもが緑化を起こして緑色になってしまうのですが、この緑化した部分にはソラニンやチャコニンといった成分が含まれています。

ソラニンやチャコニンは天然毒素であり、摂取すると吐き気やめまいなどを引き起こす可能性があります。緑化を防ぐため、冷暗所での保存を徹底しましょう。

②発芽したら根元から取る

天然毒素であるソラニンは、緑化した部分だけでなく発芽した箇所にも含まれています。保存しておいたじゃがいもが発芽してしまったら、根本からしっかり取り除きましょう。皮も厚めに剥くことをおすすめします。

(*じゃがいもの芽の毒性について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもの芽の毒性は?どこまで取る?取り方のコツや発芽を防ぐ保存法を紹介!

じゃがいもは正しく保存しよう

じゃがいもは、冷温保存すると毒性のあるアクリルアミドの心配もありますし、食感も落ちるのでおすすめしません。冷蔵保存したものを揚げものや焼く調理に使用すると危険なので、常温や冷凍でじゃがいもを保存し、美味しく安全に食べきりましょう。

池田奈央

野菜ソムリエ

じゃがいもを茹でて冷凍しておくとコロッケやポテトサラダなど時短料理になります。芽が出る前に早めに処理して美味しく食べてください。

関連する記事