シフォンケーキ型の代用品10選!型なしで簡単に作れるレシピも紹介!

シフォンケーキの型がない場合はどうしたらいいのでしょうか?今回は、シフォンケーキの型がない時に使える〈紙コップ・炊飯器・鍋〉など代用品を紹介します。シフォンケーキの型なしで作るレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. シフォンケーキは型なしでも作れる?
  2. シフォンケーキの型の形の意味って?
  3. シフォンケーキ型がない時の代用品は?
  4. ①炊飯器
  5. ②パウンド型
  6. ③紙コップ
  7. ④スポンジケーキ型とアルミホイル
  8. ⑤取っ手のとれる鍋
  9. ⑥マドレーヌ型
  10. ⑦ココット皿
  11. ⑧マフィン型
  12. ⑨耐熱容器
  13. ⑩パン型
  14. シフォンケーキを作る際のポイントも知っておこう
  15. シフォンケーキの冷まし方のコツ
  16. シフォンケーキの型を代用してるレシピ
  17. ①炊飯器で作るシフォンケーキ
  18. ②紙コップで作るシフォンケーキ
  19. ③パウンド型で作るシフォンケーキ
  20. シフォンケーキは型なしでも代用して作れる!

⑤取っ手のとれる鍋

取っ手のとれる鍋もケーキ型と同様に真ん中に工夫して穴を作れば、口コミのように上手くシフォンケーキを焼き上げることができます。シフォンケーキ型のかわりに使うのには、取っ手のとれるタイプの鍋にする必要がありますが、オーブンを使用しないで普通のお鍋をコンロにかけて焼き上げられるシフォンケーキのレシピもあります。

⑥マドレーヌ型

紙コップと同様直径が小さくなるので、マドレーヌ型もシフォンケーキを焼くのに活用することができます。焼き加減によっては少し香ばしい食感にも仕上げることができるので、好みの食感を探してみましょう。

⑦ココット皿

小さいココット皿でも、シフォンケーキを焼くことができます。小さい分オーブントースターにも入れることができるので、本格的なオーブンがなくてもシフォンケーキを作ってみたい方におすすめの代用品です。お皿いらずでそのまま食べられるので、洗い物も少なく済みます。

⑧マフィン型

マフィン型を使っても、小さいサイズのシフォンケーキを焼き上げることができます。マフィン型を使って焼きあがるシフォンケーキは、切り分け不要で、プレゼントなどにも嬉しいサイズ感です。注ぎ分ける工程が入る分、お子さんと一緒に作るのには専用の型より向いています。

⑨耐熱容器

耐熱容器もオーブンに入れられるものであれば、シフォンケーキ型の代わりに活用することができます。焼きムラをなくすためには、少し小さいサイズの容器に小分けして焼き上げるのがおすすめです。容器の形によって、いろいろな形のシフォンケーキが楽しめます。

⑩パン型

パン型でもパウンドケーキ型の要領で、シフォンケーキが焼けます。大きいパン型の場合は、中心に穴をあける工夫が必要です。また、逆にシフォンケーキ型でパンを焼くこともできるので、どちらかを持っているとレパートリーが広がります。

シフォンケーキを作る際のポイントも知っておこう

関連する記事

×