手作りパンの保存方法は?賞味期限・日持ち期間は?常温・冷凍のやり方を紹介!

手作りパンの保存方法を知っていますか?今回は、手作りパンの日持ち期間・賞味期限を、翌日食べる場合や<常温・冷蔵・冷蔵>別の保存方法とともに紹介します。<焼く前・夏・夜焼いた>など状況別の保存方法のコツも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 手作りパンの保存方法は?日持ち期間・賞味期限は?
  2. 手作りパンは常温or冷凍での保存がおすすめ
  3. 手作りパンは常温で2〜3日・冷凍だと2週間〜1ヶ月程度日持ちする
  4. ちなみに手作りパンの冷蔵保存はおすすめしない
  5. 手作りパンの常温保存のやり方・ポイントは?
  6. 常温での保存方法
  7. 常温保存する時のポイント・注意点
  8. 手作りパンの冷凍保存のやり方・ポイントは?
  9. 冷凍での保存方法
  10. 冷凍保存する時のポイント・注意点
  11. 冷凍した手作りパンの解凍方法
  12. 手作りパンを焼く前の保存方法は?
  13. 焼く前のパン生地は冷蔵or冷凍保存がおすすめ
  14. 方法①冷蔵保存のやり方
  15. 方法②冷凍保存のやり方
  16. 保存した手作りパンの焼き直し方も知っておこう
  17. ①トースターを使う
  18. ②電子レンジを使う
  19. 手作りパンの保存方法を知っておこう

手作りパンの保存方法は?日持ち期間・賞味期限は?

家庭でパンをたくさん作ると、余ってしまうこともあります。余った手作りパンは、どのように保存すればよいのでしょうか。ここでは、手作りパンの保存方法や日持ち期間・賞味期限について解説します。

手作りパンは常温or冷凍での保存がおすすめ

手作りパンは保存料などが添加されておらず傷みやすいため、常温または冷凍で保存するのがおすすめです。手作りパンを賞味期限内に食べ切れないと判断したら、なるべく早いタイミングで冷凍保存しましょう。パンを数日常温で保存すると生地が乾燥するため、そのような状態のパンは冷凍しても美味しく食べられません。

手作りパンは常温で2〜3日・冷凍だと2週間〜1ヶ月程度日持ちする

手作りパンの賞味期限は常温で2~3日、冷凍の場合は2週間~1ヶ月ほどです。ただし、パンの日持ちは種類にもよると言われています。涼しい常温で置いた場合の賞味期限は、フランスパンは1日・全粒配合パンは2日、食パンは3日、ライ麦パンは4日、自家製の酵母パンは5日ほどです。

カレーを詰めたカレーパンやあんこやジャムを包んだ菓子パン、水分量の多いパンなどは傷みやすく、日持ちも短くなります。また、梅雨や夏などの高温多湿の環境でパンを保存する場合の賞味期限は、先述した期限よりも短いので注意が必要です。

手作りパンを冷凍すると常温よりも長く日持ちしますが、保存期間が長くなるにつれて風味が落ちます。冷凍した手作りパンも、なるべく早めに食べ切るようにしましょう。

ちなみに手作りパンの冷蔵保存はおすすめしない

なお、手作りパンの冷蔵保存は風味が落ちる理由により、あまりおすすめできません。手作りパンを冷蔵庫で保存すると、カビが生えたり傷んだりするのを防ぐことができ、1週間ほど日持ちします。しかし冷蔵庫に入れた手作りパンはデンプンが劣化するうえに、パンに含まれる水分が失われて乾燥するため、風味や食感が落ちてしまいます。

ただし、生のフルーツや生クリームを使った菓子パンや生野菜などを挟んだサンドイッチなどは、傷むのを防ぐためにも冷蔵庫で保存してください。

手作りパンの常温保存のやり方・ポイントは?

手作りパンを常温保存する際には、どのような方法で行えばよいのでしょうか。ここでは、手作りパンの常温保存の仕方や手順のほか、ポイントや注意点について紹介します。

常温での保存方法

手作りパンを常温で保存するには、以下のような方法で行います。

1.焼き立てのパンは冷ます
2.ポリ袋またはラップに包む
3.日光が当たらず温度差が少ない涼しい場所で保存する


手作りパンが冷めてからポリ袋やラップに包むと、パンの乾燥を防いで美味しく保存することができます。直射日光が当たる場所や、温度差の激しい場所・湿度の高い場所などに手作りパンを保存すると傷みやすくなるため、日が当たらず風通しの良い涼しい場所で保存しましょう。

常温保存する時のポイント・注意点

夏や梅雨の時期に手作りパンを常温保存する場合は、1日を目安に食べ切りましょう。環境や保存の仕方によっては1日以内であってもパンにカビが生える可能性もあるので、食べる前にパンが傷んでいないか確認してください。夜焼いたパンの場合は翌日まで常温保存できることもありますが、蒸し暑い夏の夜に常温に置くと傷みやすくなるため、注意が必要です。

焼き立てのパンは通気性の高い紙袋に移すか網の上に乗せて、しっかり冷ましてください。焼き立ての手作りパンをポリ袋やラップに包むと、パンから出る蒸気が袋やラップの内部にこもり、パンに水分が付いて傷む原因に繋がります。

フランスパンなどのハード系の種類のパンをラップに包むと表面の香ばしい食感が損なわれるため、通気性に優れた紙袋に移して保存するのがおすすめです。

手作りパンの冷凍保存のやり方・ポイントは?

手作りパンの冷凍保存をどのように行えばよいか、分からない人も多いでしょう。ここでは、手作りパンの冷凍保存の仕方や注意すべき点およびポイントのほか、解凍方法についても紹介します。

冷凍での保存方法

手作りパンを冷凍で保存する場合は、以下のような手順で行います。

1.大きいパンはカットして小分けにする
2.スライスしたパンをラップでしっかり包む
3.ラップに包んだパンを保存袋に入れて、内部の空気をしっかりと抜いてから冷凍保存する


フランスパンや食パンなどの大きいパンの場合は、食べやすい大きさにスライスして小分けにしてから、1枚ずつラップに包みます。ロールパンのような小ぶりのパンは、そのままラップに包んで構いません。パンが空気に触れないように、ラップで覆ったパンをさらに保存袋に入れると、パンの乾燥や冷蔵庫の臭い移りを防ぐことができます。

冷凍保存する時のポイント・注意点

手作りパンや夜焼いたパンを冷凍保存する際には、常温保存の時と同様にしっかりと冷ましてから行いましょう。焼き立ての熱いパンを冷凍庫に入れると、庫内に霜が付いて冷凍庫が故障する恐れがあります。夏に作ったパンは特に傷みやすいため、なるべく早めに冷凍するのがおすすめです。

ただし、マヨネーズなどの油分が使われているパンや水分量の多い生野菜・生のフルーツなどが使われている種類のパンは、冷凍すると解凍後に風味が落ちるため冷凍には不向きです。水分量が多い野菜を使ったシチューや、トマトソース系の総菜パンも、冷凍しないように注意してください。

冷凍した手作りパンの解凍方法

冷凍した手作りパンは、以下のような手順で解凍してください。

1.トースターを予熱する
2.凍ったままの状態のパンのラップを外し、アルミで包んでトースターに入れる
3.5~10分ほど加熱して完成


冷凍した手作りパンを冷蔵庫に移して自然解凍する方法もありますが、パンの食感が悪くなることがあるので、凍ったままの状態でトースターで温めるのがおすすめです。

フランスパンなどのハード系のパンは、加熱する前にパンの表面を水で湿らせて水分を加えてから解凍すると、美味しく焼き上がります。あんパンなどの具材が入ったパンは、半解凍後にアルミホイルで包んで5分ほど加熱してください。

手作りパンを焼く前の保存方法は?

焼く前の手作りパンでも、適切に保存すれば美味しく食べることができます。ここでは、手作りパンを焼く前に保存する方法を詳しく紹介します。

焼く前のパン生地は冷蔵or冷凍保存がおすすめ

焼く前のパン生地は、冷蔵または冷凍で保存するのがおすすめです。パン生地の状態で冷蔵保存すると時間をかけて発酵するため、風味のよい美味しいパンを焼き上げることができ、冷凍すれば食べたい時に焼き立てのパンが味わえます。

パン生地を長時間常温に置くと発酵が進み過ぎてしまい、焼いた時にパン生地が過剰に膨らんで見栄えが悪くなるだけでなく、弾力のない食感になるので避けてください。

方法①冷蔵保存のやり方

焼く前の手作りパンを冷蔵保存する際は、以下のやり方のように行ってください。

1.パン生地を捏ねる
2.パン生地にラップをかけて一次発酵し、分割する
3.パン生地を冷蔵庫で保存する


パン生地を発酵させる際にラップをかけると、乾燥を防ぐことができます。冷蔵庫内でもパン生地が乾燥しないように容器などに入れて密閉し、冷蔵室よりも温度が高い野菜室に保存してください。8時間以上冷蔵したパン生地を常温に出してから成形し、最終発酵させた後に焼き上げて完成です。

方法②冷凍保存のやり方

焼く前のパン生地を冷凍する方法は、以下の通りです。

1.パン生地を捏ねる
2.パン生地にラップをかけ、1時間ほど発酵させる
3.パン生地を分割して1個ずつラップに包み、保存袋に入れて冷凍保存する


上記は砂糖が含まれているパン生地のみに活用できる方法なので、パンの種類によっては冷凍できない場合があります。二次発酵を行ってからパン生地を冷凍したい場合は、必ずパン生地を成形した後に冷凍庫へ移してください。

冷凍保存したパン生地は3日~1週間ほど日持ちしますが、長期保存すると二次発酵に失敗する恐れがあるため、なるべく早く使うのがおすすめです。パン生地を使う際には、冷凍庫から冷蔵庫へ移して一晩解凍させた後に、二次発酵してから焼き上げます。

保存した手作りパンの焼き直し方も知っておこう

手作りパンを美味しく食べるために、保存方法だけでなく焼き直し方も把握しておきましょう。ここでは、手作りパンの焼き直し方や温め直し方について、トースター・電子レンジ別に紹介します。

①トースターを使う

手作りパンをトースターで温め直す場合は、以下のような手順で行ってください。

1.トースターを予熱する
2.パンに霧吹きなどで水をかけて、トースターに入れて加熱する


常温保存して硬くなったパンは、少量の水をかけて湿らせてからトースターで加熱すると、パン生地に水分が加わりふっくらとした柔らかいパンに戻ります。トースターにスチーム機能が付いている場合は、霧吹きをする必要はありません。片面を1分ほど加熱した後に裏返して、さらに1分ほど加熱してください。

②電子レンジを使う

手作りパンは、以下のような方法で電子レンジで温め直しても美味しさが戻ります。

1.パンを少量の水で湿らせたキッチンペーパーで包む
2.耐熱皿にパンを乗せて、電子レンジで10~15秒ほど加熱する


湿らせたキッチンペーパーでパンを包んでから加熱することで、パン生地に水分が加わり柔らかくなります。電子レンジから取り出したパンにまだ硬さが残っている場合は、再度10秒追加で加熱してください。レンジで加熱した後にトースターで数分焼くと、より美味しく食べられます。

手作りパンの保存方法を知っておこう

焼き立ての手作りパンは美味しい反面、保存料が使われていないため、賞味期限が短い点がデメリットです。しかし、手作りパンを正しく保存すれば、美味しく日持ちさせることができます。今回紹介した保存方法や温め直し方を参考に、手作りパンを美味しく食べましょう。

関連する記事

×