砂肝の保存方法・期間は?冷蔵・冷凍で長持ち?解凍法や下処理の仕方も紹介!

砂肝の保存方法を知っていますか?今回は、砂肝を〈冷蔵・冷凍〉別に保存する方法や下処理の仕方を日持ち期間の目安にくわえ、解凍方法とともに紹介します。砂肝の賞味期限が切れた場合の特徴やレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 砂肝の正しい保存方法は?
  2. 砂肝は冷蔵・冷凍保存で日持ちする
  3. 砂肝を保存する際のポイントは?
  4. ①下処理をしてから保存する
  5. ②空気に触れないようにする
  6. 砂肝の冷蔵での保存方法・期間は?
  7. 砂肝の冷蔵での保存方法
  8. 砂肝の冷蔵保存での保存期間
  9. 砂肝の冷凍での保存方法・期間は?
  10. 砂肝の冷凍での保存方法
  11. 砂肝の冷凍での保存期間
  12. 冷凍砂肝を解凍する方法は?
  13. ①流水解凍する
  14. ②電子レンジを使って解凍する
  15. ③凍ったまま加熱調理して使う
  16. 砂肝の賞味期限が切れた時の見分け方は?
  17. 砂肝の賞味期限が切れた時の特徴
  18. 冷凍砂肝の保存用レシピ
  19. ①砂肝のアヒージョ
  20. ②砂肝のコンフィ
  21. ③砂肝の醤油漬け
  22. 砂肝をうまく保存して美味しく食べよう

砂肝の正しい保存方法は?

砂肝を保存するにはどのような方法がよいのでしょうか。ここでは、砂肝の正しい保存方法や日持ちについて解説します。

砂肝は冷蔵・冷凍保存で日持ちする

砂肝のような肉の内臓部分は傷みやすく、なるべく早めに食べるのが基本ですが、冷蔵・冷凍保存することで日持ち期間を延ばすことができます。特に冷凍保存は、冷蔵保存よりもより長く日持ちさせられるので、すぐに食べられない場合におすすめの保存方法です。

砂肝を保存する際のポイントは?

砂肝を保存する際のポイントはあるのでしょうか。ここでは砂肝の下処理の方法や保存する際のポイントについて紹介します。

①下処理をしてから保存する

砂肝は、筋と白い皮の部分を取り除くと食感がよくなり食べやすくなるため、あらかじめ下処理をしてから保存するとよいでしょう。白い部分は手で剥くことも包丁で切り落とすこともできますが、手で剥いた方が肉の部分を多く残すことができておすすめです。

②空気に触れないようにする

下処理をした後の砂肝は、空気に触れると酸化して味や品質の劣化が進んでいきます。すぐに使わない場合は、砂肝が空気に触れないようにラップで包むなどの工夫をしておくことが大切です。その際、ラップと砂肝の間に空気が入らないように、ラップをしっかりと密着させましょう。

砂肝の冷蔵での保存方法・期間は?

砂肝を冷蔵で保存する場合の保存期間はどのくらいなのでしょうか。ここでは砂肝の冷蔵での保存方法のポイントと保存期間について解説します。

砂肝の冷蔵での保存方法

砂肝を生の状態で冷蔵保存する場合の手順は以下の通りです。

1.筋と白い皮を除く
2.冷水で軽く洗い水気をふく
3.できるだけ空気に触れないようにラップで包む
4.保存袋に入れて冷蔵庫に保存する


保存袋に入れる際には、できるだけ袋から空気を抜くようにすると、酸化による劣化を防ぐことができます。たくさんの砂肝がある場合は、すぐに使う分だけを分けておき、残りは冷凍するなどの工夫をしましょう。なお、下茹でしてから冷蔵保存した場合は保存期間が延びるので、茹でた状態で使うことが分かっているのであれば下茹でしておくのもおすすめです。

砂肝の冷蔵保存での保存期間

生の砂肝の冷蔵保存での保存期間は1日です。それ以上保存する場合は、下茹でや調味をしてから冷蔵保存するか、この後紹介する方法で冷凍保存することをおすすめします。なお、下茹でや調味をした砂肝は、清潔な容器で密閉して保存すれば冷蔵庫で2週間ほど保存することができます。

関連する記事

×