レバーは冷凍保存できる?そのまま生・調理済みでもOK?解凍方法や活用レシピも紹介!

レバーは冷凍できるか知っていますか?そのまま生でも保存できるのでしょうか?今回は、レバーを冷凍保存する方法や日持ち期間のほか、解凍のコツも紹介します。レバーの賞味期限が切れた時の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. レバーの保存方法は?そのまま生でも冷凍できる?
  2. 生レバーは下処理してから冷凍保存するのがおすすめ
  3. 調理済みレバーでも冷凍保存できる
  4. レバーの下処理の仕方は?
  5. ⓵牛乳を使った下処理方法
  6. ②水を使った下処理方法
  7. ③塩水を使った下処理方法
  8. レバーを冷凍保存する方法・日持ち期間は?
  9. 冷凍での保存方法
  10. 保存期間
  11. 冷凍のレバーを解凍する方法は?
  12. ①冷蔵庫で自然解凍
  13. ②電子レンジで加熱解凍
  14. レバーの賞味期限が切れた時の見分け方は?
  15. 賞味期限が切れたレバーの特徴
  16. 冷凍レバーのアレンジレシピ
  17. ①鶏レバーの甘辛煮
  18. ②レバニラ炒め
  19. ③レバーペースト
  20. レバーを正しく保存して日持ちさせよう

レバーの保存方法は?そのまま生でも冷凍できる?

レバーは、日々の食事で不足しがちな鉄分などの栄養素を補うことができる食材として有名です。栄養豊富なレバーは、どのように保存すると良いのでしょうか。ここでは、レバーを生でも冷凍できるかどうかも踏まえて、保存方法について解説します。

生レバーは下処理してから冷凍保存するのがおすすめ

内臓肉の一種であるレバーは、日持ちがしない分、すぐに使用しない場合は新鮮なうちに下処理をして冷凍保存するのがおすすめです。レバーに含まれる代表的な栄養素でもある鉄分は、冷凍や加熱をしても成分が変わらないので、小分けにして冷凍しておけば日々の食事に活用しやすくなります。

女性は鉄分不足になりがちですが、レバーの冷凍保存を活用して鉄分不足の解消に役立てましょう。

調理済みレバーでも冷凍保存できる

レバーは味付けして加熱調理した状態で冷凍保存をすることも可能です。特にレバーを使用した煮物は、調理済みレバーの中でも冷凍保存に向く料理と言えるでしょう。なお、調理済みレバーも、生レバー同様に一度に食べる分量に小分けしておくのがおすすめです。

レバーの下処理の仕方は?

レバーの下処理は、レバーを美味しく食べる上では欠かせません。ここでは、実際にどのように下処理をするのかを説明します。

⓵牛乳を使った下処理方法

レバーの臭みが苦手な方は、牛乳を使った下処理を行うと臭みを大幅に減らすことができます。

⓵流水か氷水で洗う
②ボウルにレバーが浸るくらいの量の牛乳を準備する
③15~20分浸す
④流水で洗い流す
⑤キッチンペーパー等で水分をとる


牛乳は臭いを吸着しやすい性質を持っているため、レバーの臭み取りにも役立ちます。豚や牛のレバーは鶏のレバーに比べて臭みが強い場合が多いので、こちらの方法をおすすめします。

②水を使った下処理方法

水を使った下処理の方法は、新鮮なレバーが手に入った時やレバー特有の風味を味わいたい方におすすめの方法です。

⓵流水か氷水で洗う
②2~3回水の濁りが無くなるまで入れ替える
③15~20分浸す
④キッチンペーパー等で水分をとる


レバーには牛レバーは豚レバーなどの種類がありますが、中でも鶏レバーは特に臭みが少ないので、こちらの方法がおすすめです。臭みが強い場合は③の工程で水に浸すことで、よりしっかりと血抜きができて臭みを減らすことができます。

③塩水を使った下処理方法

レバーの下処理は、塩水を使って行うのもおすすめです。

⓵流水か氷水で洗う
②ボウルに水と塩をひとつまみ入れて準備する
③水を入れ替える
④15~20分浸す
⑤流水で洗い流す
⑥キッチンペーパー等で水分をとる


この方法は牛・豚・鶏のどのレバーにも適しています。なお、この手順で行う場合は塩水に浸す前に、臭みの元になる余分な血の塊を取っておくことが大切です。

レバーを冷凍保存する方法・日持ち期間は?

レバーを冷凍保存する場合はどのようにするのが良いのか、また、冷凍後に食べ切る目安の期間がどのくらいになるのかを解説します。

冷凍での保存方法

購入したレバーは、前述の下処理を行ってから下記のポイントを守って冷凍保存をします。

・1回分に小分けしてラップで包む
・平らにしてジッパーバッグに入れる
・ジッパーバッグの空気を抜いて口を閉じて保存

レバーを冷凍する際は、空気に触れないようラップで包んだ上で、ジッパーバッグなどの密閉できる袋に入れましょう。冷凍する前に下味をつけておくと、解凍後の調理の時間が短縮できておすすめです。また、調理済みで火が通っている状態でも、上記の手順で冷凍が可能です。

保存期間

レバーの冷蔵保存での保存期間は購入日の翌日までと短いですが、冷凍保存することによって2~3週間の保存が可能です。ただし、保存期間が長くなるにつれて味が落ちてしまうので、早めに美味しく食べましょう。

冷凍のレバーを解凍する方法は?

冷凍保存したレバーを調理に使う場合、解凍はどのようにすると良いのでしょうか。注意点も併せて詳しく説明します。

①冷蔵庫で自然解凍

冷凍したレバーは、冷蔵庫で自然解凍するのがおすすめです。冷蔵庫での自然解凍には数時間を要しますが、時間をかけて解凍することで、味や食感を損なわずに解凍することができます。なお、解凍の過程で水分がでてきた場合は、調理前にキッチンペーパーで軽く水気を拭き取ってください。

②電子レンジで加熱解凍

自然解凍をし忘れてしまった場合やすぐに料理に使いたい場合などには、電子レンジでも解凍が可能です。電子レンジで解凍する際は、凍ったレバーをキッチンペーパーを敷いた器に移してから解凍するようにしましょう。そうすることで、余分なドリップが吸収されるだけでなく、加熱のムラを減らして解凍できます。

レバーの賞味期限が切れた時の見分け方は?

レバーは賞味期限が短い食材で、購入したら新鮮なうちに調理するのが理想ですが、気づくと賞味期限が切れてしまっていたといったこともあるかもしれません。ここでは、賞味期限が切れて食べられない状態になったレバーの特徴を紹介します。

賞味期限が切れたレバーの特徴

賞味期限が切れて食べられなくなったレバーには、以下のような特徴があります。

・弾力が失われている
・黒ずんでいる
・白く濁っている
・柔らかい
・形が崩れている
・腐敗臭がする
・ぬめりけがある


賞味期限が切れて腐ったレバーは、雑菌が繁殖して上記のような変化が見られることがあります。上記のような状態のレバーは、食べると食中毒を起こす可能性もあるため、食べずに廃棄してください。

また、加熱すれば良いようにも感じるかもしれませんが、食中毒の原因菌の中には加熱しても死滅しないものもあります。少しでも異変を感じた場合は、健康を守るためにも食べないようにしましょう。

冷凍レバーのアレンジレシピ

冷凍レバーは様々な料理に活用できる便利な食材です。ここでは、冷凍レバーを使ったおすすめのレシピをいくつか紹介します。

①鶏レバーの甘辛煮

出典: https://mayukitchen.com/boiled-chicken-liver/

レバーは加熱することで臭みが出ますが、酒・みりんやしょうがを使うと臭みを減らすことができます。しっかりと味が染み込んだ煮物は、常備菜としてもおすすめです。

詳しい作り方、手順はこちら↓

食べ過ぎ注意! 鳥もつ煮(鶏レバーの甘辛煮) | 週末の作り置きレシピ

②レバニラ炒め

出典: https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1010018122/

レバーを使った料理の代表ともいえるレバニラも、冷凍レバーがあれば作ることができます。こちらのレシピは鶏レバーを使用していますが、下処理した豚レバーで作っても良いでしょう。

詳しい作り方、手順はこちら↓

鶏レバーで作る★レバニラ炒め レシピ・作り方 by ねこすけ|楽天レシピ

③レバーペースト

出典: https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1390033952/

レバーペーストは、一度作り方を覚えてしまえば、味付けをアレンジして楽しむことも出来ます。クラッカーやバゲットなどの色々な食材につけて楽しむことができ、お酒のおつまみにもぴったりです。

↓詳しい作り方、手順はこちら↓

パンに野菜やパスタにも レバーペースト レシピ・作り方 by はなまる子♪|楽天レシピ

レバーを正しく保存して日持ちさせよう

レバーは鉄分の他にもビタミンAなど多くの栄養素が含まれており、毎日の健康維持に役立つ食材です。レバーは日持ちがしないため避けがちな食材ですが、下処理をして冷凍保存することで1ヶ月ほど保存できます。少しの工夫で長持ちさせられるので、正しい保存方法を理解しておきましょう。

関連する記事