パンを冷凍保存・解凍する方法は?賞味期限はいつまで?日持ちするコツや食べ方のおすすめを紹介!

パンは冷凍で保存できるのでしょうか?賞味期限はいつまででしょうか?気になる人も多いことでしょう。今回は、パンを冷凍保存する方法や日持ち期間のほか、解凍のコツも紹介します。パンの賞味期限が切れた時の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. パンは冷凍保存できるの?日持ちする?
  2. パンは冷凍保存しても美味しい
  3. パンの冷蔵保存はNG
  4. パンを冷凍保存するメリットは?
  5. ①長期保存ができる
  6. ②パンのカビ発生を防げる
  7. パンを冷凍保存する方法は?賞味期限はいつまで?
  8. 冷凍での保存方法
  9. 保存期間・賞味期限の目安
  10. 冷凍に適さないパンもあるので注意
  11. 冷凍のパンを解凍する方法は?
  12. 凍ったままトースターで焼いてもOK
  13. 自然解凍やレンジで温めると焼きムラを防げる
  14. 凍った状態でそのまま食べるのも美味しい
  15. 焦げやすいパンの種類には注意
  16. パンの消費期限が切れた時の見分け方は?
  17. 消費期限が切れたパンの特徴
  18. パンを正しく保存して日持ちさせよう

パンは冷凍保存できるの?日持ちする?

パンは常温保存が基本ですが、梅雨時期などはカビやすくなるので、食べない分を冷凍保存できると便利です。ここでは、パンは冷凍保存することができるのか、その場合は日持ちするのかについて説明します。

パンは冷凍保存しても美味しい

パンは冷凍保存ができ、正しく解凍すれば美味しく食べられます。パンが新鮮なうちに正しい方法で保存することで、日持ちする期間が長くなります。一方で、パンの中には冷凍保存に向かないものもあるので、購入する際に賞味期限だけでなく種類にも配慮しましょう。

パンの冷蔵保存はNG

開封したパンにカビが生えるのを避けるために冷蔵保存する人もいるようですが、これはおすすめできません。パンに使用されている小麦粉に含まれるでんぷんが、冷蔵保存して水分が抜けることで劣化してしまうことが理由です。0~4℃で保存するとでんぷんが劣化するスピードが速くなるので、日持ちする期間も短くなります。

パンを冷凍保存するメリットは?

パンを購入した時には、食べない分はすぐに冷凍保存する習慣をつけるのがおすすめです。ここでは、パンを冷凍保存するメリットを2つ紹介します。

①長期保存ができる

パンは冷凍することで長期保存させることができ、賞味期限も延ばせます。冷凍庫は0℃以下に保たれているので、でんぷんの劣化が進みにくくなり、美味しく日持ちする期間を長くすることができるのです。ただし、正しい方法で冷凍保存しなければ、解凍後の風味が落ちるので注意が必要です。

②パンのカビ発生を防げる

パンは開封してしまうと劣化が進むため、常温保存しておくとカビてしまうケースが少なくありません。パンを冷凍保存することでカビの発生が防げるのは、大きなメリットといえます。美味しいパンを買った時には、食べない分はすぐに冷凍保存しましょう。

パンを冷凍保存する方法は?賞味期限はいつまで?

解凍後もパンの水分が残っていれば美味しく食べることができるので、正しい保存方法を実践することが大事です。ここでは、パンを冷凍保存する方法と賞味期限がいつまでかについて説明します。

冷凍での保存方法

美味しくパンを冷凍保存する方法は、以下の通りです。

①大きめのパンは食べやすい大きさに切り分けておく
②ラップを大きめに取り、パンを一つずつ包む
③ラップで包んだパンが重ならないように、ジッパー付き保存袋に入れる
④③の空気をできるだけ抜いてから、冷凍庫に入れる


冷蔵庫に急速冷凍機能がついている場合は、それを活用することをおすすめします。ジッパー付き保存袋に入れたパンを金属バットの上に置いて冷凍庫に入れることでも、急速冷凍が可能です。急速冷凍することで、解凍した時にもパンの風味が残るので美味しく食べられます。

保存期間・賞味期限の目安

パンは冷凍したうえで保存可能ですが、保存期間が半年に及ぶことはありません。賞味期限を考えると、2~3週間のうちに食べてしまう方が好ましいです。保存期間を少しでも延ばしたいなら、ラップで個包装する際に二重に包んでおくと効果があります。

(*食パンとフランスパンの冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

食パンの冷凍での保存方法や日持ち期間は?解凍法やアレンジレシピのおすすめも紹介!
フランスパンは冷凍保存できる?賞味期限は?焼き方・解凍法のコツを紹介!

冷凍に適さないパンもあるので注意

パンの中には冷凍に適さないものもあり、具体例は以下の通りです。

・パイ生地のもの
・ブリオッシュ
・生野菜の入ったサンドイッチ
・生クリームを使用したもの
・生のフルーツが使われたもの
・マヨネーズを使用しているもの
・汁気の多い具材が入った調理パン
・じゃがいもやにんじんが大きく調理されているカレーパン


上記のパンは水分が多いため、解凍する際にべちゃべちゃになる、あるいは具材の食感が損なわれ風味が落ちます。冷凍に適さないパンは、賞味期限内に食べきるようにしましょう。

(*菓子パンの冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

菓子パンの冷凍での保存方法は?袋のままはNG?解凍法や賞味期限の目安も解説!

冷凍のパンを解凍する方法は?

冷凍保存したパンを美味しく食べるためには、解凍方法も大事なポイントです。ここでは、冷凍のパンを解凍する方法を説明します。

凍ったままトースターで焼いてもOK

食パンやバケットなどを解凍する場合は、凍ったままオーブントースターに入れて焼くのがおすすめです。凍ったパンをオーブントースターで焼く方法は、以下の通りです。

①オーブントースターは予熱する
②凍ったままのパンを網にのせる
③油分や糖分が多いパンの場合はアルミホイルをかぶせる


予熱したオーブントースターで焼くことで、パンの水分が必要以上に出ることを避けられ、外はカリカリなのに中がふわふわに仕上がります。

自然解凍やレンジで温めると焼きムラを防げる

冷凍したパンを美味しく食べたいなら焼く前に冷蔵庫に入れる、あるいは常温において自然解凍させるのがおすすめです。電子レンジで解凍する方法もあり、パンの焼きムラが防げて美味しく食べられます。自然解凍させたパンは焼く前にキッチンペーパーで表面の水分を取り除いておくと、匂いが気になりません。

凍った状態でそのまま食べるのも美味しい

暑い夏などは、凍った状態の食パンをそのまま食べるのもおすすめです。凍ったままの食パンを牛乳に浸してから食べると、シャリシャリした食感も楽しめます。ぜひ一度試してみてほしい、食べ方です。

焦げやすいパンの種類には注意

冷凍したパンは自然解凍したうえで焼くのが基本ですが、パンが焦げないように以下の手順を守ることをおすすめします。

①バターや糖分が多いパンはアルミホイルで包む
②予熱したオーブントースターで焼く


上記の手順で、パンが焦げるのを防ぐことができます。クロワッサンを焼く場合は、オーブントースターで焼いた後2分ほどそのまま置き、バターが固まるのを待つとより美味しく仕上がります。

(*冷凍パンの解凍方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

冷凍パンの解凍方法は?電子レンジ・トースターがいい?かかる時間なども紹介!

パンの消費期限が切れた時の見分け方は?

パンの袋を開封して日が経ってから冷凍したり、長期間冷凍庫に入れておくことで、賞味期限が切れてしまうケースも少なくありません。ここでは、消費期限が切れたパンの見分け方を説明します。

消費期限が切れたパンの特徴

消費期限が切れたパンの特徴として、以下のものがあげられます。

・酸味を感じる匂いがする
・シンナーのような匂いがする
・アルコール臭がある
・パンに白いものが付着している
・青や黒のカビが生えている
・食べると酸味や苦味を感じる
・口に入れた時に舌がしびれる


上記のような特徴が見られた時には、消費期限が切れて腐っている可能性が高いので、食べてはいけません。食中毒の原因となるので、賞味期限が切れたパンは処分するようにしましょう。

(*パンの消費期限について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

パンの消費期限切れはいつまでOK?3日後はNG?腐敗の見分け方や保存方法も紹介!

パンを正しく保存して日持ちさせよう

今回は、パンを冷凍保存する方法や日持ち期間のほか、解凍のコツも紹介しました。購入したパンを時間をおかずに正しく冷凍保存することで、賞味期限を延ばすことができます。食べない分は冷凍保存して日持ちさせ、解凍の手順を守って美味しく食べきりましょう。

関連する記事