ソーキそばと沖縄そばの違いとは?地域別で味に特徴あり?歴史・起源なども紹介!

ソーキそばと沖縄そばの違いについて知っていますか?今回は、ソーキそばと沖縄そばの<トッピング・カロリー>の違いに加えて、歴史・起源や味などを紹介します。沖縄そばの地域別での味などの特徴の違いも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ソーキそばとは?
  2. ソーキそばの歴史・起源
  3. ソーキそばの味
  4. 沖縄そばとは?
  5. 沖縄そばの歴史・起源
  6. 沖縄そばの味
  7. ソーキそばと沖縄そばの違いは?
  8. ソーキそばと沖縄そばは「トッピング」が違う
  9. ソーキそばと沖縄そばは「カロリー」が違う
  10. 沖縄そばは地域別で味などの特徴が違う?
  11. ①八重山そば
  12. ②宮古そば
  13. ③大東そば
  14. ソーキそばと沖縄そばを食べ比べてみよう

ソーキそばとは?

ソーキそばとは沖縄の代表的な麺料理です。麺はきしめんで、鰹や豚骨でとったあっさりとした出汁のスープを合わせており、塩味がベースになっています。トッピングにはソーキと呼ばれる、豚のスペアリブを黒糖と醤油で甘辛く煮込んだものが乗っているのが最大の特徴です。

ソーキそばの歴史・起源

ソーキそばが生まれたのは沖縄が本土復帰を果たした1970年代頃で、沖縄そばとして食べられていたものにソーキをトッピングとして出したところ、人気が出たことが始まりでした。今では沖縄そばというと、このソーキそばを指すことが多いようです。

ソーキそばの味

ソーキそばには本ソーキそばと軟骨ソーキそばの2種類があり、本ソーキそばはスペアリブ、軟骨ソーキそばには軟骨部分が使われています。

ソーキそばは、前述した通り鰹や豚骨の出汁を使ったあっさりとしたスープが特徴なので、最初は少し味が薄く感じるかもしれません。しかし、このあっさりした味わいとこってりとしたソーキとの相性が非常に良い料理です。軟骨ソーキそばに比べると、本ソーキそばの方が骨が太い分しっかりとした味わいの出汁がとれます。

沖縄そばとは?

沖縄そばは、沖縄県で食べられているそばの総称を指す言葉ですが、元祖の沖縄そばには豚の三枚肉が乗っているのが特徴です。以前はスープは豚骨でとった出汁にしょうゆを足していましたが、現在は塩味がベースでソーキそばとの違いはほとんどありません。麺はきしめんで、トッピングにねぎや紅しょうが、蒲鉾が乗っています。

沖縄そばの歴史・起源

沖縄そばの歴史は明確にはされていませんが、14世紀から15世紀にかけて中国から伝わったものであることは間違いないようです。当初は高級な料理として扱われていましたが、時代が進むにつれて一般にも広まっていきました。

沖縄そばの味

沖縄そばはソーキそばと味わいが似ていて、あっさりとしています。スープは出汁がしっかり効いていて、甘辛く煮込まれた三枚肉とのバランスが良く、麺と三枚肉を一緒に食べると美味しいと言われています。

ソーキそばと沖縄そばの違いは?

ソーキそばも沖縄そばの一種ですが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。トッピングやカロリーの違いなども踏まえながら詳しく解説します。

ソーキそばと沖縄そばは「トッピング」が違う

ソーキそばと沖縄そばの最大の違いは、トッピングされている肉の違いです。先述したようにソーキそばは骨付きの豚のスペアリブを使用しているのに対して、沖縄そばは豚のバラ肉である三枚肉を使用しています。三枚肉の方が脂身が多いので、こってりとした味わいになります。

ただし、肉が乗っていないそばを沖縄そばと呼ぶこともあるので、オーダーする際にはトッピングの有無を念のため確認すると良いでしょう。

(*スペアリブについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

スペアリブの部位を〈牛・豚・鶏〉別に!カルビとの違いやレシピのおすすめを紹介!

ソーキそばと沖縄そばは「カロリー」が違う

1人前あたり カロリー 糖質 1日の摂取カロリーの占める割合
ソーキそば 620kcal 59g 28%
沖縄そば 450kcal 56.7g 20%

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

沖縄そばとソーキそばを比べた場合、ソーキそばの方がカロリーは高くなります。ただし、沖縄そばやソーキそばは店によってトッピングの量や麺の量が異なるため、一概にソーキそばの方がカロリーが高いとは言えません。カロリーが気になる人は、カロリーが低い具材を乗せた沖縄そばもあるので、そちらを選ぶ方が良いでしょう。

(*ソーキそばに使用されるスペアリブのカロリーについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

スペアリブのカロリー・糖質は?ダイエット中にカロリーオフする方法も紹介!

沖縄そばは地域別で味などの特徴が違う?

沖縄には沖縄そばやソーキそば以外にも、地域によって様々なそばがあります。その中でも代表的なそばを紹介するので、旅行で沖縄へ行ったときにはぜひ食べ比べしてみてください。

①八重山そば

八重山そばは沖縄の八重山諸島発祥の沖縄そばで、細くてちぢれのない麺が特徴です。一般的な沖縄そばに比べると、少し甘めの味付けがされています。

②宮古そば

宮古そばは沖縄の宮古島で食べられている沖縄そばで、ストレートの細麺が使われています。トッピングは普通の沖縄そばと似ていますが、贅沢を隠す文化に由来して麺の下に具材を隠していることが特徴です。

③大東そば

大東そばは沖縄の南大東島で食べられている沖縄そばで、他の沖縄そばに比べて非常に太いちぢれ麺が特徴です。麺は南大東島の海洋深層水を使って作られており、とてもコシが強く食べごたえがあります。

ソーキそばと沖縄そばを食べ比べてみよう

ソーキそばは沖縄そばの種類の一つですが、トッピングのお肉の種類などに違いがあることが分かりました。沖縄そばは沖縄への旅行中に食べるだけでなく取り寄せもできるので、2種類の食べ比べをしてみても楽しいでしょう。

関連する記事

×