ウインナーをそのまま食べるのはOK?食中毒の心配は?生食時の注意点も解説!

ウインナーはそのまま食べるのは問題ないでしょうか?そこで今回は、ウインナーがそのまま食べられる理由や、生食する際の注意点も紹介します。ウインナーのそのまま食べられる市販商品のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ウインナーとは?どんな食材?
  2. ウインナーは腸に肉詰めした食材
  3. ウインナーはそのまま食べれる?食中毒にならない?
  4. 市販のウインナーは加熱されておりそのまま食べても問題ない
  5. ウインナーを生食した人の口コミ
  6. ウインナーをそのまま食べる際の注意点は?
  7. ①生ウインナーの生食はできない
  8. ②賞味期限が近いウインナーはよく加熱した方が良い
  9. ウインナーで生食できる市販商品のおすすめ
  10. ①シャウエッセン(2780円)
  11. ②プロ仕様の粗挽きウインナー・ポークソーセージ(1990円)
  12. ③ウインナー ソーセージ あらびき スモーク ポーク(1540円)
  13. ウインナーをそのまま食べてみよう

ウインナーとは?どんな食材?

朝食やお弁当、お酒のおつまみとしても食卓にのぼることが多いウインナーですが、生で食べられるかどうかを知るうえで、どんな食材であるかを理解しておくことが大事です。ここでは、ウインナーとはどんな食材かを詳しく説明します。

ウインナーは腸に肉詰めした食材

ウインナーはソーセージの一種で、日本のJAS規格では羊または人工的に作られた腸の中に豚のひき肉を詰め、直径20mm以内になっている製品と定義しています。ソーセージ類の中でも最も小さなもので、オーストリアのウイーンが語源になっています。

(*ウインナーとソーセージの違いについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ウインナーとソーセージの違いは?実は一緒?フランクフルトなどとも比較して紹介!

ウインナーはそのまま食べれる?食中毒にならない?

スーパーでは様々なウインナーが販売されていますが、家庭では茹でたり焼いたり炒めたり、電子レンジで温めてから食べる方が多いようです。ここではウインナーはそのまま食べられるのか、食べて食中毒になる心配はないかを説明します。

市販のウインナーは加熱されておりそのまま食べても問題ない

出典:https://twitter.com/ob6rj/status/732901504252698624?s=20

日本製のウインナーはそのほとんどが製造の過程で加熱されているので、基本的にはそのまま食べても問題ありません。そういった理由から、加熱した際に生焼けであったとしても、健康を害する恐れはほぼないと言えるでしょう。

中でもウインナーのパッケージに、特定加熱食肉製品または加熱食肉製品と明記されているものは確実に加熱が済んでいるので見分ける際の参考にしてください。

ウインナーを生食した人の口コミ

ウインナーを生食した経験者のコメントを見ると、そのままで美味しく食べられると感じている人が多いようです。フライパンやレンジで加熱すると油が多少落ちますが、加熱しないことでウインナーの脂がそのまま残るため、食べ過ぎると胃もたれをする可能性もあるので注意が必要です。

ウインナーをそのまま食べる際の注意点は?

スーパーで販売されているウインナーはほとんどが生食できますが、生食する場合はいくつか注意点を知っておく必要があります。ここでは、ウインナーをそのまま食べる際の注意点を紹介します。

関連する記事