ズコットとはどんなケーキ?作り方や名前の由来・意味は?人気レシピなども紹介!

ズコットとはどんなケーキか知っていますか?今回は、ズコットの名前の由来や意味に加えて、一般的な作り方や、食べ方・切り方のコツも紹介します。ほかにもズコットの人気レシピも紹介するので、ご家庭で作る時の参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ズコットとはどんなケーキ?
  2. ズコットとはイタリア発祥のドーム状のケーキ
  3. 「ズコット」の名前の由来は「聖職者の帽子」
  4. ズコットの一般的な作り方は?
  5. 材料
  6. 作り方・レシピ
  7. ズコットの食べ方・切り方のコツは?
  8. ズコットをうまく切る方法
  9. ズコットの美味しい食べ方
  10. ズコットの人気レシピ
  11. ①ズコットチーズケーキ
  12. ②いちごのズコット
  13. ③ダブルムースのズコット
  14. ズコットを食べてみよう

ズコットとはどんなケーキ?

ショートケーキやモンブランなどと比べるとあまり知られていないズコットとは、どんなケーキなのでしょうか。ズコットの形や意味、名前の由来について紹介します。

ズコットとはイタリア発祥のドーム状のケーキ

ズコットとは、イタリアのトスカーナ地方発祥のドーム状のケーキを意味するイタリア語です。ドーム型のスポンジの中にクリームやアイス、ムースを詰めて冷やし、半冷凍の状態で頂きます。クリームやアイスにナッツやチョコレート、フルーツを混ぜ込むなど、アレンジも様々です。

「ズコット」の名前の由来は「聖職者の帽子」

ズコットは、カトリック教の聖職者の帽子を意味する「ズッケット」や、15〜16世紀の兵士が身に着けていたドーム型の金属製兜である「ズッコット」がその名前の由来と言われています。

ズコットはルネサンス期に誕生したケーキで、一旦は忘れ去られましたが、イタリアの洋菓子店が当時のレシピをもとに復元しました。今でもフィレンツェのリストランテやトラットリアで多く提供されています。

ズコットの一般的な作り方は?

ケーキ店やカフェで販売されているズコットは、家庭でも作ることができます。ここではズコットの一般的な材料と作り方を紹介します。

材料

(18cmのボールサイズ)

・スポンジ・・・厚さ1cm、直径17cmのものが2枚
・リキュールシロップ・・・150cc
・ココアパウダー・・・適量


【フィリング】
・生クリーム・・・500cc
・粉砂糖 ・・・100g
・スイートチョコレート・・・200g
・グランマニエ・・・ 25cc
・アーモンド・・・60g
・ヘーゼルナッツ・・・60g

作り方・レシピ

出典:https://www.ntv.co.jp/3min/recipe/19980912/

ズコットを作る時は、先に中に詰める2種類のフィリングを作ったうえで、フィリングをスポンジに詰めて仕上げます。

1.アーモンドとヘーゼルナッツを炒って、細かく砕く
2.チョコレートを半分細かく刻み、残り半分は粗く刻む
3.生クリームに粉砂糖を加え、五分立てにホイップする
4.湯煎で細かく刻んだチョコレートを溶かし、ホイップした生クリームとグランマニエを交互に少量ずつ加えて混ぜ合わせる
5.生クリームの残りを七分立てに泡立て、粗く刻んだチョコレートとアーモンド、ヘーゼルナッツを加えて十分に泡立てる
6.スポンジを放射状に切り、ボールの内側に隙間なく敷き詰める
7.リキュールシロップを刷毛でスポンジに染みこませる
8.5のフィリングをスポンジの上に敷き詰め、真ん中を丸く空ける
9.4のフィリングを丸く空けたところに詰め、表面にも伸ばして平らにする
10.ボールより少し大きいクッキングペーパーを貼り付け、冷蔵庫で2〜3時間冷やす


上記の1~5の過程が、フィリングを作る過程となっています。食べる時は15〜20分前に冷蔵庫から出して、ボールからお皿にズコットを取り出したら、仕上げにココアパウダーをふって完成です。

ズコット |キユーピー3分クッキング|日本テレビ

ズコットの食べ方・切り方のコツは?

ズコットの美しい断面を崩さずに切るには、どのようにすれば良いのでしょうか。ズコットの食べ方と切り方のコツを紹介します。

ズコットをうまく切る方法

ズコットを上手に切る方法は以下の通りです。

1.包丁と布巾、40〜45℃のお湯を張った大きめのボールを用意する
2.包丁をお湯に5秒ほどつけて温め、布巾で水気を拭き取る
3.包丁の刃先をズコットの中心に当てる
4.包丁の重さを利用して、まっすぐに下におろす
5.一切れ毎に2〜4を繰り返す


ズコットを切る時は一切れ毎に包丁を温め、拭き取るようにするのがポイントです。包丁が冷たいと刃についた油分がクリームに絡んで、キレイな断面にはなりません。表面にプレートなどの硬い食材やイチゴなどの潰れやすい食材がある場合は予め取り除き、切り分けた後に改めて飾りつけると良いでしょう。

ズコットの美味しい食べ方

ズコットは半冷凍の状態で食べるケーキのため、アイスとは違って凍らせすぎないことが大切で、包丁で簡単に切り分けられるくらいの柔らかさが最も美味しく食べられます。凍らせすぎた場合は冷蔵庫に数時間置いて、溶かしてから食べましょう。

ズコットの人気レシピ

ズコットは様々なアレンジで楽しむことができる、バリエーションが豊富なケーキです。ここからはズコットの人気レシピを紹介します。

①ズコットチーズケーキ

出典:https://cookpad.com/recipe/2458024

スポンジ生地にクリームチーズを混ぜて、ドーム状に焼き上げたズコットチーズケーキです。しっかり泡立てたメレンゲを入れることで口当たりの良い仕上がりになります。

ズコットチーズケーキ by みきsuke 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

②いちごのズコット

出典:https://cookpad.com/recipe/691954#

中にりんごチーズクリームを挟み、生クリームといちごでデコレーションしたズコットです。見た目がとても華やかなので、クリスマスだけではなく誕生日ケーキにもおすすめです。

クリスマスケーキ苺ズコット(インスタ映え by kurolabu428 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

③ダブルムースのズコット

出典:https://cookpad.com/recipe/2065765

イチゴとブルーベリーのレアチーズムースとチョコムースの2種類のムースを中に詰めたズコットです。2層のムースが生み出す濃厚な甘味と甘酸っぱさのバランスが良い、人気のレシピです。

ダブルムースのドームケーキ(ズコット) by *Anna* 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

ズコットを食べてみよう

イタリアの伝統あるケーキのズコットですが、現代ではアイスやムースを詰めるなど様々なアレンジがされています。カフェや洋菓子店でも華やかなズコットが並んでおり、自宅で簡単にできるようなレシピも考案されているので、色々なズコットを食べてみて下さい。

関連する記事

×