デニッシュとクロワッサンの違いとは?意味や作り方は?アレンジレシピなども紹介!

デニッシュとはどんなパンか知っていますか?今回は、デニッシュとクロワッサンの違いや、デニッシュの名前の意味や、味わい・食感も紹介します。パン屋で人気の高いデニッシュの作り方や、アレンジレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. デニッシュとはどんなパン?
  2. デニッシュとは生地にバターなどの油脂を何層にも挟んで焼いた食パン
  3. 「デニッシュ」の名前の意味
  4. デニッシュの味わい・食感
  5. デニッシュのカロリー
  6. デニッシュとクロワッサンの違いは?
  7. ①形の違い
  8. ②発祥の違い
  9. デニッシュの作り方は?
  10. 材料
  11. 作り方・手順
  12. デニッシュのアレンジレシピのおすすめ
  13. ①デニッシュモンブラン
  14. ②デニッシュ食パンでグラタンパン
  15. ③デニッシュで作るワッフル
  16. デニッシュを食べてみよう

デニッシュとはどんなパン?

焼色がついた生地に、フレッシュなフルーツとジャムやチョコレート、クリームチーズ、カスタードクリームなどをのせたデニッシュは見た目も華やかで食欲をそそります。パン屋で一際目を引くデニッシュとは、どんなパンを指すのでしょうか。

デニッシュとは生地にバターなどの油脂を何層にも挟んで焼いた食パン

デンマークやその周辺のスカンジナビア諸国が発祥の地であるデニッシュの材料は、主に小麦粉・イースト・牛乳または水・卵、そして多くのバターです。パン生地に薄く伸ばしたバターなどの油脂を挟み、何層にも重ねることでデニッシュならではの軽い食感が生まれます。

「デニッシュ」の名前の意味

デニッシュにはデンマーク由来という意味があり、これは発祥地がデンマークであることに由来しています。しかし、デンマークにおいては、デニッシュはオーストリアのウィーンが発祥だとされています。

そういった理由から、デンマークではデニッシュのことをオーストリアのウィーン発祥のパンを意味するヴィナーボズと呼んでいるそうです。なお、デンマークでは誕生日などのお祝いの日に、ケーキの代わりにデニッシュを食べることもあります。

デニッシュの味わい・食感

デニッシュは、生地とバターが層になることでサクサクとした軽い食感に仕上がるのが特徴的です。またバターが多く含まれるので、バターのコクと風味を存分に楽しむことができます。デニッシュの生地は食べると少し口の中がぱさつくので、水分の多いジャムや果物などの具材との相性がいいです。

デニッシュのカロリー

カロリー 糖質 1日の摂取カロリーの占める割合
デニッシュ 396kcal 43.5g 18%


※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)
※1日の摂取量は成人男性の目安です
※100gあたりの数値です

デニッシュは一般的に粉の分量の半量以上のバターが使われるので、脂質が多く含まれるハイカロリーなパンといえます。糖質量も多いので、ダイエットをしている人は食べる量を気をつけるようにしましょう。

デニッシュとクロワッサンの違いは?

デニッシュとクロワッサンはどちらもバターを多く使用していて軽い食感が似ているので、同じパンだと思っている人もいるかもしれません。ここでは、デニッシュとクロワッサンの違いについて解説します。

①形の違い

デニッシュは、イーストで発酵させたパン生地で薄く伸ばしたバターを挟み何層にも重ねたものを、四角形や円形にして焼き上げます。一方のクロワッサンは、イーストで発酵させたパン生地で薄く伸ばしたバターを挟み何層にも重ねたものを、ひし形や三日月形にして焼き上げます。

パン生地で薄く伸ばしたバターを挟んで何層にも重ねる点では共通していますが、その形に違いがあるのが特徴です。なお、クロワッサンとはフランス語で三日月を意味する言葉で、その形状が名称の由来になっています。

②発祥の違い

デニッシュは前述したとおりデンマークやその周辺国またはオーストリアのウィーンが発祥とされているパンですが、クロワッサンはフランス発祥のパンです。映画などではフランス人が朝食にカフェオレと共にクロワッサンを食べるシーンもありますが、クロワッサンはカロリーも値段も高いので、実際はバゲットなどの方が朝食に登場する回数が多いそうです。

デニッシュの作り方は?

デニッシュは普通のパンよりも捏ねる時間は短いですが、バターが溶けない温度で作らなくてはいけないため難易度は少し高いです。一つ一つの工程を丁寧かつ手早く行うと、綺麗な層のデニッシュが焼き上がります。

材料

【デニッシュ8個分】
・中力粉/200g
・牛乳/20ml
・水/60ml
・ドライイースト/小さじ1
・全卵/Mサイズ1個
・砂糖/大さじ1
・バター/100g
・打ち粉用強力粉/適量

作り方・手順

出典:https://cookpad.com/recipe/6042564

デニッシュはやや難易度の高いパンなので、初めて作るときは時間がかかってしまい、バターが溶け出すなどの失敗もあるかもしれません。しかし、回数を重ねて作ることで慣れて手際が良くなり、上手に仕上げられるようになるでしょう。

詳し~い基本のデニッシュ生地お店みた~い by マユミリオン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

デニッシュのアレンジレシピのおすすめ

デンマークでお祝いの日にケーキの代わりに食べられることもあるデニッシュは、パンというカテゴリーの中でも特にスイーツに近いといえます。そんなデニッシュをアレンジしたレシピをいくつか紹介するので、参考にしてください。

①デニッシュモンブラン

出典:https://cookpad.com/recipe/440193

焼き上げたデニッシュの上に、ホイップ・マロンクリーム・栗の渋皮煮をのせて作ります。デニッシュをマフィン型で焼くと高さが出て、まるで本物のモンブランのようになります。デニッシュ生地は、しっかりと焼き上げるのが美味しく仕上げるポイントです。

★~栗の渋皮煮で~デニッシュモンブラン★ by みんりん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

②デニッシュ食パンでグラタンパン

出典:https://cookpad.com/recipe/6195863

厚めに切ったデニッシュ食パンに、グラタンを詰めて焼いたグラタンパンのレシピです。デニッシュの香ばしさが表面のとろけたチーズによく合い、熱々のグラタンが楽しめるので肌寒い季節に是非作ってみてください。

箕面デニッシュ7センチグラタン by BAEL 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

③デニッシュで作るワッフル

出典:https://cookpad.com/recipe/6391499

デニッシュ系のパンを厚めにちぎり、バターをサンドしたものをワッフルメーカーでプレスすると、カリカリのワッフルが焼き上がります。市販のデニッシュ系のパンを使用するので、料理初心者の人でも気軽に挑戦しやすいレシピです。

超絶簡単!フェイクワッフル(ワッフル) by フラビット 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

デニッシュを食べてみよう

デニッシュはトッピングする具材やフィリングもバラエティーに富んでいて、見た目も華やかなパンです。デニッシュは焼き立てが一番美味しいので、是非デニッシュ作りにも挑戦してみてください。

関連する記事

×