豚トロ(トントロ)とは?どこの部位?味わい・肉質など特徴や美味しい食べ方など紹介!

豚トロ(トントロ)は豚肉のどこの部位か知っていますか?豚肉にはいろいろな部位があります。今回は、豚トロの部位や味・食感など肉質の特徴にくわえ、食べるのは危険と言われる理由も紹介します。豚トロの美味しい食べ方・レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 豚トロ(トントロ)とは?どこの部位の肉?
  2. 豚トロは豚の首の部位を指すことが多い
  3. 豚トロの名前の由来
  4. 豚トロはどんなお肉?特徴は?
  5. 豚トロの味・食感など特徴
  6. 豚トロと豚バラの違い
  7. 豚トロの食べ方のおすすめ
  8. 豚トロは危険と言われることも?本当?
  9. 豚トロが危険と言われる理由は「薬が打たれる場所」にある
  10. 実際のところ国産豚肉であれば安全
  11. 豚トロの美味しい食べ方・レシピ
  12. ①豚トロのネギ塩焼き
  13. ②豚トロベーコン
  14. ③豚トロ丼
  15. 豚トロを食べてみよう

豚トロ(トントロ)とは?どこの部位の肉?

出典:https://hamukoubou.jp/column/introduction/part

豚トロ(トントロ)は今や焼肉屋での人気のメニューでもあり、スーパーの精肉売り場でも見かけるようになりました。では豚トロとはどこの部位の肉でしょうか?名前の由来とともに説明します。

豚トロは豚の首の部位を指すことが多い

豚トロは豚肉の首の部位を指すことが多く、一般的に豚トロと呼んでいますが正式名称ではありません。というのも、豚トロは焼き肉店が名付けた部位の名前だからです。豚トロは農林水産省が定める食肉小売品質基準には部位として含まれず内臓系に分類され、豚肉のなかでも取れる量が少なく希少価値が高いと言われています。

豚トロの名前の由来

豚トロは正式名称ではないと説明しましたが、名前の由来はマグロのトロのように脂肪が多くトロと同様に希少部位でもあることから豚トロと呼ばれるようになりました。また、豚(pig・pork)のトロということから、ピートロと呼ばれる場合もあります。

(*ピートロについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ピートロはどこの部位?豚トロと同じ?名前の由来やカロリーなども紹介!

豚トロはどんなお肉?特徴は?

豚トロはトロのように脂がのっている部位と分かりましたが、どのような特徴のある部位なのでしょうか。ここでは豚トロの味や食感、お勧めの食べ方などを紹介します。

豚トロの味・食感など特徴

豚トロは豚の首の部分で運動量も多く身がしまっている部位のため、弾力があり歯ごたえのある食感です。豚トロの味は脂肪分の多いマグロのトロに似ていると表現されるように、口の中で脂の旨味がとろけるような味わいがあります。

Twitterの口コミ

今日の夕ごはん、豚トロの焼き肉タレ焼きしてレタスに巻いて食べる…
超絶美味~😋
タレと食感が抜群、またしよう😎
今日はだるさ脱却、しっかり食べた‼️

Twitterの口コミ

豚トロの繊維を歯で切るような食感がたまんねぇよな〜
わさび醤油と塩レモンで豚トロを白米とともにカッ食いそこにキンキンに冷えたコーラ!!!!

豚トロと豚バラの違い

豚トロと豚バラはどちらも脂肪が多い肉なので一緒の部位と思いがちですが、豚トロは豚バラより脂肪が多く内臓系の肉で弾力のある食感が特徴です。一方、豚バラは豚のお腹の部分の肉で脂肪と赤身が三層になっていることから「三枚肉」とも呼ばれやわらかく、豚トロとは部位も食感の特徴も違います。

豚トロの食べ方のおすすめ

豚トロは様々な味わいを愉しむことができます。おすすめの食べ方は以下の通りです。

・豚トロを焼肉にする
・野菜と一緒に炒める
・燻製にする


豚トロは脂の多い部位なのでキャベツや玉ねぎなど他の野菜と一緒に炒めると、豚トロの脂の旨味と野菜を一緒に食べることができます。また手間はかかりますが豚トロのサクっとした食感を生かして、噛むほどに旨味が味わえるベーコンなどの燻製にするのはお勧めです。

関連する記事

×