ウルテは牛のどこの部位?カロリー・栄養価は?味・食感など特徴も紹介!

ウルテは牛・豚のどこの部位か知っていますか?珍しい部位のイメージがあるウルテですが、今回は、ウルテの部位や味・食感など肉質の特徴にくわえ、栄養価・カロリーも紹介します。ウルテの美味しい食べ方・レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ウルテはどこの部分?ホルモン?
  2. ウルテは牛・豚の気管の軟骨の部位を指す
  3. ウルテの名前の由来と別名
  4. ウルテはどんなお肉?特徴は?
  5. ウルテの味・食感など特徴
  6. ウルテの焼き方や食べ方のおすすめ
  7. ウルテの栄養価やカロリーは?
  8. ウルテの栄養価
  9. ウルテのカロリーや糖質・脂質
  10. ウルテの美味しい食べ方・レシピ
  11. ①ガーリックレモン
  12. ②ねぎ胡麻和え
  13. ③生姜ポン酢和え
  14. ウルテを食べてみよう

ウルテはどこの部分?ホルモン?

出典:https://naniwas-kitchen.com/?page_id=429

焼肉屋や焼き鳥屋などでも滅多に見る事ができないウルテという部位ですが、ウルテとはどこの部分なのかをここで確認してみましょう。

ウルテは牛・豚の気管の軟骨の部位を指す

ウルテとは牛や豚の喉の奥にある気管の軟骨で、牛1頭に付き500g程度、豚1頭に付き50g程度しか取れない希少部位です。焼肉店などでも余り見かけることはなく、めったに見られない珍しい部位ですが、ホルモンなので比較的安価で食べることができます。

スーパーなどではほとんど流通することがなく、あまり気軽に食べられる部位ではありませんが、インターネット通販などを活用すれば入手可能です。

ウルテの名前の由来と別名

ウルテという名前は、韓国で牛の気管のことをウルテと呼んでいたことに由来していますが、ウルテは以下の名前でも呼ばれています。

・フエガラミ
・フエガミ


日本ではもともと、ウルテのことを上記のように呼んでいたそうです。また、昔の人の言い伝えの中で、病気を患った部位と牛や豚などの同じ部位を食べると病気が良くなるという話があります。そのため気管に当たるウルテも、喉の調子が悪い時や風邪の時に食べるといいとされることもあり、それを信じて食べる人もいるようです。

ウルテはどんなお肉?特徴は?

ウルテはホルモンの一種で喉の気管の軟骨だということが分かりました。ここではウルテの味や食感、特徴などをSNSの口コミと併せて紹介していきます。

ウルテの味・食感など特徴

ウルテは気管軟骨だということもあり、コリコリとした食感で、数種類あるホルモンの中で最も硬い部位です。また、丸みがあって細長く、色は半透明をしているのが特徴です。

牛のウルテは最初はコリコリとしていますが、食べているうちに口の中でサクサクとした独特な食感に変わります。この食感が病みつきになる原因だと言われていますが、とても硬いので歯が弱い人は注意が必要です。

豚のウルテは牛のウルテと少し食感が違い、コリコリとした硬い食感と、柔らかい脂身の旨味が両方楽しめる部位です。味は牛・豚のウルテ共に殆どなく食感を楽しむものなので、様々な味付けでアレンジすることができます。

ウルテの焼き方や食べ方のおすすめ

ウルテのおすすめの食べ方を紹介します。ウルテに合う調味料は、以下の3つです。

・塩ダレ
・醤油ダレ
・味噌ダレ


さっぱりした味わいを楽しみたい方は塩ダレに絡めて、濃厚な味わいなら醤油ダレや味噌ダレを絡めて食べることをおすすめします。軟骨であるウルテは硬いので、焼肉などで食べる場合は切れ目を入れてから焼くようにしてください。また、カリカリになるまでよく焼き上げてから食べるとより食感が楽しめるホルモンです。

ウルテはコリコリとした食感がお酒によく合う食材だとされています。ビールや焼酎、日本酒、ハイボールなど様々な種類のお酒にも合うので、おつまみとして楽しむのも良いでしょう。

ウルテの栄養価やカロリーは?

ウルテにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。ここではウルテのカロリーや糖質量についても紹介するので参考にしてください。

ウルテの栄養価

ウルテには下記のような栄養素が含まれています。

・コラーゲン
・グルコサミン
・カルシウム

ウルテに含まれるコラーゲンは、髪や肌の潤いを保つ美容には欠かせない栄養素です。グルコサミンは骨の軟骨の擦り減りを予防し、関節痛などを防ぐ効果が期待できます。

カルシウムは骨や歯を強くする成分なので、ウルテを食べると骨の強化が期待でき健康的な身体を手に入れることができるといえます。また、カルシウムが不足してしまうとイライラしたり落ち込んだり精神的に不安定になってしまうことがあるので、ストレスを溜めがちな人も不足には注意しましょう。

ウルテのカロリーや糖質・脂質

ウルテのカロリーは100gあたり200kcal未満であり、糖質もほぼ含まれていないので、ダイエット中にもおすすめな食材だと言えます。ただし、ウルテと一緒に食べるタレや薬味などでカロリー・糖質・脂質は上がるのでダイエット中に食べる際には注意が必要です。

また、焼いたり茹でたりなどの調理方法でもカロリーは変わります。ダイエット中には油を使って焼くよりも、お湯で茹でてポン酢など絡めてさっぱりとした味付けで食べることがおすすめです。

ウルテの美味しい食べ方・レシピ

ウルテは焼肉以外でも美味しく食べることのできるホルモンで、自宅でも簡単に調理することが可能です。ウルテのおすすめレシピを紹介するので参考にしてみてください。

①ガーリックレモン

出典:https://cookpad.com/recipe/6242230

ウルテを乾煎りし、ガーリックやレモン、調味料と混ぜるだけの簡単レシピです。下処理をしたあとに包丁で細かく切れ目を入れることで食べやすく、味が絡みやすくなります。爽やかな酸味とウルテの独特の食感を存分に楽しめる一品です。

ウルテ炒めのガーリックレモン by 藤井21 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

②ねぎ胡麻和え

出典:https://cookpad.com/recipe/5542889

ウルテは下処理をしっかり行うことで食べやすくなるホルモンで、細く切ることでごま油と絡みやすくなりより美味しく食べられます。辛味が好きな方は唐辛子などを足すことをおすすめします。

ウルテのねぎごま油和え by 藤井21 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

③生姜ポン酢和え

出典:https://cookpad.com/recipe/4960088

焼かずに茹でて大葉や生姜、ポン酢と和えるさっぱりとしたレシピです。茹でたあと切る際は、太くしてしまうと硬くて食べにくいのでなるべく細く切るようにしましょう。焼いてタレなどに絡めるよりもカロリーオフできるので、ダイエット中の方にもおすすめします。

究極の軟骨!!牛のど軟骨の生姜ぽん酢和え by 藤井21 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

ウルテを食べてみよう

出典:https://item.rakuten.co.jp/auc-nakamuraya/10000266/

牛や豚の気管の軟骨にあたる部位であるウルテの特徴や食感、名前の由来などを紹介しました。また、美味しい食べ方やおすすめのレシピも紹介したので、ウルテが手に入った際には自宅で調理して美味しく食べてみてください。

国産牛 ウルテ 100g

関連する記事