豚こまを柔らかくする簡単な方法は?固い・パサパサを防ぐ下ごしらえの仕方を紹介!

豚こまを柔らかく調理する方法を知っていますか?今回は、豚こまが固くなる原因や、豚こまが固い・パサパサになるのを防いで柔らかくする下ごしらえの方法を紹介します。固くなった豚こまのリメイクレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 豚こまが固い!柔らかくする方法はある?
  2. 豚こまを焼く・煮ると固くなってしまう原因は?
  3. ①タンパク質が固まるから
  4. ②豚こまに使われている部位による
  5. ③焼き過ぎで水分が飛んでいる
  6. ④調理の途中で調味料を入れている
  7. 豚こまを柔らかくする下ごしらえの方法は?
  8. ①玉ねぎに漬け込む
  9. ②片栗粉をまぶす
  10. ③砂糖・酒を揉み込む
  11. ④叩く
  12. 豚こまを柔らかくするために調理中に注意すべきことは?
  13. 豚こまを煮る場合はじっくり低温で
  14. 味付けは最後にする
  15. 固くなった豚こまでも美味しいリメイクレシピは?
  16. ①豚こまそぼろ
  17. ②豚こま麻婆豆腐
  18. ③豚こま炒飯
  19. 豚こまは柔らかくしてから調理しよう

豚こまを柔らかくするには玉ねぎに漬け込むのもおすすめですが、他にも以下のような食材に漬け込むと柔らかくなります。

・玉ねぎ
・生姜
・キウイフルーツ
・パイナップル
・梨


これらの食材には、タンパク質を分解する酵素が含まれています。玉ねぎなどすりおろして豚こまを漬け込んでおくと、筋繊維がほぐれて柔らかくなります。なお、タンパク質分解酵素は高温で失活するため、上記の食材は必ず加熱せずに豚こまを漬け込みましょう。

②片栗粉をまぶす

加熱前の豚こまに片栗粉をまぶすと、表面がコーティングされて肉汁の流出を防ぐことができます。豚こまの内部に水分が保持されるため、パサパサした食感になりにくく、柔らかく仕上げることができます。また、片栗粉をまぶすと調味料が肉に絡まりやすくなるため、より美味しく仕上がるでしょう。

③砂糖・酒を揉み込む

豚こまを加熱する際に砂糖を加えると、筋繊維の収縮や凝固が始まるタイミングを遅らせることができるため、豚こまが固くなりにくくなります。また、酒は豚こまの保水性を高めるため、パサパサした食感になるのを防いでくれます。

④叩く

豚こまを肉たたきや包丁の背などで叩くと、筋繊維がほぐれて柔らかくなります。加熱前の豚こまをビニール袋に入れて、その上から叩く方法がおすすめです。さらに筋切りもすると、筋繊維の収縮を防ぐことができます。

豚こまを柔らかくするために調理中に注意すべきことは?

豚こまを固い食感にせず、柔らかく仕上げるためにはどのような点に注意すると良いのでしょうか。ここでは、豚こまを調理する際のポイントを紹介します。

豚こまを煮る場合はじっくり低温で

豚肉は加熱により筋繊維が収縮して固くなりますが、この際の温度変化が大きいほどより固い食感になっていまいます。豚こまを柔らかく仕上げるには、低温でじっくり加熱するようにしましょう。特に、冷凍した豚こまを使う場合は、中心まで解凍してから調理することが大切です。

なお、豚こまに使われている部位がすねやももの場合は、長い時間煮込むことで筋が分解されて柔らかく仕上がります。

味付けは最後にする

酒や醤油などの調味料は漬け込むことで豚肉を柔らかくしますが、塩には脱水作用があるため、加えるタイミングが早いと豚肉の水分量が減ってパサパサになってしまいます。豚こまを塩で味付けする際は、加熱の直前か調理の最後の方で加えるようにしましょう。

(*お弁当の豚肉を固くしない方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

お弁当の豚肉が固く・白くならない方法は?冷めても美味しい調理のコツも!

固くなった豚こまでも美味しいリメイクレシピは?

一度火を通して固くなった豚こまは、再び調理することで美味しく食べることができます。ここでは、固くなった豚こまのリメイクレシピを紹介します。

①豚こまそぼろ

出典:https://oceans-nadia.com/user/253470/recipe/389138

関連する記事

×