玉ねぎの表面に黒い粉・すす…カビ?取れば食べられる?予防策や腐敗との見分け方も紹介!

玉ねぎに黒い粉・すすのような物がついていたことはありませんか?実は黒カビ病によって出来たカビです。今回は、玉ねぎの黒いカビの毒性や取れば食べられるのかを、腐敗で食べられない状態との見分け方とともに紹介します。玉ねぎの黒いカビが発生するのを予防・対策する方法や、黒い以外のカビについても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 玉ねぎに黒い粉・すすっぽいものが付いている…?
  2. 玉ねぎの黒い粉・すすの正体はカビ!
  3. 玉ねぎの「黒カビ病」によるカビができる原因
  4. 玉ねぎの黒いカビの毒性は?あっても食べれる?
  5. 玉ねぎの皮の表面側の黒カビだけであれば食べられる
  6. 玉ねぎの皮の中も黒い場合で腐っている状態の見分け方
  7. 玉ねぎの黒カビは対策・予防できる?
  8. 玉ねぎの黒カビが発生しにくい保存方法
  9. 玉ねぎには黒以外のカビが生えることも…?
  10. ①白カビ
  11. ②青カビ
  12. 玉ねぎに黒カビが生えてもすぐに捨てないで!

玉ねぎに黒い粉・すすっぽいものが付いている…?

箱で購入した玉ねぎだけでなく、店頭でばら売りされているものの中にも表面にすすのような黒い粉がついているものがあります。黒くなっている部分を剥いてしまえば。皮の中は影響がなく食べられるのでしょうか。この記事では、玉ねぎにすすのような黒いものがついている時の対処法を説明します。

玉ねぎの黒い粉・すすの正体はカビ!

実は、玉ねぎの表皮に固まって、あるいは斑点状になってついている黒いすす・粉の正体は黒カビです。ここでは、玉ねぎの表皮に黒カビが発生する原因を詳述します。

玉ねぎの「黒カビ病」によるカビができる原因

玉ねぎの表皮に見られるすすのような黒いものは、アスペルギルス・ニガーと呼ばれる黒カビです。玉ねぎの収穫直後や貯蔵している時に湿度が高くなると黒カビが繁殖してしまい、黒カビ病にかかります。複数の玉ねぎを貯蔵している時に1つでも黒カビ病のものがあったら、すぐに取り除かなければ他に伝染するので注意が必要です。

玉ねぎの黒いカビの毒性は?あっても食べれる?

玉ねぎの表皮に黒カビがついているとわかると、腐敗しているのではないかと心配になる人もいることでしょう。また誤って食べる可能性もあるので、その毒性も気になるところです。ここでは、玉ねぎの表皮につく黒いカビの毒性と食べられるのかについて説明します。

玉ねぎの皮の表面側の黒カビだけであれば食べられる

黒カビは玉ねぎの表皮につくのが一般的なので、剥いて調理する分には問題ありません。皮の中に黒カビが及んでいても、表面についている程度であれば部分的に切除して使うことはできます。玉ねぎには殺菌作用が強い硫化アリルが含まれているので、傷がついていない限り実の部分までカビが浸透することはないとされています。

(*玉ねぎの皮にカビが生えても食べられるかについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

玉ねぎの皮がカビても食べられる?対処法は?黒・白など種類別の危険性も紹介!

玉ねぎの皮の中も黒い場合で腐っている状態の見分け方

出典:https://twitter.com/kuraken625/status/1034751978125971456?s=20

玉ねぎの表皮だけでなく中まで黒く変色している場合は、腐敗している可能性があります。腐敗した玉ねぎの特徴は、以下の通りです。

・柔らかい
・ぬるぬるしている
・触ると崩れる
・茶色に変色している
・芯が黒い
・ガスのような臭いがする
・卵が腐ったような臭いがする


玉ねぎが腐ると変色する以外にも上記のような特徴があらわれ、当然食べることはできないので処分してください。また腐敗した玉ねぎの臭いが冷蔵庫についた場合、拭き取るだけではとれないので腐らせないように注意しましょう。

(*玉ねぎが腐るとどうなるのかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

玉ねぎが腐るとどうなる?原因・見分け方や長持ちする保存方法のコツも紹介!

玉ねぎの黒カビは対策・予防できる?

玉ねぎの表皮につく黒いものの原因が黒カビ病とわかれば、病気にならないように予防することもできそうです。ここでは自宅でできる、黒カビ病対策について説明します。

玉ねぎの黒カビが発生しにくい保存方法

玉ねぎの黒カビが発生しにくくなる保存方法は、以下の通りです。

・茶色い皮がついた状態にする
・風通しのよい冷暗所で保存する
・湿度が高い時には扇風機などで風を送る
・風通しのよい軒先に吊るす


玉ねぎは高温多湿の状態に置かれると、黒カビが発生しやすくなります。また新玉ねぎのように水分の多いものは、皮付きのまま冷蔵庫で保存すると傷みやすいです。乾燥させた状態で常温保存させれば、2ヶ月持たせることも可能なので実践しましょう。

(*玉ねぎの保存方法について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

玉ねぎの保存方法・期間は?常温・冷蔵・冷凍で日持ちするコツやレシピのおすすめを紹介!

玉ねぎには黒以外のカビが生えることも…?

玉ねぎにつくカビは黒カビだけではありません。黒カビは表皮につくので中身は食べられますが、他のカビも同様なのかが気になるところです。ここでは、玉ねぎにつく黒カビ以外のものについて説明します。

①白カビ

出典:https://twitter.com/chihorin29/status/1371992955330781185?s=20

玉ねぎには、フザリウム・オキシスポルムと呼ばれる白カビがつくことがあります。白カビは特に軒先に吊るされている玉ねぎに多く見られますが、これはこの白カビが土壌に生息しているからです。白カビがついた玉ねぎは根の部分から腐り始め、やがて実が乾燥するあるいは水っぽくなります。

白カビがつくと、マイコトキシンと呼ばれるカビ毒が発生します。白カビがついた玉ねぎは、加熱調理してもマイコトキシンの毒性は変わらないので食べられません。また白カビがついて腐敗する過程で強烈な臭いを放つので、すぐに処分しましょう。

②青カビ

出典:https://tokubai.co.jp/news/articles/3550

玉ねぎに見られる、青または緑のようなものは青カビです。ペニシリウム属に分類される青カビは、発生して間もない時期であればその部分を取り除けば食べることができます。しかし玉ねぎが柔らかくなっている場合や、色が白から透明に変色している場合は食べてはいけません。

玉ねぎに黒カビが生えてもすぐに捨てないで!

今回は、玉ねぎの黒いカビの毒性や取れば食べられるのかを、腐敗で食べられない状態との見分け方とともに紹介しました。玉ねぎについた黒カビは表皮につくので、取り除けば中身は食べられます。中身に黒カビがついていてもその部分を取り除けば食べられるので、捨てずに調理して食べることをおすすめします。

関連する記事