水飴の美味しい食べ方|練る理由は?練り方のコツやアレンジ方法を紹介!

水飴の美味しい食べ方を知っていますか?練るのが普通ですが練る理由はあるのでしょうか?今回は、水飴の練り方のコツ・目安や、練り続けた時の最終形態についても紹介します。水飴の味付けアレンジや、料理レシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 水飴の美味しい食べ方って?なぜ練るの?
  2. 水飴を練る理由・メリット
  3. 水飴の練り方のコツ・目安は?
  4. 水飴の練り方の手順・コツ
  5. 水飴の練り具合の目安
  6. 水飴を練り続けた時の最終形態って…?
  7. 水飴の美味しい食べ方アレンジ
  8. 水飴に味付けをして食べるのもおすすめ!
  9. 水飴を使った料理レシピ
  10. ①大学芋
  11. ②ナス田楽
  12. ③ポップコーン
  13. 水飴を美味しく食べよう!

水飴の美味しい食べ方って?なぜ練るの?

駄菓子屋やお祭りの屋台でも売られている水飴は練り飴とも呼ばれており、子どもに人気があるお菓子です。水飴は、どのようにして食べると美味しくなるのでしょうか。水飴の美味しい食べ方や、練る理由について解説します。

水飴を練る理由・メリット

水飴を練る理由は、ある程度の固さを持たせて食べやすくするためです。袋から開封した水飴はとても軟らかいので、そのままで食べようとするとこぼしてしまうことがあります。水飴を練って空気を含ませることで、ソフトキャンディほどの固さになって食べやすくなります。

水飴は、なるべくたくさん練ってから食べる食べ方がおすすめです。水飴に空気を含ませるようにしっかり練ると、口当たりがなめらかになるうえに味もまろやかに変化するメリットがあり、練る前よりも美味しく食べられます。

水飴の練り方のコツ・目安は?

割り箸を使って練る水飴は、適当に練るよりもあらかじめコツを把握しておいたほうがうまく練ることができます。ここでは、水飴の練り方の手順やコツを、動画を交えながら解説します。

水飴の練り方の手順・コツ

水飴を美味しく食べるための練り方の手順やコツは、以下の通りです。

1、袋から取り出し、割り箸を割る
2、水飴を垂らさないように注意しながら、しっかり回して練る
3、数分練り続けて色が変われば完成


割り箸が割られていない水飴の場合は、水飴を袋から取り出す前にあらかじめ割っておきましょう。開封したばかりの水飴は垂れやすいので、落とさないように手早く割り箸を回して練るのがポイントです。この際に力を入れすぎると割り箸が折れるため、力の加減をしながら練ってください。

水飴が固く感じる場合は、袋の上から手で握って温めたり、ぬるま湯に1分ほど浸したりすると練りやすくなります。水飴を温める工程を繰り返すと、味が劣化して美味しく食べられなくなる可能性があります。何度も温め直すのは控え、水飴を温めたらできるだけ早めに食べ切りましょう。

水飴の練り具合の目安

水飴の練り具合は、色の変化で判断してください。水飴には青や赤などさまざまな色が使われていますが、どの色の水飴の場合でも練り続けると白みを帯びていきます。このような状態になったら、水飴を練るのを止めて食べましょう。また、水飴の種類によっては、練ることで表面に光沢感が現れるものもあります。

水飴を練り続けた時の最終形態って…?

出典:https://twitter.com/728Ochamu/status/419821359561469952

水飴は数分間練るだけで白みを帯びた色に変化しますが、1時間以上練り続けるとさらに白色が濃くなり絹のような真っ白な色になります。この状態からさらに練り続けても、見た目は変化しないと言われており、これが水飴を練り続けた時の最終形態だと言えるでしょう。

このような状態になるまで水飴を練り続ける際には、途中で何本も割り箸が折れる可能性があります。練り続けてどうなるのか実際に確認したい場合は、代わりの割り箸をいくつか用意しておくのがおすすめです。

水飴の美味しい食べ方アレンジ

水飴を駄菓子屋で購入した時はそのまま食べるのが一般的ですが、少しアレンジを加えることでさらに美味しい味に変化します。ここからは、水飴にひと手間加えた美味しい食べ方のアレンジレシピを紹介します。

水飴に味付けをして食べるのもおすすめ!

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1960001132/

関連する記事