缶詰の温め方は?湯煎が一番?電子レンジでチンがNG・危険な理由も紹介!

冷たい缶詰の温め方を知っていますか?今回は、缶詰の〈鍋・グリル・トースター・電子レンジ〉を使った温め方を、〈直火・そのままレンジでチン〉などNG行為・注意点とともに紹介します。缶詰の温め方で湯煎が一番おすすめな理由も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 冷たい缶詰を温めたい…レンジでチンでもいい?
  2. 缶詰の温め方は何が1番おすすめ?
  3. 缶詰は湯煎で温めるのがおすすめな理由
  4. 缶詰の温め方は?
  5. ①鍋で湯煎する
  6. ②グリル・トースターで缶ごと温める
  7. ③容器に移して電子レンジで温める
  8. 缶詰のNGな温め方は?缶のまま電子レンジでチンは危険?
  9. ①缶のまま電子レンジで温める
  10. ②コンロなどで直火で加熱する
  11. ③IH・フライパンの上で温める
  12. ④火をつけたまま湯煎する
  13. 缶詰の温め方をマスターしよう

①缶のまま電子レンジで温める

缶の中身を耐熱容器に移さず、缶のまま電子レンジで温めることは避けてください。電子レンジで金属を加熱すると、火花が出て電子レンジの故障や火災につながるからです。また、缶詰の中身が破裂してしまう恐れがあります。

②コンロなどで直火で加熱する

コンロなどの直火で缶詰を加熱することはとても危険です。直火によって温められた缶詰の中身が膨張し、缶詰が破裂する恐れがあります。さらに、缶詰内部の塗装が高温で溶け出し、健康への被害を与えかねません。

(*缶詰の直火での加熱について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

缶詰は直火で加熱でもOK?危険?安全な温め方やキャンプ向けアレンジレシピを紹介!

③IH・フライパンの上で温める

IHやフライパンの上で缶詰を温めることは、缶詰を直火で加熱する行為と同じく大変危険です。IHで温められた熱が、缶詰の内部に伝わって膨張し、缶詰の破裂につながる恐れがあります。ネット上やSNSで散見されますが、危険な行為ということを認識しておきましょう。

④火をつけたまま湯煎する

コンロの火をつけたまま湯煎をすることは大変危険です。ふたの閉まった缶詰の中身が加熱によって膨張し、破裂する恐れがあります。缶詰を湯煎するときは、沸騰後に火を止めることを忘れないようにしましょう。

缶詰の温め方をマスターしよう

缶詰はそのまま食べても美味しいですが、温めた方ができたての味わいを楽しむことができます。湯煎で温めるのが最もおすすめの方法ですが、缶詰を鍋に入れる前に火は必ず止めることを忘れないようにしてください。いつでも簡単に食べられる缶詰の正しい温め方を知り、美味しく食べましょう。

関連する記事

×