マカロンのラッピングは100均で簡単!潰れない&可愛い包装の作り方を紹介!

マカロンの可愛いラッピング方法を知っていますか?潰れないよう簡単に包装したいですよね。今回は、〈100均・家にあるもの〉を使って、マカロンのラッピング方法を〈箱・透明な紙袋・紙コップ・ワックスペーパー〉別に紹介します。〈本命・バレンタイン・クリスマス〉などプレゼントで喜ばれるマカロンのラッピング方法を是非試してみてくださいね。

目次

  1. マカロンのラッピング方法って?100均・家にあるもので簡単?
  2. マカロンの可愛い&簡単ラッピング【箱】
  3. ①ガラス瓶と箱でラッピング
  4. ②透明なボックスでラッピング
  5. ③個包装と紙箱でラッピング
  6. ④ワックスペーパーと箱でラッピング
  7. ⑤トリュフ用の箱でラッピング
  8. ⑥透明な箱にリボンでラッピング
  9. マカロンの可愛い&簡単ラッピング【透明な袋】
  10. ①キャンディ風ラッピング
  11. ②マカロンタワー
  12. ③藤かごと袋でラッピング
  13. ④透明袋とシールで個包装
  14. ⑤透明袋とラッピングタイ
  15. ⑥テトララッピング
  16. ⑦レースペーパーとワックスペーパーでアクセント
  17. ⑧台紙を入れて割れないラッピング
  18. マカロンの可愛い&簡単ラッピング【紙コップ】
  19. ①紙コップとリボンでラッピング
  20. ②紙コップをボックスアレンジ
  21. ③紙コップをかご型にラッピング
  22. マカロンの可愛い&簡単ラッピング【ワックスペーパー】
  23. ①ワックスペーパーを縫い合わせてラッピング
  24. ②両端を縛るキャンディラッピング
  25. ③ワックスペーパーで袋を作る
  26. マカロンをラッピングする際の注意点は?
  27. ①乾燥剤や保冷剤を一緒に入れよう
  28. ②なるべく隙間を埋める
  29. ③マカロンの油が染みないようにする
  30. マカロンのラッピング・包装の仕方をマスターしよう

マカロンの可愛い&簡単ラッピング【ワックスペーパー】

ワックスペーパーはラッピングで人気の材料で、ボックスや袋を巻くだけでもおしゃれに飾ることができます。ここでは、ワックスペーパーだけでできるおしゃれなラッピング方法を紹介します。

①ワックスペーパーを縫い合わせてラッピング

出典:https://twitter.com/rapping_2016/status/736556690598854658

・おすすめの場面:友達に渡す用
・手間:簡単
・費用(1個あたり):安め(約20円程度)

【材料】
・ワックスペーパー(100均)


ワックスペーパーをカラフルな糸で縫い合わせて袋にするラッピング方法で、手作り感が可愛いです。縫い方を変えたり、糸の色を変えたりしてもおしゃれで、素朴な雰囲気が演出できるので友達に渡すようにおすすめです。

②両端を縛るキャンディラッピング

出典:https://twitter.com/KRKR26_official/status/1317388935740289025

・おすすめの場面:友達に渡す用
・手間:簡単
・費用(1個あたり):安め(約100円程度)

【材料】
・ワックスペーパー(100均)
・リボン(100均)


可愛いワックスペーパーがあれば、マカロンを包んで両端を縛るキャンディラッピングもおしゃれです。ワックスペーパー以外の入れ物が不要なので、費用もかけずに包装できます。

③ワックスペーパーで袋を作る

・おすすめの場面:友達に渡す用
・手間:簡単
・費用(1個あたり):200円程度

【材料】
・ワックスペーパー(100均)


ワックスペーパーを袋のように折り、両面テープで止めて、オリジナルのラッピング袋を作る方法です。可愛いシールやピンチなどでアレンジすると、可愛いラッピングになるのでおすすめです。そのままマカロンを詰める方法もありますが、潰れやすいので個包装したマカロンをまとめたい時に向いています。

マカロンをラッピングする際の注意点は?

マカロンはプレゼントにも人気のお菓子で、色々なラッピングでおしゃれに包装できますが、羅ピングするときにはいくつかの注意点もあります。ここでは、マカロンをラッピングするときに気を付けるポイントを紹介するので、包装するときの参考にしてください。

①乾燥剤や保冷剤を一緒に入れよう

マカロンは湿気や高温に弱く、クリームが熱で劣化したり湿気があるとべちゃついて食感が悪くったりするので、乾燥材や保冷材を一緒に入れるのがおすすめです。一度湿気を含んで柔らかくなってしまうと、食感も元に戻りません。

また、マカロンの中に入れるクリームには、熱に弱く賞味期限が短いガナッシュやバタークリームが使われることが多いです。持ち運びしている間にクリームが傷まないように、保冷材を使って劣化を防ぐことも大切です。

②なるべく隙間を埋める

マカロンの生地は軽く、少しの衝撃でも簡単に割れてしまうので、割れないように隙間を埋めることもポイントです。個包装ではなく複数のマカロンを同じ箱や袋に入れてラッピングするときは、隙間を埋めてマカロンがあまり動かないように詰めると、割れないで包装できます。

マカロンを密着させて詰める方法もありますが、緩衝材やワックスペーパーなどを使って隙間を埋めると、可愛いラッピングでマカロンが割れるのを防げるのでおすすめです。

③マカロンの油が染みないようにする

マカロンをキレイにラッピングするためには、油が染みないように注意する必要があります。マカロンにはアーモンドプードルがたくさん使われているので、アーモンドの油分が染み出ると油染みになり、ラッピングの見た目が悪くなります。

マカロンの油染みを防ぐためには、直接紙に触れるラッピング方法を使うのではなく、個包装やワックスペーパーを使った包装を活用するのがおすすめです。

関連する記事

×