ケーキの名前|全50種類を一覧で!チーズ・チョコレート系など紹介!

ケーキにはどんな種類があるのでしょうか?今回は、〈チョコレート・チーズ・スポンジ〉など系統別にケーキの名前・種類全50選を紹介します。知名度の高いケーキの種類はもちろん、あまり知られていないケーキも画像付きで紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ケーキの種類は?
  2. ケーキの種類【チーズケーキ系】
  3. 1、ベイクドチーズケーキ
  4. 2、スフレチーズケーキ
  5. 3、レアチーズケーキ
  6. 4、ニューヨークチーズケーキ
  7. 5、カマンベールチーズケーキ
  8. 6、リコッタチーズケーキ
  9. 7、ティラミス
  10. 8、ブルーベリーチーズケーキ
  11. 9、ヨーグルトケーキ
  12. 10、チーズムースケーキ
  13. ケーキの種類【チョコレート系】
  14. 11、チョコレートケーキ
  15. 12、ガトーショコラ
  16. 13、ブラウニー
  17. 14、オペラ
  18. 15、ザッハトルテ
  19. 16、フォンダン・ショコラ
  20. 17、メルヴェイユ
  21. 18、ブッシュ・ド・ノエル
  22. 19、ジャヴァネ
  23. 20、生チョコケーキ
  24. ケーキの種類【スポンジケーキ系】
  25. 21、ショートケーキ
  26. 22、シフォンケーキ
  27. 23、モンブラン
  28. 24、ロールケーキ
  29. 25、カップケーキ
  30. 26、カステラ
  31. 27、シャルロット
  32. ケーキの種類【バターケーキ系】
  33. 28、パウンドケーキ
  34. 29、フルーツケーキ
  35. 30、マーブルケーキ
  36. 31、ブランデーケーキ
  37. 32、ワインケーキ
  38. 33、バナナブレッド
  39. 34、フィナンシェ
  40. ケーキの種類【パイ系】
  41. 35、アップルパイ
  42. 36、ミルフィーユ
  43. 37、ラズベリーパイ
  44. 38、レモンメレンゲパイ
  45. ケーキの種類【シュー系】
  46. 39、シュークリーム
  47. 40、エクレア
  48. 41、パリ・ブレスト
  49. 42、ベニエ
  50. ケーキの種類【タルト系】
  51. 43、クラフティー
  52. 44、フルーツタルト
  53. 45、エッグタルト
  54. 46、タルトレット
  55. 47、タルトタタン
  56. 48、フロランタンタルト
  57. 49、リンツァートルテ
  58. 50、エンガディナー
  59. ケーキの種類は様々

ケーキの種類は?

甘くて美味しい色鮮やかなケーキは、どの位の種類があるのでしょうか。本記事では代表的なケーキから、日本ではあまり聞きなれないケーキまで、7つのジャンルを分けてそれぞれ紹介していきます。

ケーキの種類【チーズケーキ系】

チーズケーキと一括りにいっても、焼き方や使用するチーズによって様々な種類があります。

・ベイクドチーズケーキ
・スフレチーズケーキ
・レアチーズケーキ
・ニューヨークチーズケーキ
・カマンベールチーズケーキ
・リコッタチーズケーキ
・ティラミス
・ブルーベリーチーズケーキ
・ヨーグルトケーキ
・チーズムースケーキ


ここでは上記10種のチーズケーキを画像付きで紹介します。

1、ベイクドチーズケーキ

出典:https://twitter.com/0paradisecafe0/status/1270902929789075456?s=20

ベイクドチーズケーキのベイクドは英語で焼くという意味で、一般的にチーズケーキといわれるとベイクドチーズを指すことが多いです。ベイクドチーズケーキはどっしりとした濃厚な味わいが特徴的で、チーズ・卵・砂糖・小麦粉などが材料で使われています。

2、スフレチーズケーキ

出典:https://twitter.com/SweetsShizuka/status/1274623196029841408?s=20

スフレチーズケーキは、軽くてふんわりとした軽い食感のオーブンで蒸し焼きにして作るケーキです。材料はベイクドチーズケーキと変わらず、チーズ・卵・砂糖・小麦粉ですが、卵白を泡立てたメレンゲが生地に混ぜ込まれています。

3、レアチーズケーキ

出典:https://twitter.com/yumikomano/status/1274564441351184384?s=20

レアチーズケーキは、オーブンで焼かずにゼラチンや寒天などを使って固めた冷たいチーズケーキです。生地の下に砕いたビスケットなどを敷いたり、卵を使わないレシピなどもあります。

4、ニューヨークチーズケーキ

出典:https://twitter.com/puzocheesecake/status/1274162743646449666?s=20

ニューヨークチーズケーキはベイクドチーズケーキと似ていますが、湯煎焼きで作るところが大きく違います。また、他のチーズケーキと比べてチーズの使用量が多く小麦粉が少なめで、しっとりとした濃厚な味わいが特徴的です。

5、カマンベールチーズケーキ

出典:https://twitter.com/daisukegourmet/status/1231172342862139392?s=20

カマンベールチーズケーキはクリームチーズだけでなく、カマンベールも加えた濃厚な味わいのチーズケーキです。ベイクドタイプ、スフレタイプ、レアタイプ、どの種類のチーズケーキでも作れます。

6、リコッタチーズケーキ

出典:https://twitter.com/yu_wakuwakutrip/status/927497028095000576?s=20

ミルクの自然な甘味があり低脂肪なリコッタチーズを使った、あっさりとした味わいのチーズケーキです。リコッタチーズは酸味も少な目のため、チーズケーキの酸味が苦手な方におすすめしたいケーキです。

7、ティラミス

出典:https://twitter.com/haru56610701/status/1272513653481168896?s=20

マスカルポーネと生クリームなどを混ぜたものと、エスプレッソを染み込ませたビスコッティを重ねて冷し固めたケーキです。エスプレッソと表面のココアパウダーで苦味をプラスした、大人の味わいが楽しめるケーキです。

8、ブルーベリーチーズケーキ

出典:https://twitter.com/arigaeri/status/1273567258850193409?s=20

チーズケーキにブルーベリーを混ぜたケーキで、濃厚なチーズケーキに甘酸っぱいブルーベリーがよく合います。ブルーベリーチーズケーキは、ベイクドタイプ・レアタイプで作られることが多いです。

9、ヨーグルトケーキ

出典:https://twitter.com/tsubana_ito/status/1274580660653486080?s=20

クリームチーズの代わりにヨーグルトを使って、簡単にチーズケーキと似た味わいのケーキができます。チーズではなくヨーグルトを使っているので、さっぱりとした味わいです。

10、チーズムースケーキ

出典:https://twitter.com/moe_cchi2/status/1210347695556063232?s=20

チーズムースケーキは泡立てた生クリームや卵白を使い、ふんわりとしたムースにクリームチーズなどを混ぜたケーキです。苺やブルーベリーなどと相性が良く、基本は混ぜて固めるだけなので簡単にできます。

(*チーズケーキの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

チーズケーキの種類はどれくらい?違いは?レシピのおすすめも紹介!

ケーキの種類【チョコレート系】

チョコレートを使ったケーキは、種類によって食感とチョコレートの濃厚さが大きく変わってきます。

・チョコレートケーキ
・ガトーショコラ
・ブラウニー
・オペラ
・ザッハトルテ
・フォンダン・ショコラ
・メルヴェイユ
・ブッシュ・ド・ノエル
・ジャヴァネ
・生チョコケーキ


ここでは、上記のチョコレートを使った定番ケーキから、日本ではまだ馴染みの薄いケーキまで10種紹介します。

11、チョコレートケーキ

出典:https://twitter.com/bellCafe328/status/1266288811538968576?s=20

チョコレートケーキは、スポンジ生地やクリームにチョコレートやココアパウダーを混ぜたケーキです。他のチョコレート系のケーキに比べて濃厚さは少ないものの、多くのケーキ屋さんなどで販売されているタイプのチョコレートケーキです。

12、ガトーショコラ

出典:https://twitter.com/Tanico1996/status/1274999268017758210?s=20

ガトーショコラとはフランス語で、チョコレートを焼いたものという意味ですが、一般的に日本ではケーキ生地にチョコレートを混ぜたものがガトーショコラとして親しまれています。外はさくっとしていて、中はしっとりとしたチョコレートのケーキです。

13、ブラウニー

出典:https://twitter.com/mijinco0415/status/1258007660911198208?s=20

ブラウニーは卵白をメレンゲにせず使うので、メレンゲを使用しているガトーショコラと比べて、濃厚でずっしりとした味を楽しめるチョコレートケーキです。

14、オペラ

出典:https://twitter.com/yuka_sweeeets_/status/1274587256976625664?s=20

オペラとはコーヒーバタークリーム・ガナッシュ・スポンジを重ね合わせ、仕上げに表面をチョコレートでコーティングし、甘くてビターな大人な味わいをしたケーキです。

15、ザッハトルテ

出典:https://twitter.com/Sakura49909485/status/1274658261090762752?s=20

ザッハトルテはオーストラリアで生まれ、古くから親しまれています。光沢感のあるザッハトルテは、チョコレート味のバターケーキにあんずのジャムを塗り、表面をチョコレートでコーティングしたチョコレートケーキです。

16、フォンダン・ショコラ

出典:https://twitter.com/hankyu_ex/status/1268120309732904965?s=20

フォンダン・ショコラはチョコレート生地のケーキの中に、チョコレートガナッシュを入れて焼き上げたケーキです。フォンダン・ショコラをスプーンですくうと、中からチョコレートが溢れ出すのが特徴的です。

17、メルヴェイユ

出典:https://twitter.com/ellegourmetjp/status/622400302218506241?s=20

メルヴェイユは、日本では馴染みが薄いですが、フランスやベルギーで古くから愛されています。メルヴェイユは焼いたメレンゲの上に生クリームをのせ、削ったチョコレートをトッピングした、口に入れると一瞬で消えてなくなってしまうような食感のお菓子です。

18、ブッシュ・ド・ノエル

出典:https://twitter.com/rinachan_9/status/1209697631674351618?s=20

ブッシュ・ド・ノエルはフランス語でブッシュが薪、ノエルがクリスマスという意味で、クリスマスケーキとして親しまれています。ブッシュ・ド・ノエルはロールケーキを薪に見立て、チョコレートクリームなどで薪の模様にデコレーションしたケーキです。

19、ジャヴァネ

出典:https://twitter.com/k_taji_taji/status/297131188798255104?s=20

ジャヴァネは、コーヒーバタークリームとアーモンドが入った薄焼きの生地を重ね、グラサージュされたケーキです。一見オペラと似てますが、オペラはチョコレートとコーヒーのハーモニーを楽しみ、ジャヴァネはコーヒー味をメインに楽しむ、そんな違いがあります。

20、生チョコケーキ

出典:https://twitter.com/kashikuri27/status/1248078542899826690?s=20

生チョコケーキは、生チョコのようにとろけるような口どけのケーキです。とても濃厚なので、少量でも満足できチョコレートの味を堪能できるチョコレートケーキです。

(*チョコレートケーキの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

チョコレートケーキの種類別の名前・画像一覧!作り方・レシピも紹介!

ケーキの種類【スポンジケーキ系】

スポンジ系のケーキは、ふんわりとしたスポンジからさっくりとしたスポンジまで、色々な生地のスポンジを使ったケーキがあります。

・ショートケーキ
・シフォンケーキ
・モンブラン
・ロールケーキ
・カップケーキ
・カステラ
・シャルロット


ここでは、上記7種類のケーキを紹介します。

21、ショートケーキ

出典:https://twitter.com/dolcebot/status/1272999408087347200?s=20

ショートケーキは誕生日にかかせない定番ケーキで、日本ではスポンジ生地とホイップした生クリームに苺をのせたイメージが強いですが、実は国によって形が違います。例えばイギリスではビスケットを使っていて、アメリカではムース生地が使われています。

22、シフォンケーキ

出典:https://twitter.com/maahAnotherord1/status/1274719983600168961?s=20

シフォンケーキは一般的なスポンジ生地と違い、乳製品は使わずサラダ油を使い、ふんわり軽い生地のケーキです。シフォンケーキの真ん中に穴が開いているのは、高さがあるため穴が開いていないと生焼けになってしまうためこのような形になっています。

23、モンブラン

出典:https://twitter.com/fukura_cafe/status/1273880313135943682?s=20

モンブランはスポンジ生地やタルト生地の上に生クリームをのせ、上から螺旋状にマロンクリームをあしらったケーキが主流です。お店など販売されているモンブランには、栗の代わりにかぼちゃやさつまいもを使ったものもあります。

24、ロールケーキ

出典:https://twitter.com/sweets_garden_n/status/1273198635996475394?s=20

ロールケーキは薄く焼いたスポンジ生地に、クリームやフルーツを挟んで巻いたケーキです。ロールケーキにはスポンジやクリームにチョコレートや抹茶などを混ぜたり、フルーツをトッピングしたり、様々な種類のケーキがあります。

25、カップケーキ

出典:https://twitter.com/TouChocomin/status/1274193128916791296?s=20

カップケーキとは、ケーキ生地を小さい紙カップやアルミ箔のカップで焼いたケーキのことです。カップケーキはトッピングをせずにそのまま食べるタイプと、生クリームなどで華やかなにトッピングされたカップケーキがあります。

26、カステラ

出典:https://twitter.com/fashionpressnet/status/1270324794051846146?s=20

カステラはポルトガルから伝わった卵・小麦粉・砂糖を混ぜて蒸し焼きにしたふんわりとしたお菓子です。今では生タイプの生カステラや、カステラに生クリームを挟んだもの、ミニサイズのベビーカステラなどがあります。

27、シャルロット

出典:https://twitter.com/29411b71dcb6476/status/1045972880968769537?s=20

シャルロットはフランスの代表的なお菓子で、女性の帽子をイメージして作られたケーキです。ケーキの側面と底はビスキュイ生地を使い、中はムースやババロアが入っていて、周囲をリボンで飾られています。

ケーキの種類【バターケーキ系】

バターケーキはバターを主原料として作られたケーキのことで、しっとりとしていてバターの風味がきいた生地です。バターケーキはプレーンタイプだけでなく、フルーツや色んなフレーバーなどと混ぜ合わせ、アレンジの幅が広いケーキです。

・パウンドケーキ
・フルーツケーキ
・マーブルケーキ
・ブランデーケーキ
・ワインケーキ
・バナナブレッド
・フィナンシェ


上記7種のバターケーキを紹介していきましょう。

28、パウンドケーキ

出典:https://twitter.com/ma_chan_t/status/1275176424299573248?s=20

パウンドケーキはバターを主原料としてつかい、卵白をメレンゲにせずに焼いた基本のバターケーキです。手作りの場合、1日程時間を置くとよりしっとりして美味しく食べられます。

29、フルーツケーキ

出典:https://twitter.com/kikurage0819/status/1275021270275420162?s=20

フルーツケーキはバターケーキの一種で、ドライフルーツや洋酒につけたフルーツをパウンドケーキに混ぜて焼いたケーキです。フルーツケーキは1~2日寝かせると、フルーツの味がケーキ全体に馴染みより一層美味しくなります。

30、マーブルケーキ

出典:https://twitter.com/milk4000cc/status/1274700469953167362?s=20

マーブルケーキはプレーン生地と、チョコレートなどのフレーバー入りの生地を混ぜて焼いたケーキです。マーブルケーキの切り口は、大理石(マーブル)模様になるように作られています。

31、ブランデーケーキ

出典:https://twitter.com/kamomepanjp/status/1274608922125623298?s=20

ブランデーケーキとは、パウンドケーキの生地にブランデーを混ぜて作るバターケーキです。手作りの場合は、数日寝かせてからの方がブランデーがよく染み込み美味しく食べれます。

32、ワインケーキ

出典:https://twitter.com/fuka_adatara/status/1206414273540321281?s=20

ワインケーキはブランデーケーキ同様、パウンドケーキにワインを混ぜたケーキで、口へ運ぶ時のワインのフルーティーな香りがする大人のスイーツです。アルコールを飛ばしてあるケーキも販売されているため、アルコールの弱い方でも食べられるワインケーキもあります。

33、バナナブレッド

出典:https://twitter.com/seventhquark/status/1274727495661568005?s=20

バナナブレッドは名前からするとパンのように思えますが、パウンドケーキに熟したバナナを入れて焼いたケーキです。

34、フィナンシェ

出典:https://twitter.com/2011_318_kurio/status/1274638912246280192?s=20

フィナンシェとはフランス語で金持ちという意味で、金塊の形をイメージした形をしています。フィナンシェはアーモンドどバターの風味が強く、表面はサクっとしていて中はしっとりやわらかいお菓子です。

ケーキの種類【パイ系】

サクッとした食感が美味しいパイ系は、冷凍のパイシートを使って自宅でも簡単に作れるお菓子です。

・アップルパイ
・ミルフィーユ
・ラズベリーパイ
・レモンメレンゲパイ


代表的なアップルパイを含む、上記4種類のケーキを紹介します。

35、アップルパイ

出典:https://twitter.com/murasakininjin/status/1274593073750609920?s=20

日本のアップルパイは煮りんごをパイ生地で包んで焼いたものが定番ですが、実は国によって作り方や形状が違います。例えばアメリカでは生のリンゴをパイ生地にのせて焼き、シナモンやナツメグなどのスパイスをきかせています。

36、ミルフィーユ

出典:https://twitter.com/nakacha98592587/status/1084463639560515589?s=20

ミルフィーユは、パイ生地とクリームを重ねたケーキです。ミルフィーユはフランス語で千枚の葉という意味で、パイの層が葉に似ているためこのような名前になりました。

37、ラズベリーパイ

出典:https://twitter.com/manmaruomusubi/status/916996107217002496?s=20

ラズベリーパイはラズベリージャムをパイ生地で包んで焼いたもので、サクッっとしたパイ生地に甘酸っぱいラズベリーがよく合います。

38、レモンメレンゲパイ

出典:https://twitter.com/nano_723/status/1249211728610521089?s=20

レモンメレンゲパイは焼いたパイ生地の上にレモンクリームをのせ、さらにメレンゲをのせて焼いたケーキで、暑い夏などに爽やかなレモンメレンゲパイはピッタリです。

ケーキの種類【シュー系】

シュー皮はバター・水・小麦粉・卵を混ぜて作り、基本的にはオーブンで焼きますが、シュー生地を揚げて作るケーキもあります。

・シュークリーム
・エクレア
・パリ・ブレスト
・ベニエ


ここでは上記の焼いたものと揚げたものを併せて4種紹介します。

39、シュークリーム

出典:https://twitter.com/sogo_hiroshima/status/1274236165894225925?s=20

シュークリームは丸く焼いたシュー皮の中にクリームを入れたものです。中のクリームはカスタードクリームや生クリームが主流ですが、チョコレートクリームや各種果物・フレーバーを使ったクリームなどもあります。

40、エクレア

出典:https://twitter.com/riri111887721/status/1271750848700223488?s=20

エクレアは細長く焼いたシュー皮にクリームをサンドし、チョコレートなどでコーティングしたお菓子です。シュークリームとの違いは、形とチョコレートのコーティングになります。

41、パリ・ブレスト

出典:https://twitter.com/melililou/status/1274631164435685376?s=20

パリ・ブレストはシュー皮をリング状に焼いて、間にクリームを挟んだお菓子です。このリング型は、自転車の車輪を基に作られたと言われています。

42、ベニエ

出典:https://twitter.com/saltkawaii/status/1274327102695723009?s=20

ベニエはシュー生地を揚げ、粉砂糖をまぶしたお菓子です。形は丸いものや、棒状のもの、ねじったものなど様々で、中にクリームを詰めたベニエもあります。

ケーキの種類【タルト系】

最後にサクッとしたタルト系のケーキを紹介します。タルト系はフルーツで色鮮やかなケーキや、タルト生地で包んだボリューム満点なものまであります。

・クラフティー
・フルーツタルト
・エッグタルト
・タルトレット
・タルトタタン
・フロランタンタルト
・リンツァートルテ
・エンガディナー


それでは早速、上記7種を紹介していきましょう。

43、クラフティー

出典:https://twitter.com/tidy_cafe/status/1270962571420422144?s=20

クラフティーはフランスの伝統的なお菓子で、タルト生地に牛乳や卵で作ったアパレイユとさくらんぼ入れて焼いたお菓子です。地域によっては、タルト生地を使わずにアパレイユだけで焼くこともあるようです。

44、フルーツタルト

出典:https://twitter.com/ayaka__sweets/status/1273955422102097922?s=20

フルーツタルトは、タルト生地の上にアーモンドクリームやカスタードクリームをのせ、苺やブルーベリーなどの色鮮やかなフルーツを飾ったケーキです。フルーツタルトのナパージュは光沢感を出す役割だけでなく、フルーツの乾燥を防ぐ役割もあります。

45、エッグタルト

出典:https://twitter.com/potepote_0213/status/1274183881210511360?s=20

エッグタルトはタルト生地の上にカスタードクリームを入れて焼いた、小さめのタルトです。自分で作る時は、タルト生地の代わりにパイシートでも美味しく作れます。

46、タルトレット

出典:https://twitter.com/mofu_kedama_ac/status/1272837401656700929?s=20

タルトレットとは一般的なタルトの直径が20cmなのに対し、直径5~7cmの小さい型で焼いた小さいタルトのことです。タルトレットはフルーツをのせたフルーツタルトなどのスイーツだけでなく、ハムやチーズなどをのせたお洒落なおつまみなどもあります。

47、タルトタタン

出典:https://twitter.com/yumenoki830/status/1273127432602759172?s=20

タルトタタンはケーキ型に煮詰めたリンゴを敷き詰め、その上にタルト生地をのせて焼いたお菓子です。タルト生地はパイシートでも代用が可能で、焼きあがったら逆さにしてリンゴを上にして食べます。

48、フロランタンタルト

出典:https://twitter.com/fufua_/status/1186537952945434626?s=20

フロランタンタルトとは、アーモンドやナッツ類をキャラメルと混ぜたフロランタン生地をタルトにのせて焼き上げたお菓子です。表面にのせたアーモンドスライスが香ばしく、サクッとしたタルト生地に良く合います。

49、リンツァートルテ

出典:https://twitter.com/sweets_astume/status/1275052652255047681?s=20

リンツァートルテとは、タルト型にアーモンドやシナモンなどの香辛料を混ぜた生地を流し込み、その上にジャムをのせ、同様の生地で格子模様をつけて焼いたケーキです。

50、エンガディナー

出典:https://twitter.com/ametogumiii/status/1253919874989998081?s=20

エンガディナーとは、くるみとキャラメルを混ぜて作ったキャラメルヌガーをタルト生地で包んだスイスの伝統的なお菓子です。エンガディナーはザクザクとした食感で、とてもボリュームがあります。

(*タルトケーキの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

タルトケーキの種類別のレシピ20選!生地の特徴など紹介!

ケーキの種類は様々

ケーキには様々な種類があり、色鮮やかで見て楽しめるものが沢山あります。生クリームや甘いものが苦手な方は、甘さ控えめなタルト系やパイ系がおすすめです。普段あまりケーキを食べない方も、ぜひこの機会に食べてみてはいかがでしょうか。

関連する記事