飴色玉ねぎの作り方|電子レンジ・冷凍・水で簡単に時短するコツを紹介!

【管理栄養士監修】飴色玉ねぎがなぜ美味しいのか知っていますか?今回は、飴色玉ねぎが美味しい理由や、〈塩・レンジ・水・冷凍〉などを利用した飴色玉ねぎの簡単な作り方を紹介します。使い切れない場合の保存方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 kay
Instagram Ameba
管理栄養士。海外一人旅、観光地での勤務がきっかけで、もっと日本を知ってほしいと思うようになり、海外の方に日本の伝統食である「和食」や「日本文化」...
Instagram Ameba
管理栄養士。海外一人旅、観光地での勤務がきっかけで、もっと日本を知ってほしいと思うようになり、海外の方に日本の伝統食である「和食」や「日本文化」を伝える活動をしています。また、「和食」をベースに予防医学、健康、美容を発信。職に縛られず”人との出会い・繋がり”を大切に、世界中、日本中をまわり「食」で繋がる旅をしています。ドラッグストア管理栄養士として食事指導、レシピ作成を経験、その後フリーランスの勉強をしながら観光地のカフェにて外国人観光客の接客をし、現在はバリスタとして働いています。皆さんのお役に立てるように最新の栄養学に基づいた情報をわかりやすく発信していきます。よろしくお願いします。

目次

  1. 飴色玉ねぎが美味しい理由とは?
  2. 加熱することで辛味成分が飛ぶから
  3. メイラード反応による旨味増幅
  4. 飴色玉ねぎの簡単&時短できる作り方は?
  5. ①玉ねぎを水を入れて炒める
  6. ②玉ねぎを冷凍した後炒める
  7. ③塩を加える
  8. ④電子レンジを使う
  9. 飴色玉ねぎを使いきれない場合は?
  10. 冷凍保存する
  11. 飴色玉ねぎで料理をワンランクアップ

飴色玉ねぎを作ったものの多く作り過ぎてしまったり、すぐ使えるようにとまとめて作っておきたかったりする方も多いのではないでしょうか?その場合におすすめなのは、飴色玉ねぎを冷凍保存することです。注意点もあるため、最後に合わせて説明します。

kay

管理栄養士

メイラード反応は、食品のおいしさに深く関わる反応です。この反応でつくられる香りの中にはコク与えるものがたくさんあります。ちなみに、味噌や醤油の色、チョコレートの色もこの反応でできているんですよ!

冷凍保存する

飴色玉ねぎを1回に使う分ずつラップで包み、更にジップロックに入れて、空気が入らないように口を閉めます。凍ったまま料理に使えるのでとても便利ですね。玉ねぎを保存する際には、なるべく平らに広げて冷凍すると、解凍しなくてもパリッと割って使えるので便利ですよ。

冷凍保存の期間の目安は2週間~1ヶ月です。品質が落ちないように早めに使い切ってしまいましょう。

kay

管理栄養士

さまざまな料理で利用できる飴色玉ねぎが短時間でできるなんて嬉しいですよね。少量ずつ小分けにして冷凍することで少し使いたい時にとても便利です。ささっと作って上手に活用しちゃいましょう!

飴色玉ねぎで料理をワンランクアップ

飴色玉ねぎは、カレー・トースト・スープ・ドレッシングなど、さまざまな料理に応用できます。料理が苦手な方でも、時短・簡単技を使えば、無理なく調理することができますよ。毎日の献立をワンランク上のものにするために、今まで使ったことがない方でも、ぜひ作ってみてください。

関連する記事

×