チャンプルーの意味とは?沖縄の方言で「炒める」?語源・歴史も紹介!

沖縄料理「チャンプルー」の言葉の意味や歴史を知っていますか? 方言でしょうか?今回は、チャンプルーの「炒める」など意味や「ちゃんぽん」など語源・由来を紹介します。「チャンプルー文化」の意味も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 「チャンプルー」の意味・歴史とは?
  2. チャンプルーとは沖縄の方言で「ごちゃ混ぜ」という意味
  3. 沖縄料理のメニューとして「炒める」という意味でも定着している
  4. チャンプルーの語源・由来は?
  5. ①インドネシア語由来の「ちゃんぽん」が沖縄方言読みされた説
  6. ②中国料理の「湯肉絲麺」由来の「ちゃんぽん」が沖縄方言読みされた説
  7. ③そもそも「チャンプルー」中国語の炒腐児(チャオ・フー・アル)に由来する説
  8. 「チャンプルー」の意味は文化にも?どんな種類がある?
  9. 「チャンプルー文化の意味」とは様々な国の文化を取り入れ独自に生み出した沖縄の文化
  10. ①沖縄県民のステーキ愛
  11. ②ドライブスルーでハンバーガー
  12. ③沖縄の不思議な地名
  13. ④おしゃれな外人住宅
  14. チャンプルーの人気レシピも紹介!
  15. ①苦味の少ないゴーヤチャンプルー
  16. ②ソーメンチャンプルー
  17. ③フーチャンプルー
  18. チャンプルーの意味・語源を理解しよう

「チャンプルー」の意味・歴史とは?

チャンプルーと言えば沖縄地方やゴーヤを炒めるといった料理を連想しますが、詳しい意味は知っている人は僅かです。また、チャンプルーには歴史や語源はあるのでしょうか。ここでは、チャンプルーの意味や種類について詳しく解説します。

チャンプルーとは沖縄の方言で「ごちゃ混ぜ」という意味

チャンプルーとは沖縄の方言で「ごちゃ混ぜ」という意味です。チャンプルーは混ぜて作る所が語源になっていて、チャンプルーに使う具材は自由で特に決まっていません。ただ、チャンプルーはゴーヤなどの季節野菜と、沖縄で作る島豆腐と呼ばれる豆腐を入れて作るのが一般的のようです。

沖縄料理のメニューとして「炒める」という意味でも定着している

チャンプルーは島豆腐と季節野菜の炒め物のことを指しますが、沖縄料理で「炒める」といった意味でも定着しています。なお、チャンプルーは炒める具材によって次の種類があります。

・ソーメンチャンプルー
・フーチャンプルー
・タマナーチャンプルー
・マーミナチャンプル
・パパヤーチャンプルー

分かりにくい名前の料理を補足すると、フーチャンプルーは味噌汁に入れる車麩を具材にしたものです。タマナーチャンプルーはキャベツを炒める料理で、野菜チャンプルーとも呼びます。他にもやしを炒めるマーミナーチャンプルーや、未熟な青パパイヤを使ったパパヤーチャンプルーといった種類があります。

チャンプルーの語源・由来は?

チャンプルーは沖縄の方言で「ごちゃ混ぜ」や、沖縄料理の「炒める」といった意味で定着していますが、チャンプルーと呼ぶようになった語源や由来はあるのでしょうか。ここでは、チャンプルーの語源になったとされる3つの仮説を分かりやすく解説します。

①インドネシア語由来の「ちゃんぽん」が沖縄方言読みされた説

インドネシアにチャンプールと呼ぶちゃんぽんと同じ料理があり、これが沖縄の方言でチャンプルーと呼ぶようになった説があります。チャンプールは長崎に入国していたオランダからインドネシアに伝わったことが始まりで、チャンプールとちゃんぽんの語源は異なりますが、混ぜるという意味は同じです。

②中国料理の「湯肉絲麺」由来の「ちゃんぽん」が沖縄方言読みされた説

ちゃんぽんは中国料理の湯肉絲麺(とんにいしいめん)が語源で、ちゃんぽんが沖縄の方言によってチャンプルーと呼ばれるようになった説もあるようです。湯肉絲麺を日本人に馴染むようにアレンジしたのがちゃんぽんで、好きな具材を炒める特徴がチャンプルーと同じ所も共通しています。

③そもそも「チャンプルー」中国語の炒腐児(チャオ・フー・アル)に由来する説

諸説ある中でチャンプルーは本来、中国語の「炒腐児(チャオ・フー・アル)」が由来しているといった説もあります。これは日本で活動していた郷土史研究家の東恩納寛惇(ひがしおんなかんじゅん)が、チャンプルーを豆腐を炒める料理と指摘したことが始まりです。ただ、炒腐児と呼ばれる料理が中国に存在した記録は確認されていません。

「チャンプルー」の意味は文化にも?どんな種類がある?

沖縄の方言で「ごちゃ混ぜ」を意味するチャンプルーですが、この意味は長い歴史を誇る沖縄の文化と関わりがあるのでしょうか。ここではチャンプルーと沖縄の文化の関わりや、沖縄で見られる主な文化を3つ詳しく解説します。

「チャンプルー文化の意味」とは様々な国の文化を取り入れ独自に生み出した沖縄の文化

様々な国の文化を取り入れた独特な沖縄の文化を、チャンプルー文化と呼ぶこともあります。これは多様な食材を混ぜて作るチャンプルーの特徴が由来になっていて、チャンプルーは料理以外で使うことは珍しくありません。

①沖縄県民のステーキ愛

沖縄では老若男女問わずステーキが好きな人が多く、県内のステーキ店で日常的にステーキを食べる県民が多いようです。この食文化は沖縄がアメリカの統治下になっていた頃に、アメリカ人にステーキを提供するための飲食店ができたことが始まりでした。また、古琉球の時代から牛肉や豚肉などを食べる習慣があったことも、ステーキが流行る要因になったようです。

②ドライブスルーでハンバーガー

ドライブスルーでハンバーガーを購入する場合、沖縄では駐車場にメニュー表とマイクが設置されているので、駐車スペースでオーダーを行えます。なお、店員が商品を持って車に運ぶので移動する必要もありません。これもステーキの食文化と同じく、沖縄がアメリカの統制下に置かれていた頃に、自家用車を多く所有しているアメリカ人に合わせて作られた文化です。

③沖縄の不思議な地名

沖縄ではカタカナで明記された聞き慣れない地名を見かけることが少なくありません。これはアメリカが沖縄を占領する時代に存在していたアメリカ軍の施設の名称が語源で、沖縄の文化を語る上で欠かせない要素になっています。浦添市牧港のことを指すマチナトといった地名は県民に長く知れ渡っていたため、施設が撤去された現在も残っているようです。

④おしゃれな外人住宅

門扉がなく開放感がある住居が多い伝統的な沖縄の民家とは真逆に、重厚なコンクリートで造られた平屋が集まる外人住宅も、沖縄の文化を楽しむ上では重要です。特に港川ステイツサイドタウンと呼ぶ外人住居街は、雑貨屋やレストランなどの店舗が多く存在し、沖縄に居ることを忘れるような非日常を体験できます。

チャンプルーの人気レシピも紹介!

チャンプルーは好きな具材を炒めるだけと言っても、初めて作るときはレシピを確認することが大切です。そこでここでは定番のゴーヤチャンプルーをはじめ、家庭で簡単に作れるチャンプルーの人気レシピを3つ紹介します。

①苦味の少ないゴーヤチャンプルー

出典:https://cookpad.com/recipe/2591800

ゴーヤの辛味が苦手な人や、ゴーヤチャンプルーを初めて作る人は、このレシピを参考にしてみましょう。ゴーヤの切り方から火の通し方の他に、ゴーヤの辛さを感じにくい調味料のアレンジまで丁寧に紹介しています。

簡単!激ウマ!苦くないゴーヤチャンプル by ナウちゃん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

②ソーメンチャンプルー

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1330005544/

ソーメンチャンプルーはツナ缶と家庭にある野菜を使って簡単に作れます。また、ソーメンチャンプルーは昼食や食欲がないときの食事に向く以外にお酒にも合うので、沖縄の居酒屋では定番のメニューになっているようです。

沖縄の味!ソーメンチャンプルー レシピ・作り方 by ミルク白うさぎ|楽天レシピ

③フーチャンプルー

出典:https://cookpad.com/recipe/638126

フーチャンプルーはお弁当のおかずをもう一品作りたいときに役立つ料理です。また、車麩の他に焼き麩や揚げ麩でもアレンジできるので、家庭にある余った麩と野菜を自由に付け合わせて作ってみましょう。

沖縄料理☆ふーチャンプルー☆ by ミルチャンママ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

チャンプルーの意味・語源を理解しよう

チャンプルーは沖縄の方言で「ごちゃ混ぜ」や「炒める」の意味で定着しています。さらに料理以外でも使うこともあり、様々な文化を取り入れた沖縄文化を、チャンプルー文化と呼ぶケースも珍しくありません。なお、チャンプルーはゴーヤがなくてもソーメンと家にある具材で簡単に作れるので、紹介したレシピを参考にして作ってみてください。

関連する記事

×