牛肉の消費期限切れはいつまで大丈夫?1日後でもNG?腐敗の見分け方や保存方法など紹介!

牛肉は消費期限が過ぎても食べられるのでしょうか?1日や3・4日程度は問題ないのでしょうか?今回は、牛肉の消費期限切れでもいつまで食べられるのか、〈色・匂い・味〉別に腐って食べられない牛肉の特徴とともに紹介します。牛肉の日持ちする保存方法や、新鮮な牛肉商品の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 牛肉の消費期限切れはいつまで食べられる?1日前でもNG?
  2. 消費期限の定義
  3. 食べられることもあるが安全性は保証されていない
  4. 牛肉が腐って食べられない状態の見分け方
  5. ①色・見た目
  6. ②匂い
  7. ③味
  8. 牛肉の日持ちする保存方法は?
  9. ①冷蔵保存する場合
  10. ②冷凍保存する場合
  11. 冷凍牛肉の解凍方法
  12. 牛肉の新鮮な日持ちする商品の選び方は?
  13. 新鮮な牛肉の見分け方・特徴
  14. 牛肉の消費期限に注意しよう

牛肉の日持ちする保存方法は?

牛肉をおつとめ品や、1度に多く購入したときはどのように保存すればいいでしょうか。ここでは牛肉の冷蔵保存、冷凍保存の方法だけでなく、冷凍した牛肉をおいしく食べられる解凍方法も紹介します。

①冷蔵保存する場合

一般的に購入した牛肉は冷蔵保存する方が多いと思います。新鮮な状態の牛肉や、すぐ食べる場合は冷蔵保存が適しています。しかし、数日冷蔵で置く場合はしっかり処理してから保存しましょう。

【やり方】
1、牛肉から出ているドリップをキッチンペーパーでふく
2、使用量ごとにサランラップで包む
3、密閉できる袋に入れて保存する


牛肉を保存する場所は、チルドルームと呼ばれる冷凍はされないが凍る前後の温度に設定された場所が最適です。

②冷凍保存する場合

たくさん購入して一度に使い切らない場合でも、冷凍保存なら保存可能期間が長くなるので腐る可能性が減ります。そして、冷凍前に下処理をすることで解凍したときの味の劣化を防ぐことができます。

【やり方】
1、牛肉から出ているドリップをキッチンペーパーでふく
2、牛肉を使用用途に合わせて切る
3、使用量ごとにサランラップに包む
4、密閉できる袋に入れる
5、平らになるように置いて保存する


冷凍すると保存期間は延びますが、ひき肉の場合は2週間、その他は3週間が目安です。また、牛肉を冷凍保存するには上記の他にも加熱や味付けを事前にしてから保存する方法もあります。

やり方は簡単で、冷凍前に牛肉に火を通し、必要なら味付けをしてしっかり粗熱をとってからジップロックに入れて冷凍するだけです。保存期間は4週間ほどで、調理時間の短縮にもなります。

冷凍牛肉の解凍方法

冷凍保存で美味しく食べられる期間を延ばしても、解凍方法しだいで味が大きく落ちてしまいます。手順を守って解凍すると流れ出るドロップの量も減らせるので、今回紹介する自然解凍を試してみてください。

【やり方】
1、前日の夜に冷凍庫から牛肉を取り出す
2、冷蔵庫で解凍する


手順は簡単ですが、徐々に解凍することでドリップの量を減らす事が出来ます。もし夜に使う場合は、当日の朝からでもしっかり解凍できます。

(*牛肉の冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

牛肉の冷凍での保存方法や日持ち期間は?解凍のコツやレシピのおすすめも紹介!

牛肉の新鮮な日持ちする商品の選び方は?

これまで牛肉の消費期限や美味しく食べられる保存方法を紹介しましたが、ここでは牛肉の選び方を紹介します。

新鮮な牛肉の見分け方・特徴

見た目でわかる鮮度の見分け方と特徴については、以下の通りです。

【見分け方・特徴】

・色が鮮やかな赤色をしている
・脂肪が溶けていない
・脂肪の色が白い
・ドリップが流れ出ていない
・切り口が乾燥していない


肉の色は濃い赤ではなく、ピンクがかった赤色が新鮮な証拠です。またドリップは解凍時に肉の旨みが流れ出ている証拠なので、ドリップが多く出ている肉は美味しくありません。

また、牛肉の脂肪は一見差がないと思いがちですが、脂肪の色や脂肪の溶け具合で鮮度がわかります。鮮度のいいお肉は脂肪の色が白く、はっきりと脂肪の線が入っています。しかし、鮮度が悪くなると脂肪の色は黄色くくすみ、溶けて赤身との境がなくなる様です。

牛肉の消費期限に注意しよう

牛肉の表面は酸化を起こすと変色して腐っていると勘違いされがちですが、多少期限切れでも保存状態が良ければ食べられます。冷凍もできるため、酸化を防いで美味しく牛肉を食べきりましょう。

関連する記事