萩の月の賞味期限は?切れても食べられる?常温・冷凍での保存方法も紹介!

萩の月の賞味期限の目安を知っていますか?今回は、萩の月の賞味期限を〈常温・冷蔵・冷凍〉別や〈未開封・開封後〉別に比較して、期限切れでもいつまで食べられるのかなど紹介します。萩の月の日持ちする保存方法や、腐った場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 萩の月とは?
  2. 萩の月の賞味期限はいつまで?保存方法は?
  3. ①常温保存の場合
  4. ②冷蔵保存の場合
  5. ③冷凍保存の場合
  6. 開封後は日持ちしない
  7. 萩の月の賞味期限切れはいつまで食べられる?
  8. 賞味期限の定義
  9. 腐っていなければ食べられる
  10. 萩の月の賞味期限が切れて腐るとどうなる?
  11. ①匂い
  12. ②見た目
  13. ③味
  14. 萩の月のおすすめの食べ方は?
  15. ①そのまま食べる
  16. ②電子レンジで温める
  17. ③冷凍庫で凍らせる
  18. ④ホットミルクと合わせる
  19. ⑤ずんだシェイクと一緒に食べる
  20. 萩の月の賞味期限に注意しよう

萩の月を食べる時にホットミルクを合わせても美味しいですが、萩の月をミルクを浸すのもおすすめです。ホットミルクに萩の月を浸すとカステラに牛乳が浸みて、中に入ったカスタードとマッチします。ドリンクに萩の月を入れるのに抵抗があるなら、萩の月のクリーム部分にミルクを入れる食べてみてはいかがでしょうか。

⑤ずんだシェイクと一緒に食べる

萩の月を販売している菓匠三全が運営している、ずんだ茶寮のずんだシェイクと一緒に食べるといった愉しみ方もあります。ずんだシェイクは枝豆の濃厚な味わいを愉しめるドリンクなので、萩の月の濃厚なカスタードとも相性が良いです。シェイクに浸して食べても、美味しく頂けます。

萩の月の賞味期限に注意しよう

萩の月は常温保存も可能ですが、期限切れのものは腐ることもあります。冷凍保存した場合は1か月程日持ちするので、暫く食べる予定がない場合は冷凍庫に入れておく事をおすすめします。

関連する記事

×