コストコが藤枝にオープン予定?出店計画は?時期・場所や噂の真偽を解説!

藤枝にコストコはオープン予定なのでしょうか?出店計画があるか気になりますよね。今回は、藤枝にコストコはオープンするのかを〈ポジティブ要素・ネガティブ要素〉の両面から紹介します。藤枝のコストコの再販店も紹介するので参考にしてみてくださいね。

(このページにはPRリンクが含まれています)

目次

  1. 藤枝にコストコがオープン予定?出店計画は?
  2. 藤枝にコストコがオープンする正式な情報はない
  3. ただし藤枝にコストコがオープンする可能性は高い
  4. 藤枝にコストコはオープンする?【ポジティブ要素】
  5. コストコの新店舗の出店基準
  6. ①静岡市への出店の断念
  7. ②富士市への出店の断念
  8. ③沼津市への出店の断念
  9. ④コストコが国内100店舗への拡大を目指している
  10. ⑤人口密度が高い
  11. ⑥近隣店舗からの距離
  12. 藤枝にコストコはオープンする?【ネガティブ要素】
  13. ①交通渋滞
  14. ②静岡市のイトーヨーカドー撤退の噂
  15. ③要地確保が難しい可能性
  16. コストコの再販店は静岡県にある?
  17. 藤枝にコストコがオープンする可能性はある

藤枝にコストコがオープン予定?出店計画は?

コストコは会員制の倉庫型スーパーとして人気ですが、その新店舗が静岡県の藤枝にオープンするのではないかと言われているようです。ここでは、藤枝にコストコのオープン予定があるのかどうかについて説明します。

藤枝にコストコがオープンする正式な情報はない

現時点で、藤枝にコストコがオープンするという正式な情報はありません。静岡県にはすでに浜松市にコストコが1店舗ありますが、それ以外の新店舗がオープンするという情報は公開されていないようです。

ただし藤枝にコストコがオープンする可能性は高い

現時点で藤枝にコストコがオープンするという情報はありませんが、将来的にオープンする可能性は高いと言われています。コストコの新店舗出店には様々な条件がありますが、藤枝はすでにこの条件のいくつかを満たしていると考えられています。このことから、今後藤枝にコストコがオープンする可能性は十分に考えられると言えるでしょう。

藤枝にコストコはオープンする?【ポジティブ要素】

今後藤枝にコストコがオープンする可能性は高いですが、ここではそのポジティブ要素について紹介します。コストコの新店舗の出店基準についても説明するので、参考にしてください。

コストコの新店舗の出店基準

コストコの新店舗の出店基準については、コストコのホームページで以下のように記載されています。

土地条件

半径10kmの人口が概ね50万人以上
企業が多い地域
敷地面積 15,000坪以上(ガスステーション用敷地を含む)
建築面積 約4,500坪
用途地域=準工、商業、近隣商業(売り場面積1万㎡超)*市街化調整区域内でも行政の許可があれば可
駐車場収容台数 800台以上
車のアクセスの良い物件
購入・定期借地(40年以上)・建貸

コストコの新店舗の出店基準には、人口や敷地面積、企業が多い地域など様々な条件があります。車のアクセスのしやすさなども重要視されており、消費者の利便性を確保するため、この基準は厳格に管理されています。一般的にこの基準を満たさない場合は、コストコの新店舗の出店計画は進みません。

①静岡市への出店の断念

静岡県では、過去に県庁所在地である静岡市にコストコを出店する計画がありましたが、断念されたことによって藤枝にコストコがオープンする可能性が高くなっています。

静岡市内は山野が多いほか、平地は住宅街で埋まっています。そのため人口は多いものの、コストコの出店基準である敷地面積等を満たすことが難しく、静岡市への出店は断念されたようです。

②富士市への出店の断念

静岡県では、静岡市の隣の富士市にコストコを出店する計画も進んでいましたが出店は叶わず、その結果としてほかの市へのコストコ出店の可能性が高くなりました。富士市は浜松市と静岡市に次いで人口の多い地域ですが、7年がかりで自治体との交渉も進んでいたものの出店基準を満たす適切な土地が見つからず、出店を断念する結果となりました。

③沼津市への出店の断念

静岡市・富士市へのコストコ出店が実現しなかったことから、沼津市もコストコの新店舗の候補地に挙がりましたが、断念されたことで藤岡にオープンする可能性が高くなっています。

沼津市では大型商業施設「ららぽーと沼津」の出店計画が進んでいたことから、沼津市へのコストコ出店も断念する形となりました。これらの経緯から、静岡県内2店舗目のコストコの出店場所として、藤枝市が有力視されています。

④コストコが国内100店舗への拡大を目指している

コストコは、将来的に国内100店舗への拡大を目指しています。現在コストコは国内に33店舗ありますが、2030年には60店舗以上を目標としており、この先店舗数はさらに増えていくことが予想されます。このことから、静岡2店舗目のコストコの出店場所として藤枝が選ばれる可能性は、十分に期待できるといえるでしょう。

⑤人口密度が高い

コストコの新店舗出店には周辺の人口も条件となりますが、藤枝は県内でも比較的人口密度が高い地域です。また、藤枝市の人口は約14万人ですが、藤枝市は人口約70万人の静岡市に隣接しています。つまり、藤枝にコストコを出店すると、静岡県東部全体を顧客ターゲットにできます。この点も、藤枝がコストコの新店舗出店の候補地になっている理由でしょう。

⑥近隣店舗からの距離

近隣店舗 藤枝市からの距離
コストコ浜松倉庫店 48km
コストコ守山倉庫店 120km
コストコ座間倉庫店 127km
コストコ多摩境倉庫店 131km
コストコ中部空港倉庫店 131km

藤枝の最寄りのコストコは静岡県内の浜松倉庫店ですが、藤枝からは約48km離れており、車で1時間ほどかかります。また、浜松倉庫店以外の店舗はいずれも県外で100km以上の距離があることも、藤枝にコストコをオープンするポジティブな要素として考えられているようです。藤枝にコストコを出店した場合、静岡県東部全体からの集客が十分に見込めるでしょう。

藤枝にコストコはオープンする?【ネガティブ要素】

藤枝はコストコの新店舗出店の基準を多く満たしていますが、実際に出店する場合、いくつかの懸念点もあります。ここでは、藤枝にコストコがオープンする場合のネガティブな要素について紹介します。

①交通渋滞

藤枝にコストコをオープンするにあたって、懸念されているのが交通渋滞です。コストコの新店舗出店には車でのアクセスの良さが条件となりますが、藤枝周辺は渋滞が発生することも多いと言われています。特にラッシュ時の藤枝バイパスは慢性的に渋滞が発生していることから、この交通渋滞の解消が藤枝のコストコオープンの課題のひとつとなっているようです。

②静岡市のイトーヨーカドー撤退の噂

公式な情報ではありませんが、静岡市からのイトーヨーカドー撤退の噂も、藤枝のコストコ出店においてネガティブな要素のひとつとなっているようです。

静岡市にはイトーヨーカドーがありますが、イトーヨーカドーは今後首都圏に集約すると言われており、静岡市の店舗はいずれ閉店するという噂があるようです。静岡市からイトーヨーカドーが撤退した場合、静岡市周辺の消費者の流れが変わり、藤枝にコストコをオープンしても十分な集客が見込めない可能性があります。

③要地確保が難しい可能性

藤枝は今後のコストコ出店の候補地として挙げられていますが、要地確保が難しいのではないかとも言われています。コストコを出店するためには広大な土地が必要になりますが、藤枝では駅前の再開発をはじめ、さまざなま地域開発などが進められています。そのため、十分な要地確保が難しい可能性も、コストコ出店における懸念点となっているようです。

コストコの再販店は静岡県にある?

コストコの商品が手軽に購入できるコストコの再販店は、静岡県にもあります。静岡県にあるコストコの再販店は、以下の通りです。

・E-COST:沼津市、御殿場市
・PRIME FOODS MARKET:静岡市
・COCOST RESALE SHOP:焼津市
・LIFE MART:伊豆の国市
・KARCOS:浜松市


現在静岡県のコストコは浜松市の1店舗のみですが、コストコの再販店は県内各地に複数存在しています。静岡市周辺から浜松倉庫店までは遠く、アクセスが悪いため、コストコの再販店を活用している人も多いようです。PRIME FOODS MARKETは取り扱う商品数も多く、コストコの人気商品を手軽に入手できると人気を集めています。

藤枝にコストコがオープンする可能性はある

静岡県内のコストコは現在1店舗しかなく、今後藤枝にコストコがオープンする可能性は高いと言われています。現時点で藤枝にコストコがオープンするという公式情報はありませんが、静岡県の2店舗目の出店場所として藤枝は注目されているようです。藤枝市や静岡市周辺の人は、今後コストコの新店舗オープンを期待しましょう。

関連する記事