カスタードクリームは冷凍保存できる?日持ち期間や解凍方法は?アレンジレシピも紹介!

カスタードクリームは冷凍保存できるのでしょうか?今回は、カスタードクリームを冷凍保存する方法や日持ち期間のほか、解凍方法のコツも紹介します。カスタードクリームが腐った時の見分け方や〈アイス〉などアレンジレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カスタードクリームは冷凍保存できる?
  2. カスタードクリームの長期保存は冷凍が一番
  3. カスタードクリームを冷凍保存する方法・日持ち期間は?
  4. 冷凍での保存方法
  5. 保存期間
  6. 冷凍カスタードクリームの解凍方法
  7. カスタードクリームを冷凍保存する際のポイントは?
  8. ①離水を見越して硬めのカスタードクリームを作る
  9. ②急速に冷凍する
  10. 保存したカスタードクリームが腐った時の見分け方は?
  11. 腐ったカスタードクリームの特徴
  12. 冷凍カスタードクリームのアレンジレシピ
  13. ①アイスクリーム
  14. ②マフィン
  15. ③プリン
  16. カスタードクリームを正しく冷凍保存して日持ちさせよう

カスタードクリームは冷凍保存できる?

お菓子作りをしていてカスタードクリームを大量に作ったは良いものの、余らせてしまった場合どのように保存すれば長く味を保てるのでしょうか。カスタードクリームを美味しく保存できる方法について、詳しく見ていきます。

カスタードクリームの長期保存は冷凍が一番

カスタードクリームの品質を保ちながら保存するのに最も適しているのは、冷凍保存です。カスタードクリームの材料は牛乳や卵など、もともと賞味期限の短い食品なので長期保存には向きませんが、冷凍する事である程度の期間は保存が可能になります。

カスタードクリームを冷凍保存する方法・日持ち期間は?

カスタードクリームの保存には冷凍が適していることが分かりましたが、冷凍する際の処理はどのようにすればよいのでしょうか。保存方法の詳細と合わせて、保存できる期間や解凍する方法についても見ていきます。

冷凍での保存方法

カスタードクリームを冷凍で保存する際の手順は、以下の通りです。

①ラップを敷いたバットの上でカスタードクリームの粗熱を取る
②上からラップをかぶせて平らにして包む
③ジッパーバッグに入れて空気を抜いてから冷凍する


カスタードクリームを保存する際は、なるべく空気に触れないようにして細菌の繁殖ができない環境にする必要があります。作る際の調理器具も殺菌をしてから使用することで、細菌繁殖の可能性を減らすことができます。タッパーなどに入れて保存する場合にも、ラップで表面を隙間なく覆ってから冷凍するようにしましょう。

保存期間

カスタードクリームは冷凍保存の場合は約2週間~1か月は日持ちしますが、この期間は保存が可能な期間の目安であって美味しく食べられる期間ではありません。カスタードクリームは冷凍すると日を追うごとに食味が悪くなっていくので、なるべく早めに食べきるようにしましょう。

冷凍カスタードクリームの解凍方法

冷凍したカスタードクリームを解凍する際の手順は、以下の通りです。

①室温に10分ほど置き、ラップをはがす
②耐熱容器へ移し、軽くラップをかけて電子レンジで加熱する


冷凍したカスタードクリームは、耐熱容器へ移して電子レンジで加熱するだけで簡単に解凍できます。冷凍してから時間がたったものは解凍した際に分離したり、食感が悪くなることがあるので注意が必要です。もし利水などが起きた場合は、ケーキの材料に混ぜるなど別の使い道を選ぶことをお勧めします。

カスタードクリームを冷凍保存する際のポイントは?

カスタードクリームの冷凍保存の方法が分かりましたが、その際に注意するべきポイントはあるのでしょうか。美味しい状態を保ったまま保存するために必要なコツを詳しく見ていきます。

①離水を見越して硬めのカスタードクリームを作る

出典:https://cookpad.com/recipe/2175690

カスタードクリームは冷凍保存すると、解凍した際に分離して離水が起こるため特有のなめらかさが失われ舌触りがざらざらになってしまいます。このレシピではコーンスターチを加えてあえて硬めに仕立てることで、分離をある程度抑えることができます。硬く仕立てた場合は、解凍してから好みの硬さに伸ばして使う方法がおすすめです。

関連する記事