みょうがの保存方法・期間は?冷凍で日持ちする?解凍のコツやレシピのおすすめも紹介!

みょうがの保存方法を知っていますか?今回は、みょうがの<冷蔵・冷凍>での保存方法・ポイントや、保存期間の目安に加えて解凍方法を紹介します。みょうがの賞味期限切れの見分け方や、保存食向きのレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. みょうがの保存方法は?
  2. みょうがを長期間保存する場合は冷凍
  3. みょうがを短期間保存する場合は冷蔵
  4. みょうがの冷蔵での保存方法・期間は?
  5. ①みょうがを冷蔵保存する方法
  6. ②みょうがを水につけて冷蔵保存する方法
  7. みょうがの冷蔵での賞味期限・保存期間
  8. みょうがの冷凍での保存方法・期間は?
  9. ①丸ごとのみょうがを冷凍保存する方法
  10. ②カットしたみょうがを冷凍保存する方法
  11. ポイント①小分けして冷凍保存する
  12. ポイント②空気に触れないようにする
  13. ポイント③急速冷凍する
  14. みょうがの冷凍での賞味期限・保存期間
  15. 冷凍みょうがの解凍方法・使い道は?
  16. ①自然解凍する
  17. ②凍ったまま加熱調理して使う
  18. みょうがの賞味期限切れの見分け方は?
  19. 賞味期限切れのみょうがの特徴
  20. みょうがの保存食向きレシピ
  21. ①みょうがの甘酢漬け
  22. ②みょうがの味噌漬け
  23. ③みょうがの塩漬け
  24. みょうがをうまく保存して美味しく食べよう

みょうがの保存方法は?

みょうがの正しい保存方法をご存じですか?料理を引き立てる薬味としてよく使用されるみょうがは、一度では使い切れないことも多い食材です。今回はみょうがの正しい保存方法のポイントや、保存食向きのレシピについて詳しく紹介していきます。

みょうがを長期間保存する場合は冷凍

みょうがは冷凍保存することで比較的長く日持ちするので、みょうがを大量に保存するには冷凍保存が適しています。冷凍保存の場合、みょうが特有の食感が失われてしまうので、劣化を防ぐ正しい方法で冷凍保存し、適した調理方法で使用することがポイントです。

みょうがを短期間保存する場合は冷蔵

みょうがを冷蔵保存する場合は冷凍保存と比べて日持ちが短くなってしまいますが、みょうが特有の風味や食感が保たれ、調理の幅も広く、より美味しく食べられます。鮮度をキープするために、みょうがの正しい冷蔵保存の方法を知っておくことが大切です。

みょうがの冷蔵での保存方法・期間は?

みょうがの冷蔵での保存方法を2通り紹介します。みょうがは水分を多く含む野菜です。冷蔵保存のポイントは、みょうがを乾燥させないようにしっかりと保湿することです。みょうがのみずみずしい鮮度を保てるよう、上手に保存しましょう。

①みょうがを冷蔵保存する方法

みょうがを冷蔵保存する手順は以下の通りです。

①よく洗う
②傷んでいる部分は取り除く
③濡らしたキッチンペーパーで包む
④保存用の袋やタッパーに入れて密封する
⑤冷蔵庫の野菜室で保存する


みょうがは傷みの原因となる表面の汚れをきれいに洗い落とし、変色しやすい軸の部分など傷んでいる部分は取り除きます。みょうがを乾燥させないように、水に濡らして軽く絞ったキッチンペーパーで包み、空気に触れないように密閉できるジッパー付きの保存袋やタッパーに入れて、野菜室で保存します。

傷みと乾燥を防ぐために、2~3日に1回はキッチンペーパーを取り替えましょう。

②みょうがを水につけて冷蔵保存する方法

みょうがを水につけて冷蔵保存する手順は以下の通りです。

①よく洗う
②傷んでいる部分は取り除く
③みょうがを瓶やタッパーなどの密閉できる保存容器に入れる
④みょうがが浸るくらいに保存容器に水を入れる
⑤蓋をして密閉する
⑥野菜室に保存する


みょうがは表面の汚れをきれいに洗い落とし、傷んでいる部分は取り除きます。保存容器にみょうがを入れ、みょうがを乾燥させないように水で浸し、蓋をして密閉し、野菜室で保存します。

傷みと乾燥を防ぐために、調理で使用した際や、2日に1回は水を取り替えましょう。また、この方法はみょうがが水分を含んで柔らかくなるので、調理する際はみょうがを刻んだあとに水気を絞って使用するのがポイントです。

みょうがの冷蔵での賞味期限・保存期間

みょうがを冷蔵保存する場合の保存期間の目安は、湿らせたキッチンペーパーで包む場合は1週間~2週間程度、水につけて保存する場合は1ヵ月程度となります。期間内であっても、変色やぬめりなどの傷みがあれば破棄しましょう。鮮度が保たれている内に、なるべく早めに使い切ることをお勧めします。

みょうがの冷凍での保存方法・期間は?

みょうがの冷凍での保存方法を詳しく紹介します。みょうがを丸ごと冷凍しても良いですが、みょうがを使いやすい大きさに切ってから冷凍するとより便利です。また、解凍するときのコツや、調理に使用する際のポイントも詳しく解説します。

①丸ごとのみょうがを冷凍保存する方法

丸ごとのみょうがを冷凍保存する手順は以下の通りです。

①よく洗う
②水気をふき取る
③1つずつラップで包む
④冷凍用の保存袋に入れて密封する
⑤冷凍庫で保存する


冷蔵の時と同様に下処理をしたら、霜がつかないように洗った後はみょうがの水気をキッチンペーパー等でよく拭き取ります。空気に触れないようにラップで1つずつ包み、さらに冷凍用の密閉できる保存袋に入れて、しっかりと空気を抜き、冷凍庫で保存します。

②カットしたみょうがを冷凍保存する方法

カットしたみょうがを冷凍保存する手順は以下の通りです。

①よく洗う
②水気をふき取る
③使いやすい大きさに切る
④冷凍用の保存袋に入れて密封する
⑤冷凍庫で保存する



下処理をしたみょうがはしっかりと水分を取り、使いやすい大きさにカットして冷凍用の密閉できる保存袋に入れます。使いやすいように薄く平らに整えて、しっかりと空気を抜き、冷凍庫で保存します。

ポイント①小分けして冷凍保存する

冷凍保存したみょうがを調理で使する際に、一度で使い切れずに残りが溶けてしまうことがあります。再び冷凍庫に入れると溶けた部分が再冷凍され、雑菌が繁殖する可能性が高く、衛生的に好ましくありません。特に気温の高い夏場や、大量にみょうがを冷凍する際には注意が必要です。

みょうがを冷凍する際は使いやすい分だけ小分けにして、冷凍する方法がおすすめです。小分けにしたみょうがをラップで包み、冷凍用の密閉できる保存袋にまとめて入れ、しっかりと空気を抜き、冷凍庫で保存します。衛生面だけでなく、小分けにすることでより使いやすくなります。

ポイント②空気に触れないようにする

みょうがを冷凍する際に、うまく密閉できずに空気に触れてしまうと、みょうがは乾燥して酸化してしまい、これらは冷凍焼けの原因になります。冷凍焼けは見た目が悪くなるだけでなく、風味や食感も大きく損なわれ食べても美味しくありません。

みょうがの劣化を防ぐために、冷凍保存する際は丁寧にラップに包み、保存袋の空気をしっかりと抜いてから密閉しましょう。

ポイント③急速冷凍する

みょうがをより上手に冷凍保存するために、急速冷凍してみましょう。急速冷凍は野菜を冷凍する際に、野菜の劣化を最小限に抑えて美味しさを保ってくれます。簡単にできる急速冷凍のポイントは以下の通りです。

・みょうがの表面の水分をキッチンペーパー等でよく拭き取る
・冷凍用の保存袋を薄く平たく整える
・冷凍用の保存袋を金属製のトレーの上に置いて冷凍する


少しでも早く凍らせるために、薄く均一に整えたり、熱伝導の良い金属トレイを使うかアルミホイルに包むのがコツです。また、みょうがを買ったその日のうちに冷凍保存することも、鮮度を保つための大切なポイントです。

みょうがの冷凍での賞味期限・保存期間

みょうがを冷凍保存する場合の保存期間の目安は以下の通りです。

・丸ごとのみょうがを冷凍保存する場合は、2ヵ月程度
・カットしたみょうがを冷凍保存する場合は、1ヵ月程度

期間内であっても、冷凍焼けや変色などの傷みがあれば破棄しましょう。鮮度が保たれている内に、なるべく早めに使い切ることをお勧めします。

冷凍みょうがの解凍方法・使い道は?

みょうがは冷凍保存すると冷蔵保存よりも長く日持ちしますが、みょうが特有の風味や、シャキシャキとした食感は大きく損なわれてしまします。そのため、冷凍保存したみょうがは、適した料理に使用することが大切なポイントです。冷凍保存したみょうがの正しい解凍方法とともに、最適な調理方法も紹介します。

①自然解凍する

みょうがの自然解凍の手順は以下の通りです。

①冷凍保存したみょうがを常温で解凍する
②解凍する際に水分が出てくるのでキッチンぺーパーなどで水気をふき取る


丸ごと冷凍したみょうがは硬く凍っていて切れないときがあるので、4~5分自然解凍すると切りやすくなります。冷凍したことで味が染みやすくなっているので、ピクルスなどの漬物にするのが良いでしょう。風味や食感は落ちますが、薬味や和え物としても手軽に使うことができます。

②凍ったまま加熱調理して使う

みょうがを凍ったまま使う手順は以下の通りです。

①凍ったまま加熱料理に入れて使用する

みそ汁などの汁物や炒め物、炊き込みご飯などの加熱調理に適しており、解凍せずにそのまま使えるので、とても便利です。

みょうがの賞味期限切れの見分け方は?

みょうがは常温だと傷みやすい野菜です。賞味期限が切れたみょうがには、どんな特徴が現れるのでしょうか?ここでは、賞味期限の切れたしみょうがの見分け方について詳しく解説します。

賞味期限切れのみょうがの特徴

賞味期限の切れたみょうがには、以下の特徴が見られます。

・表面にぬめり、汁が出てくる
・中身が溶けている
・触ったときに柔らかくブヨブヨしている
・匂いがおかしい、腐った匂いがする
・茶色や黄色に変色したり、黒ずんでいる
・酸味の強い味になっている

保存していたみょうがにこのような変化が見られた場合は、食べずに廃棄しましょう。少しでも長く日持ちさせるためにも、購入するときや保存する際には新鮮なみょうがを選ぶようにしましょう。

みょうがの保存食向きレシピ

冷蔵や冷凍の他にも、みょうがを上手に保存する方法に、みょうがを使った保存食があります。ここでは、手軽に作れるみょうがの保存食レシピを紹介します。

①みょうがの甘酢漬け

出典:https://cookpad.com/recipe/6386308

甘酢漬けは、家にある調味料ですぐに作ることができ、みょうがが酢の酸の効果で鮮やかなピンク色になり、華やかな見た目が料理のアクセントにぴったりです。保存期間の目安は冷蔵保存で1ヵ月程度となります。

↓詳しい作り方・手順はこちら↓

作り置き!夏の定番みょうがの甘酢漬け by さりまっち 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

②みょうがの味噌漬け

出典:https://cookpad.com/recipe/5721975

使う材料はみょうがと味噌だけという、とても簡単に作れるみょうがの漬物です。漬ける時間が長くなるほど味が染みて、シンプルですが味わい深い一品です。保存期間の目安は冷蔵保存で1週間程度となります。

↓詳しい作り方・手順はこちら↓

みょうがの味噌漬け by 八百屋やまはる 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

③みょうがの塩漬け

出典:https://cookpad.com/recipe/1570057

みょうがをより長く日持ちさせるには、塩漬けが適しています。保存期間の目安は1年程度と長期間保存ができるので、たくさんのみょうがを保存したいときは塩漬けがお勧めです。

↓詳しい作り方・手順はこちら↓

保存 みょうがの塩漬け by desertrose 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

みょうがをうまく保存して美味しく食べよう

みょうがは保存方法によって、その特有の風味や食感にも違いが出てくるので、保存期間の長さや調理方法を考えて、適した保存方法を選ぶのがポイントです。みょうがを上手に保存して無駄なく美味しく食べましょう。

関連する記事