フィナンシェとは?マドレーヌと違いは?名前の意味・由来や作り方レシピも紹介!

フィナンシェを知っていますか?マドレーヌと何が違うのでしょうか。今回は、フィナンシェの〈名前の由来や意味・味・材料・型・カロリー〉などをマドレーヌと比較して紹介します。フィナンシェの作り方や簡単アレンジレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. フィナンシェとは?どんなお菓子?
  2. フィナンシェはフランス発祥のバターケーキ
  3. フィナンシェの名前の意味・由来
  4. フィナンシェの味・食感
  5. 「フィナンシェ」と「マドレーヌ」の違いとは?
  6. ①名前の由来
  7. ②型の形
  8. ③材料
  9. ④味・食感
  10. ⑤カロリー
  11. フィナンシェの作り方は?
  12. 材料
  13. 作り方・レシピ
  14. フィナンシェの簡単アレンジレシピ
  15. ①紅茶フィナンシェ
  16. ②抹茶フィナンシェ
  17. ③チョコフィナンシェ
  18. フィナンシェを食べてみよう

フィナンシェとは?どんなお菓子?

フィナンシェは、洋菓子店やスーパーなどでよく販売されているお菓子です。フィナンシェは素朴な味わいが魅力で幅広い世代に親しまれていますが、どのようなお菓子なのでしょうか。フィナンシェの発祥や名前の意味、味や食感について解説します。

フィナンシェはフランス発祥のバターケーキ

フィナンシェは、17世紀のフランスを発祥とするバターケーキの一種です。当時のフランスではアーモンドが栄養源として食べられており、その習慣からアーモンドを使った焼き菓子であるフィナンシェが誕生しました。フィナンシェは、Visitandines(聖母訪問教会)の修道女が発案したお菓子であることから、ヴィジタンディンとも呼ばれていたそうです。

フィナンシェの名前の意味・由来

フィナンシェは、フランス語で金融家やお金持ちを意味する言葉で、忙しい金融家が服を汚さずにすぐ食べられることをと願って作られたと言われています。また、フィナンシェは金塊や金の延べ棒の形をイメージして作られており、これも金融家のイメージに由来しているといった説があります。

フィナンシェの味・食感

フィナンシェの味は、アーモンドの甘味と焦がしバターの風味が特徴です。また、フィナンシェの表面は軽く、中身は柔らかい食感です。一般的にフィナンシェはそのままの状態で食べますが、温めて食べる食べ方もあります。フィナンシェをトースターで軽く温めると、バターの風味や甘味、香りが強くなり、より美味しくいただけます。

「フィナンシェ」と「マドレーヌ」の違いとは?

フィナンシェとマドレーヌは味や食感が似ていますが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。ここからは、フィナンシェとマドレーヌの違いを、名前の由来や材料、味などの観点から解説します。

①名前の由来

フィナンシェの名前は金融家の意味を持つフランス語に由来しているのに対し、マドレーヌはお菓子を作った女性の名前から付けられたと言われています。マドレーヌの名前の由来には諸説ありますが、18世紀にポーランドの宮廷で従事していたメイドの名前から名付けられた説が有力です。

マドレーヌは、当時のポーランドの国王がベルサイユ宮殿に暮らすマリー・レチンスカ王妃に贈ったことで、フランス国内に広まったと言われています。

②型の形

フィナンシェとマドレーヌは生地を焼く際の型の形が異なるため、見た目が異なるのも特徴です。フィナンシェは前述した通り金塊のような形ですが、一方のマドレーヌは貝のような形をしています。

フィナンシェは、フィナンシェ型と呼ばれる平らな長方形の焼型が使われるのに対して、マドレーヌはマドレーヌ型と呼ばれるホタテ貝のような焼き型に生地を流して作ります。ただし、マドレーヌはマドレーヌ型のほか、カップケーキ型を使って作られることもあるので貝殻型だけとは限りません。

③材料

フィナンシェとマドレーヌは材料も異なります。フィナンシェを作る際には焦がしたバターを使いますが、マドレーヌは柔らかくしたバターを使用します。また、フィナンシェは卵白を泡立てたメレンゲを使うのに対して、マドレーヌは全卵を使うのが特徴です。

さらにフィナンシェやマドレーヌには共通していない材料もあり、フィナンシェは材料にアーモンドプードルを使う一方で、マドレーヌは材料にレモンの皮を使って作られています。

④味・食感

フィナンシェとマドレーヌは材料が異なるため、味や食感も違います。フィナンシェは材料にアーモンドパウダーと焦がしバターを使っているため、アーモンドやバターの風味が豊かで軽い食感です。一方でマドレーヌは、レモンの皮による柑橘の爽やかな香りがあり、フィナンシェよりも柔らかい食感になっています。

⑤カロリー

カロリー 糖質
フィナンシェ 143kcal 14.5g
マドレーヌ 118kcal 9.9g


上記の表は、1個あたりのフィナンシェとマドレーヌのカロリーおよび糖質量を表に表したものです。カロリーはフィナンシェのほうが25kcal高く、糖質量は4.6gほど高くなっています。

上記のフィナンシェの重量は38g、マドレーヌは28.1gですが、100gあたりに換算するとフィナンシェは376kcal、マドレーヌは419kcalです。同じ重量に換算した場合にはフィナンシェはマドレーヌよりもカロリーが低いですが、フィナンシェはマドレーヌよりもサイズが大きいために1個当たりのカロリーが高めです。

ただしフィナンシェやマドレーヌのサイズは店舗によっても差があるので、ダイエット中に食べる時にはサイズの大きさにも注意しましょう。

フィナンシェの作り方は?

フィナンシェを家庭で作る場合は、何の材料を揃えてどのような方法で作れば良いのでしょうか。ここからは、フィナンシェを作る際の材料やレシピを紹介します。

材料

・卵白:100g
・焦がし用のバター:40g
・バター:60g
・グラニュー糖:60~65g
・はちみつ(メープルシロップ):15g
・薄力粉:35g
・アーモンドプードル:65g
・ベーキングパウダー:1.5~2g

作り方・レシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/870381

フィナンシェを作る際には、卵白をサラサラな状態にしておくことが大切なポイントです。フィナンシェは基本の作り方を覚えておけばさまざまなアレンジがあるので、まずは基本のフィナンシェに挑戦してみましょう。

誰でもお店の味~基本のフィナンシェ by *ai* 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

フィナンシェの簡単アレンジレシピ

基本のフィナンシェの生地に色々な材料を加えるだけで、違った味わいのフィナンシェを作ることができます。ここからは、フィナンシェの簡単なアレンジレシピを3つ紹介します。

①紅茶フィナンシェ

出典:https://cookpad.com/recipe/5471954

生地に紅茶葉を加えた、紅茶葉の食感が特徴的なフィナンシェです。バターを焦がしすぎないように作ることで、紅茶の香りが引き立ったフィナンシェに仕上がります。

香り豊かな紅茶フィナンシェ by さけここ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

②抹茶フィナンシェ

出典:https://cookpad.com/recipe/5311517

抹茶粉を使ったフィナンシェです。抹茶の濃い苦味が効いた大人向けの味わいで、和風のお菓子が好きな方に好まれる一品です。生地を焼く際に桜の花びらを乗せることで、華やかな仕上がりになります。

簡単!絶品抹茶フィナンシェ✨ by lalaminnie 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

③チョコフィナンシェ

出典:https://cookpad.com/recipe/5897170

生地にココアを加え、仕上げに溶かしたチョコレートでコーティングしたフィナンシェです。仕上げにピスタチオを散りばめれば、さらに見栄えが良くなります。バレンタインのギフトにもおすすめの一品です。

チョコレートフィナンシェ by たけ民キッチン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

フィナンシェを食べてみよう

フィナンシェとは、アーモンドプードルの風味と軽い食感が特徴的な焼き菓子です。材料を揃えれば、家庭でも簡単にフィナンシェを作ることができ、プレーンの生地にココアや抹茶、桜の葉などを加えてアレンジして作るのもおすすめです。家庭でフィナンシェ作りに挑戦して、焼きたてのフィナンシェを味わってみましょう。

関連する記事