ナンの美味しい食べ方は?カレー以外ある?活用アレンジレシピのおすすめも紹介!

ナンの食べ方を知っていますか?発酵させて作られるパンの1種であるナンは、今では日本のインドカレー店で定番となっています。今回は、ナンの基本的な食べ方や、カレー以外での食べ方も紹介します。ナンの活用レシピについても紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ナンの美味しい食べ方は?
  2. ナンの基本的な食べ方は?
  3. ナンにインドカレーと一緒に食べることが多い
  4. インドカレー・ナンの食べ方・手順
  5. ナンのカレー以外の食べ方はある?
  6. ①ピザ風にして食べる
  7. ②ケバブサンド風にして食べる
  8. ③トルティーヤ風にして食べる
  9. ④ホットドッグ風にして食べる
  10. ⑤パニーニ風にして食べる
  11. ナンを使ったアレンジレシピ
  12. ①ハニーチーズナン
  13. ②チリコンカンでナンドッグ
  14. ③鶏チャーシューと味玉のせナン
  15. ④ナンでベジラップ
  16. ⑤スモア風ナン
  17. ナンを美味しく食べよう

ナンの美味しい食べ方は?

ナンは一般的に小麦粉、塩、水、酵母を主原料とした発酵して作られるパンの1種です。ナンは生地にスパイスやチーズを練り込んでアレンジすることもでき、カレーだけではなくどんな食材と合わせても美味しいものです。今回はナンの基本的な食べ方やナンの美味しい食べ方を紹介するので、参考にしてください。

ナンの基本的な食べ方は?

ナンはもともとは宮廷料理であり富裕層しか食べられないものでした。そんな高級な食材であったナンに、基本的な食べ方があるのを知っている人は少ないのではないでしょうか。ここではナンの食べ方や手順を解説するので、次にナンを食べる時に実践してみてください。

ナンにインドカレーと一緒に食べることが多い

日本のカレーよりも粘り気が少ないスープのようなこってりとした味わいのインドカレーとナンは相性がよく、主に北インドでカレーと一緒に食べられます。近年は日本でも、インドカレー店でカレーとナンを一緒に食べることが多くなってきました。

(*インドカレーについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

インドカレーの種類と名前を一覧で!タイプ別の特徴や作り方・レシピも紹介!

インドカレー・ナンの食べ方・手順

インドカレーとナンを一緒に食べるときの食べ方と手順は以下のとおりです。


①ナンの細い方の先から一口サイズに手でちぎる
②ちぎったナンを親指と中指で支える
③人差し指でナンを押し込み谷を作る
④③で作った谷でカレーをスプーンのようにすくって食べる


肉などの大きい具材を食べるときはスプーンですくって食べるか、具材を一口サイズに切り分けてからスプーンですくってナンの上にのせて食べます。

インド料理は、左手を使って食べてはいけないという話を聞いたことがある人もいるかも知れません。インドに住んでいるヒンドゥー教の人たちにとって左手は「不浄の手」とされているので、ナンを食べるときも器用に右手だけを使って食べます。しかし現地でも他宗教の人たちや若者など、両手で食べる人はいるので気にすることはないでしょう。

ナンのカレー以外の食べ方はある?

ナンは小麦粉、塩、水、酵母を使って作られるシンプルなパンなので、どんな食材とも相性がよく様々な食べ方ができます。カレーと一緒に食べる他にも、ナンがあれば簡単にボリュームのある朝食やランチが出来ます。

①ピザ風にして食べる

出典:https://twitter.com/akamine_y/status/1308698195589955584?s=20

大きくて平らな形をしているナンは、ピザの生地代わりにすることができます。ソースを塗ってお好みの食材をのせて焼くだけですし、ピザを作るよりも焼き時間が短いので朝食やランチにおすすめです。ナンで作ったピザは表面は香ばしく、中はもっちりとして食べごたえがあるナポリピザのようになります。

②ケバブサンド風にして食べる

出典:https://twitter.com/maimaiT4Bule/status/976315919273201665?s=20

関連する記事