インドカレーの種類と名前を一覧で!タイプ別の特徴や作り方・レシピも紹介!

インドカレーにはどんな種類があるか知っていますか?日本のカレーとはまた違う魅力を持っていますが、今回は、インドカレーを〈激辛・肉・濃厚・ヘルシー〉系別に種類を一覧で紹介します。それぞれレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. インドカレーとは?
  2. インドカレーは北・南で分かれる
  3. インドカレーと日本のカレーの違い
  4. インドカレーの種類・名前一覧【激辛系】
  5. マサラカレー
  6. インドカレーの種類・名前一覧【肉系】
  7. キーマカレー
  8. マトンドピアザ
  9. インドカレーの種類・名前一覧【濃厚系】
  10. ムルグマッカーニ
  11. パニールマッカニー
  12. インドカレーの種類・名前一覧【ヘルシー系】
  13. アルパラク
  14. ダールカレー
  15. インドカレーの種類は様々

インドカレーとは?

日本でも多くの人から人気を集めているインドカレーは、日本で主流となっているカレーとは違った特徴を持っています。まずはインドの中でも地域によって異なるカレーの種類と日本のインドカレーとの違いを紹介していきます。

インドカレーは北・南で分かれる

広大な敷地のインドでは、インドカレーも大きく北と南の2種類に分けられます。まず、北インドのカレーは、とろみが強く濃厚なルーが特徴です。シナモンやナツメグ、ガラムマサラなどスパイスをふんだんに使い、牛乳や生クリームなどの乳製品を使用します。具材はチキンやマトンなど肉類が中心なので、こってりとした味わいになるものが多いようです。

次に南インドのカレーは、北インドカレーと比べると水分が多く、スープ状なのが大きな特徴です。辛さを出す為、スパイス類も使われていますが、ココナッツミルクや酸味のあるフルーツも使われるのであっさりした食感になります。具材は肉類よりもシーフードや野菜、豆類が使われることが多いので、ヘルシー系のカレーと言えます。

インドカレーと日本のカレーの違い

日本のカレーは、一般的にじゃがいもや人参などの野菜と肉を加えて煮込んだ後、ルーでとろみをつけ、寝かせることで深い味わいを楽しめるものです。

一方、インドカレーは始めにホールスパイス、にんにくや玉ねぎ、パウダースパイスを炒め香りを出します。続いて、野菜や肉を炒めた後、水分を入れて火が通る程度に煮込み、スパイスと塩などで味付けしたものになります。インドカレーは日本のカレーと比べるととろみが少ないのも特徴と言えるでしょう。

(*インドカレー以外のカレーの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

カレーの種類は?インドだけでも様々?タイ・日本・ネパールなど各国で比較して一覧で紹介!

インドカレーの種類・名前一覧【激辛系】

激辛系インドカレーからはマサラカレーを紹介します。スパイスを使ったインドならではの激辛カレーです。辛いインドカレーが好みの方におすすめです。

マサラカレー

出典:https://www.sbfoods.co.jp/recipe/detail/06222.html

「マサラ」とは、インドでとれる香辛料の総称で、さまざまな香辛料を粉状にして混ぜたスパイスのことです。インドでは家庭によって配合が異なり、同じマサラでもいろいろな味や種類があります。汁がサラサラで、スパイシーな風味が楽しめるのもこのカレーの特徴の1つです。

マサラカレー|レシピ|S&B エスビー食品株式会社

インドカレーの種類・名前一覧【肉系】

肉がメインの肉系インドカレーからはキーママターとマトンドピアザを紹介します。肉系とは言っても、それぞれ特徴や旨味の違いがあるので説明します。

キーマカレー

関連する記事