生姜の皮は剥く?剥かない?簡単な剥き方や皮下にある栄養素と効能を紹介!

【管理栄養士監修】生姜の皮は剥いていますか?食べれるのでしょうか?今回は、生姜を皮ごと食べるメリット・効能やアルミホイル・スプーンを使った皮の剥き方を紹介します。保存している生姜の皮が黒い・赤い場合の安全性も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 片村優美
HP
ポートフォリオ
Twitter
管理栄養士All about公式ガイド、Nadia Artist。食育教室や短大の非常勤講師もしています。食は身近で重要な存在です。情報過多の時代、...
HP
ポートフォリオ
Twitter
管理栄養士All about公式ガイド、Nadia Artist。食育教室や短大の非常勤講師もしています。食は身近で重要な存在です。情報過多の時代、なにが正しくて誤りなのか分からなくなることもありますよね。普段の食生活に役立つような、正しい情報をわかりやすくご紹介していきたいです。

目次

  1. 生姜の皮は剥く?剥かない?
  2. 皮は薄く食べられるため剥かないでOK
  3. 農薬など心配な方は剥いても良い
  4. 生姜の皮ごとすりおろす・切るメリットや効能は?
  5. 栄養価が高い
  6. 香り・風味も強い
  7. 生姜の皮が黒い・赤い場合は大丈夫?
  8. 生姜の皮が茶色・黒い場合は傷んでいる
  9. 赤い・緑色の場合は問題ない
  10. 生姜の皮の簡単&無駄ない剥き方
  11. ①アルミホイル
  12. ②スプーン
  13. 剥いた生姜の皮の使い道は?
  14. ①ジンジャーティー
  15. ②牛すじの煮込み
  16. ③生姜の皮と豚ひき肉の春巻き
  17. ④生姜醤油
  18. 生姜の皮は栄養豊富

生姜の皮は剥く?剥かない?

生姜を料理で使用する時、皮を剥く場合と剥かない場合があります。どちらが正しいのか、メリットやデメリットと共に紹介します。

皮は薄く食べられるため剥かないでOK

生姜の皮は薄いので、剥かなくても問題なく食べられます。皮には栄養が多く含まれており、香りも良いので剥かない方がより生姜の風味を愉しめます。ただ、皮が付いていると食感が悪くなるといったデメリットもあるので、気になる方は剥いた方が良いでしょう。

農薬など心配な方は剥いても良い

栽培しているところによって差はありますが、生姜は比較的農薬を多く使用する野菜であると言われています。皮ごと使用して農薬を摂取するのが不安なら、皮は剥いて調理しましょう。ただ、皮の直下に栄養が多く集まっているので、皮はできるだけ薄く剥くように注意して下さい。

生姜の皮ごとすりおろす・切るメリットや効能は?

生姜の皮を剥かずにそのまま使用する事は、手間が省ける以外にもメリットがあります。皮をそのまま使う事によって期待できる効能についても見ていきましょう。

栄養価が高い

生姜にはさまざまな栄養素が含まれますが、栄養素の多くが皮と実との間に含まれています。皮を剥けばそれらの栄養素をそのまま捨ててしまう事になりますが、丸ごと頂く事で効率よく栄養素を摂取することができます。

片村優美

管理栄養士

生姜に限らず、野菜や果物はできれば皮がついたまま食べるのが理想的です。タワシを使えば汚れをきれいに落とせますので、きれいに洗って皮ごと食べましょう。

(*生姜の栄養素・効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

生姜の栄養素と効能は?加熱OK?成分を逃さない食べ方・レシピも紹介!

香り・風味も強い

生姜の皮には多くの栄養が含まれており、その中には「ジンゲロール」や「ショウガオール」といった辛味成分も含まれています。これらは消臭効果や殺菌効果など期待できるので、生姜を魚などの臭み消しで使用したい時にはとても有効です。また、血流改善も効能として期待できます。

また、「シトロネラール」や「シオネール」といった香り成分も含まれます。おろし生姜などでどうしても皮を剥きたい場合には、栄養素が極力残る様薄く皮を剥きましょう。

片村優美

管理栄養士

身体によいといわれている生姜の有効成分は、皮の部分に多く含まれます。より効果を高めたいのであれば、皮ごと食べるのがおすすめです。

生姜の皮が黒い・赤い場合は大丈夫?

通常生姜の皮は茶色ですが、皮の色が黒や赤に変わってしまう事があります。皮の色が変わると傷んでいるようにも思えますが、変色した生姜を食べても大丈夫なのでしょうか?

生姜の皮が茶色・黒い場合は傷んでいる

生姜の皮は、さまざまな色に変色しますが、茶っぽくなったり、黒ずんできた場合は傷んでいます。特に黒っぽくなった状態の生姜はかなり傷んでおり、触感も柔らかく腐った匂いも発生するので絶対に食べないようにしましょう。

ただ、生姜の一部が茶色くなった程度なら、その部分を取ってしまえば食べても問題は無い様です。全体が黒い場合はその限りでは無いので、食べずに捨てて下さい。

片村優美

管理栄養士

生姜は一度に少量しか使わないことが多いです。買い物をするときには、買いすぎないことも大切ですよ。

赤い・緑色の場合は問題ない

生姜の皮が赤や緑色に変色していると驚きますが、問題なく食べることができます。緑色に変色するのは光合成によって起こるもので、土から出た状態で育った生姜に起こります。また、皮が赤く変色するのは生姜に含まれるアントシアニンが原因です。生姜を酢漬けにすると、アントシアニンが酢に反応して変色する事があります。

生姜の皮の簡単&無駄ない剥き方

農薬が気になる時や食感が気になる時など、生姜の皮を剥いて料理に使いたい場合もあります。ここでは生姜の皮を上手に薄く剥ける方法を動画と共に紹介するので、参考にして下さい。

①アルミホイル

アルミホイルを使用すれば、かなり薄く皮を剥けるので栄養を残したい時にはぴったりです。剥き方も簡単で、丸めたアルミホイルで軽くこすっていくだけです。強くこすると実まで削ってしまうので、慣れるまでは力加減に注意しましょう。上記ではやり方を実演しているので、実際に確認してみてください。

②スプーン

アルミホイルを切らしている場合は、スプーンを使用して皮を剥く事もできます。こちらもやり方は簡単で、スプーンの淵で軽くこするだけで簡単に皮むきを行えます。ただ、比較するとスプーンよりもアルミホイルの方が薄く皮を剥けるので、可能ならばアルミホイルを準備しておきましょう。

剥いた生姜の皮の使い道は?

農薬が心配で皮を剥いた場合は使用出来ませんが、色や食感が理由で生姜の皮を剥いたのなら、色々なレシピに活用できます。皮を捨ててしまう前に、活用法をチェックしてみてはいかがでしょうか?

①ジンジャーティー

出典:https://cookpad.com/recipe/2084623

栄養たっぷりの生姜の皮を活かすなら、ジンジャーティーがおすすめです。茶葉と生姜の皮を一緒に蒸らすだけなので作り方も簡単ですし、成分をしっかり摂取することができます。生姜の風味を愉しめるので、いつもと違った紅茶を楽しみたい方にもピッタリです。

捨てないで!生姜の皮でジンジャーティー❀ by *サラーム* 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが323万品

②牛すじの煮込み

出典:https://cookpad.com/recipe/5976132

生姜の皮は、ご飯のおかずにも活用できます。こちらの料理には生姜の皮を1片分使用するので、多めに皮を使用したい時にもおすすめです。しっかりした味を愉しめて、ご飯のおかずだけでなくお酒のおつまみにもピッタリのレシピです。

とろとろの牛すじ煮込み by 峰村醸造 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが323万品

③生姜の皮と豚ひき肉の春巻き

出典:https://cookpad.com/recipe/4388743

生姜の皮を、餃子の具材に活用してみてはいかがでしょうか?生姜を使用した餃子レシピは多いですが、皮ごと活用したレシピはあまりないのでぜひチェックしてみてください。仕上げにかけられたあんかけソースが良いアクセントとなっています。

豚ひき肉と生姜の皮巻き焼き by とんこっつ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが323万品

④生姜醤油

出典:https://cookpad.com/recipe/2084554

ショウガの皮を簡単に活用したいなら、生姜醤油を作ってみてはいかがでしょうか?生姜の皮を醤油に浸して、2週間そのまま置いておくだけです。少し時間はかかりますが、放っておけば良いので簡単に作る事ができます。完成したら、お刺し身などにかけてみましょう。

捨てないで!生姜の皮で生姜醤油 by *サラーム* 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが323万品

生姜の皮は栄養豊富

生姜の皮と皮の下には、多くの栄養素や香り成分が含まれています。皮を剥かなくても食べられるので、気にならないならそのまま調理に使用しましょう。農薬などの問題でどうしても皮を剥きたい場合には、アルミホイルやスプーンを活用して薄く皮を剥くようにしましょう。

関連する記事