うにの漢字<雲丹・海栗・海船>の違いは?使い方の例文や豆知識などを紹介!

うにを漢字でどう書くか知っていますか?今回は、うにの漢字<雲丹・海栗・海胆>の使い方の違いや由来に加えて、それぞれの漢字を使った例文も紹介します。〈もずく・ヒトデ・いくら〉など、うに以外の魚介類で難読漢字についても紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. うには漢字でどう書く?
  2. うにの漢字①【雲丹】
  3. 「雲丹」の漢字は加工されたウニに対して使う
  4. 「雲丹」の漢字の使い方の例
  5. うにの漢字②【海栗】
  6. 「海栗」の漢字は生きている殻ごとのウニに対して使う
  7. 「海栗」の漢字の使い方の例
  8. うにの漢字③【海胆】
  9. 「海胆」の漢字は加工前のウニの中身に対して使う
  10. 「海胆」の漢字の使い方の例
  11. うに以外の魚介類で難読漢字はある?
  12. ①もずく:水雲・海蘊・藻付・海雲
  13. ②ヒトデ:海星
  14. ③いくら:鮭卵
  15. ④サザエ:栄螺
  16. ⑤くらげ:水母・海月
  17. うにの漢字は状態によって違う

うには漢字でどう書く?

日本はうにの消費量が世界で一番で、うにの養殖も盛んに行われ世界一の技術を持っています。私達が食べているのはうにの生殖巣で、雌の場合は卵巣、雄の場合は精巣を食べていることになります。そんなうにの漢字は以下の3つがあります。

・雲丹
・海栗
・海胆


今回は、それぞれの漢字をどのように使い分けるのかを解説します。

うにの漢字①【雲丹】

一つ目は雲丹という漢字ですが、一般的にはこの漢字が一番馴染み深いのではないでしょうか。まずは、雲丹が指すうにの状態や漢字の使い方を紹介します。

「雲丹」の漢字は加工されたウニに対して使う

雲丹は、殻から外し生殖巣をミョウバン水で洗ってから箱に詰めたものや塩漬けなどにして加工したうにを指す漢字です。雲丹は中国由来の漢字で、集まるという意味の「雲」と赤いという意味の「丹」が組み合わさった言葉です。

「雲丹」の漢字の使い方の例

雲丹の使い方の例は次のようになります。

・ミョウバンを使って加工された雲丹は身崩れせず、日持ちがする。
・炊きたてのご飯に雲丹をのせて雲丹丼を作る。
・瓶雲丹を使うと、雲丹のクリームパスタが簡単にできる。


雲丹という漢字は加工されたうにのことを指すので、料理のメニューやレシピでよく使われる漢字です。瓶雲丹などの加工食品にも使える漢字なので覚えておきましょう。

うにの漢字②【海栗】

続いては栗の殻を彷彿とさせる、うにのイメージに合った漢字でもある、海栗が指すうにの状態や漢字の使い方を紹介します。

「海栗」の漢字は生きている殻ごとのウニに対して使う

海栗はウニ綱に属する、ヒトデやなまこと同じきょくひ動物を総称する言葉です。海栗という漢字は、トゲに包まれたうにの見た目がイガ栗と似ていることに由来しています。海栗は、イガ栗のような状態の殻ごとの生きているうにを指します。

「海栗」の漢字の使い方の例

海栗の使い方の例は次のようになります。

・ガンガゼという種類の海栗のトゲには毒がある。
・海栗はトゲを動かしながら管足を使ってゆっくりと移動する。
・海栗は雌雄異体のものが多いが、なかには雌雄同体のものもいる。


海栗という漢字は殻に入った生きているうにのことを指すので、基本的には海の中にいる状態のものや水揚げされてすぐの新鮮な状態を指します。お店などで売られている状態のうにのことを海栗と称することはほとんどないでしょう。

うにの漢字③【海胆】

最後のうにの漢字である海胆はどのような状態のものを指し、どのような使い方をするのでしょうか。少し違いが分かりづらいかもしれませんが、理解しておくと海鮮料理のお店で役に立つかもしれません。

「海胆」の漢字は加工前のウニの中身に対して使う

海胆という漢字は、うにの食べることができる部分が生物の内臓のような見た目をしているため、内臓を表す漢字である肝と同じ意味の胆が使われたことが由来とされています。海胆は加工される前の生のうにの生殖巣のことを指し、殻の部分は含みません。

「海胆」の漢字の使い方の例

海胆の使い方の例は次のようになります。

・殻に入ったままの海胆をスプーンですくって食べる。
・海胆はかたちが崩れやすいので、流通には不向きだ。
・卵巣の海胆よりも精巣の海胆の方が味が濃く、美味しいと言われている。


海胆は、うに漁やうにの養殖が盛んな地域で見かけることが多い漢字です。寿司店や日本料理店などでも殻に入ったままの状態で提供されることがあり、それも海胆と呼びます。

うに以外の魚介類で難読漢字はある?

うにには3つの漢字が使われていることを紹介しましたが、うに以外の魚介類の中にも難読漢字の生物がいます。外食の際に役立つ場合もあるので、興味のある方はぜひ覚えてみてください。

①もずく:水雲・海蘊・藻付・海雲

もずくの漢字は水雲、海蘊 、藻付、海雲の4つがあり、うにとは異なり状態によって使用する漢字が変化するわけではありません。天然のもずくは藻に付くため、「藻付」という和名が付けられました。水雲は漢名で、水に浮かぶ雲のようなその様子から名付けられたようです。

②ヒトデ:海星

うにと同じきょく皮動物であるヒトデは、漢字で海星と書きます。ヒトデの名前の由来は、一般的に5本の腕を持ち平たい星型の五角形をしていて人の手のようだと漁師が名付けたことがきっかけです。海星という漢字表記は、その形が星に似ていることからつけられ、海外でもヒトデを星に見立てている国は多いです。

③いくら:鮭卵

サケやマスなどの筋子の卵巣膜を取り除き、卵を1粒ずつに分けたものをいくらと呼びます。いくらはもともとロシア語からきていて和名はありませんが、漢字では鮭卵と表記されることがあります。

④サザエ:栄螺

こぶし状の太いトゲのような突起を持つ巻き貝の1種であるサザエは漢字で栄螺と書きます。サザエという名前は殻を小さい家に見立てたことに由来しており、小さいという意味を持つ「ささ」と家の意味を持つ「え」を組み合わせたものだと言われています。

なお、漢字にはサザエの音と似ている「栄(さかえ)」と、巻貝を意味する螺を組み合わせたとされる説が有力です。

⑤くらげ:水母・海月

くらげには水母と海月の2つの漢字があります。水母は中国由来の漢字だと言われていますが、はっきりとは分かっていません。海月はくらげが海面に映る月のように見えることからこの漢字が使われるようになりました。

うにの漢字は状態によって違う

うにには雲丹・海栗・海胆の3つの漢字があり、そのうにの状態によって使われる漢字が異なることが分かりました。寿司屋などで見かけることが多い漢字は雲丹ですが、うに漁が盛んな地域では海栗や海胆にも出会えるかもしれません。うにを食べるときには、意識して食べてみてください。

関連する記事

×