バレンタインで渡すお菓子の意味15選を一覧で!チョコ・クッキーなど種類別に!

【2022年】バレンタインのお菓子の意味を知っていますか?今回は、バレンタインのお菓子の<チョコ・クッキー>種類別の意味&渡す相手を一覧で紹介します。バレンタインの特に意味を持たないお菓子の種類なども紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. バレンタインのお菓子の意味&相手一覧【15選】
  2. ①クッキー
  3. ②チョコレート
  4. ③バームクーヘン
  5. ④マカロン
  6. ⑤カップケーキ
  7. ⑥マロングラッセ
  8. ⑦マドレーヌ
  9. ⑧キャラメル
  10. ⑨マシュマロ
  11. ⑩グミ
  12. ⑪キャンディー
  13. ⑫ティラミス
  14. ⑬ドーナツ
  15. ⑭金平糖
  16. ⑮フィナンシェ
  17. バレンタインの特に意味がないお菓子は?
  18. 決めるのが面倒な時におすすめのお菓子
  19. バレンタインにお菓子以外を渡す?
  20. バレンタインのお菓子以外のおすすめ
  21. お菓子の種類別の意味について知っておこう

バレンタインのお菓子の意味&相手一覧【15選】

お菓子の種類名 お菓子の意味 渡す相手
クッキー 友達でいよう 友達
チョコレート あなたの気持ちをそのままお返しします 恋人・好きな人・友達
バームクーヘン 幸せが重なり長く続きますように 恋人・好きな人・友達
マカロン あなたは特別な人 好きな人・恋人
カップケーキ あなたは特別な人 好きな人・恋人
マロングラッセ 永遠の愛を誓う 恋人
マドレーヌ もっと仲良くなりたい 好きな人・恋人・友達
キャラメル 一緒に居ると安心できる 好きな人・恋人・友達
マシュマロ あなたの事が嫌い 嫌いな人
グミ 嫌い 嫌いな人
キャンディー 壊れない関係 恋人・好きな人
ティラミス 私を元気づけて 恋人
ドーナツ あなたが大好き 恋人・好きな人
金平糖 あなたが好き 恋人・好きな人
フィナンシェ あなたに優しくしたい 恋人・好きな人・友達

女性から男性にお菓子を贈る日として浸透しつつあるバレンタインですが、お菓子によって込められている意味が異なり、渡す相手も変わることを知らない人は多いかもしれません。それぞれのお菓子の意味を理解して、バレンタインには適切なお菓子を贈りましょう。

①クッキー

クッキーには「友達でいよう」「あなたとは友達」という意味があるため、下記のような相手に渡すのに適しています。

・友達

クッキーは食感がサクサクしていて軽いため、ライトな関係である友達の意味合いを持つようになったとも言われています。好きな相手や目上の人に渡すのには適していないので覚えておきましょう。

②チョコレート

バレンタインデーと言えばチョコレートという程、メジャーで浸透しているお菓子ですが、チョコレートには「あなたと同じ気持ち」という意味が込められています。

・友達
・恋人
・好きな人
・上司


あなたと同じ気持ちという意味なので、どのような相手にもプレゼント出来るのが特徴です。チョコレートは、フレーバーや価格帯、見た目も様々なため、贈る相手によって中身を変えて差をつけるのも一つの手です。

③バームクーヘン

バームクーヘンは何層にも重なりながら作られる事から、「幸せが重なるように」という意味が込められています。

・恋人
・好きな人
・友達


どのような相手にも幸せを願って贈る事が出来るお菓子と言えるでしょう。結婚式の引出物としてよくバームクーヘンが選ばれるのもこのような理由に由来しているそうです。

(*バームクーヘンを贈る意味について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

バームクーヘンの贈り物の意味は?ホワイトデーのお返し&お祝い事におすすめ?

④マカロン

マカロンは高級感のあるお菓子のため、「あなたは特別な人」という意味を込めて特別な人に贈るお菓子と言われています。

・恋人
・好きな人


手作りするのは手間がかかりますが、本命の相手に愛を込めて作ってみるのも良いでしょう。チョコレートや抹茶、フルーツなど様々なフレーバーがあり、見た目も鮮やかでかわいらしいので食べる前にも楽しめるのが特徴です。

(*マカロンをプレゼントする意味について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

マカロンをプレゼントする意味は?バレンタイン&ホワイトデーに好きな人におすすめ?

関連する記事

×