出世魚「ブリ」の名前の変化と順番は?成長過程・地域別に比較して紹介!

出世魚「ブリ」について知っていますか?名前はどうやって変わっていくのでしょうか?今回は、出世魚「ブリ」の出世の順番・成長過程ごとの名前の変化を地域別に紹介します。ブリと似た魚「カンパチ・ヒラマサ」についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 出世魚「ブリ」は成長過程で名前が変わる?
  2. 出世魚の定義と名前の由来
  3. ブリ出世の順番・成長過程
  4. 出世魚「ブリ」の地域別の呼び方の変化
  5. ①関東地方
  6. ②関西地方
  7. ③三陸地方
  8. ④北陸地方
  9. ⑤富山県
  10. ブリに似た魚「カンパチ・ヒラマサ」との違いは?
  11. ①カンパチについて
  12. ②ヒラマサについて
  13. ブリは成長過程で名前が変わっていく出世魚

出世魚「ブリ」は成長過程で名前が変わる?

日本には出世魚と呼ばれる魚がいくつかあり、ブリもその一種です。しかし、出世魚の定義を正しく説明できる人は少ないかもしれません。ここでは、出世魚であるブリは成長過程で名前が変わるのかについて詳述します。

出世魚の定義と名前の由来

出世魚とは、稚魚から成魚になるまでの過程で名前が変わる魚と定義されています。出世魚は稚魚と成魚では大きさがかなり違い、調理に用いる際に名前が同じだと判別しにくいことから呼び名を変えるようになったと言われているそうです。

なお、江戸時代までの日本においては元服や出世に伴って名前を変える習慣があったことから、この出世に見立てて名前が変わる魚を出世魚と呼ぶようになったと言われています。そのため出世魚は縁起物としても用いられ、現在でも慶事に使われることが多いです。

ブリ出世の順番・成長過程

ブリは成長過程によって、呼び名が変わります。ブリの出世の順番と名称、成長過程の目安は、以下の通りです。

・モジャコ:体長が10cm未満の稚魚
・ワカシ:体長が10~30cm
・イナダ:体長が30~60cm
・ハマチ:体長が60~80cm
・ブリ:体長が80cm以上の成魚


上記からも分かる通り、ブリは成長過程で大きさにかなりの違いがあります。成長過程に応じた呼び名は地方によって異なるため、上記の呼び名ではない場合もあります。他の地域でのブリの呼び名については後述するので参考にしてください。

出世魚「ブリ」の地域別の呼び方の変化

出世魚であるブリは日本各地で水揚げされるため、地域によって成長過程の順番に応じた名前が異なります。ここでは、出世魚であるブリの地域別の呼び方の変化を、稚魚から成魚までの順番に紹介します。

①関東地方

出世魚であるブリの関東地方での呼び方の変化は、以下の通りです。

・モジャコ:体長35cm未満の稚魚
・ワカシ:体長が35cm以下
・イナダ:体長が35~60cm
・ワラサ:体長が60~80cm
・ブリ:体長が80cm以上の成魚


関東地方では前述した呼び名のうち、ハマチがワラサの名前で呼ばれていますが、そのほかは同じです。稚魚から成魚までの間に、名前は4回変わります。

②関西地方

ブリの関西地方での呼び方の変化は、以下の通りです。

・ワカナゴ:体長が10cm未満の稚魚
・ツバス:体長が10~30cm
・ハマチ:体長が30~60cm
・メジロ:体長が60~80cm
・ブリ:体長が80cm以上の成魚


一般的にはハマチは体長が60~80cmのものをさしますが、関西地方では通常イナダとされる体長が30~60cmのものをハマチと呼ぶので注意が必要です。一般的にはハマチとされるサイズのものの呼び名がメジロとなっているので、こちらも間違えないようにしましょう。

③三陸地方

ブリの三陸地方での呼び方の変化は、以下の通りです。

・アオ、コズクラ:体長が20cm以下の稚魚
・フクラギ:体長が20~30cm
・アオブリ:体長が30~40cm
・ハナジロ:体長が40~60cm
・ガンド:体長が60~70cm
・ブリ:体長が70cm以上の成魚


関東地方や関西地方では5つの成長段階に分けて名前が変わっていましたが、三陸地方では上記からも分かる通り成長過程で6回名前を変えます。また、ブリと呼ばれる段階も他の地方に比べて少し小さめなのが特徴です。

④北陸地方

ブリの北陸地方での呼び方の変化は、以下の通りです。

・ツバス、ツバイソ:体長が20cm以下の稚魚
・コズクラ:体長が20~30cm
・ハマチ:体長が30~40cm
・フクラギ:体長が40~60cm
・ガンド、ガンドブリ:体長が60~70cm
・ブリ:体長が70cm以上の成魚


北陸地方でも、三陸地方と同様に成長過程に応じて6回名前が変わります。フクラギ・ガンドの呼び名は三陸地方と共通しているものの、フクラギの大きさは三陸地方とは異なる点に注意が必要です。なお、ブリと呼ばれるようになる大きさは、三陸地方と共通してやや小さ目となっています。

⑤富山県

ブリの富山県での呼び方の変化は、以下の通りです。

・ツバイソ:体長10cm以下の稚魚
・ツバス:体長が10~20cm
・コズクラ:体長が20~30cm
・フクラギ、フクラゲ:体長が30~60cm
・ガンド:体長が60~70cm
・ブリ:体長が70cm以上の成魚


富山県は北陸地方の一部であるものの、前述した北陸地方での呼び名とは異なっており、同じフクラギと呼ぶものでも大きさが違います。しかし、70cmになった時点でブリと呼ぶ点では共通しているようです。

ブリに似た魚「カンパチ・ヒラマサ」との違いは?

ブリに似た魚にカンパチとヒラマサがありますが、これらも出世魚なのでしょうか。ここではブリとカンパチ、ヒラマサの違いについて詳述します。

①カンパチについて

出典:https://twitter.com/tosa_sakanaya/status/1316925868908941313?s=20

カンパチはブリと同じスズキ目アジ科に分類される、ブリより体長が短い魚です。カンパチの顔をブリと比較すると丸く、体の色も黄色味を帯びています。皮を引いた身の色はカンパチは銀色ですが、ブリはキレイな白色です。

カンパチとブリでは味に大差はありませんが、血合いの劣化スピードに違いがあるので、夏場や持ち帰り用の刺身や寿司にはカンパチが使われるのが一般的です。なお、カンパチもブリと同様に成長に応じて名前が変わる出世魚とされています。

②ヒラマサについて

出典:https://twitter.com/Ajing_tritter/status/1315825610514591747?s=20

ブリに似ているヒラマサも、ブリと同じスズキ目アジ科に分類され、見た目はブリとカンパチの中間にあります。ヒラマサの体はブリと比較すると平たく、顔も短めで口元が丸くなっています。またヒラマサは、胸ビレより腹ビレの方が長いので見分けやすいです。

刺身にするとブリの身は赤身を帯びて血合いも濃いですが、ヒラマサの身は淡いピンク色です。ヒラマサの身はブリより締まっており、歯ごたえのある食感で味も上品なため、高級魚として流通しています。ただし、ヒラマサは出世魚ではないので、成長に伴う名称の変更はありません。

ブリは成長過程で名前が変わっていく出世魚

今回は、出世魚であるブリの出世の順番・成長過程ごとの名前の変化を地域別に紹介しました。ブリは出世を象徴する縁起物ともされており、日本では正月料理としても食べられています。縁起が良い上に栄養も豊富な魚なので、ぜひ日々の食事でもブリを食べてみてください。

関連する記事