マンボウの刺身は食べられる?味・食感は?寄生虫が多くても安全な理由とは?

マンボウは刺身などで食べられると知っていますか?それ以外にも、マンボウには食べ方があります。今回は、マンボウの〈身・腸・肝〉の味わいや食べ方を紹介します。寄生虫の懸念やマグロの代わりになるマンボウについても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. マンボウは食べられる?味は美味しい?
  2. マンボウの身は刺身にして食べられる
  3. マンボウの刺身の味わい・食感
  4. マンボウは腸・肝も食べられる!味・食感は?
  5. マンボウの腸の味わい・食べ方
  6. マンボウの肝の味わい・食べ方
  7. マンボウは寄生虫だらけって本当?食べても安全な理由は?
  8. マンボウに寄生虫が多いのは本当
  9. マンボウを捌く・調理する段階で寄生虫は取り除かれているので食べても大丈夫
  10. マンボウを食べられる地域とは?どこに売ってる?
  11. 日本では少ないが海外では一般的な地域もある
  12. マンボウはマグロの代わりになるって本当?
  13. マグロの身と似ているのはアカマンボウ
  14. マンボウを使った料理レシピ
  15. ①マンボウの竜田揚げ
  16. ②マンボウの照り焼き
  17. ③マンボウのフライ
  18. マンボウを食べてみよう

マンボウは食べられる?味は美味しい?

水族館で飼育されているマンボウを観賞用だと思い込んでいる人もいるようですが、地域によっては食用として販売されています。そう聞くと、マンボウはどんな味がするのかが気になるところです。ここではマンボウは食べられるのか、味は美味しいのかを取り上げます。

マンボウの身は刺身にして食べられる

マンボウはフグ目マンボウ科に属しており、食べることができます。マンボウの身は、生刺身としても食べることができますが、しっかり下処理をする必要があります。その理由はマンボウの体内に存在する「寄生虫」にあり、それについての詳細は後ほど解説します。

マンボウの刺身の味わい・食感

マンボウは白身魚の一種で、刺身にした見た目は一見イカのようで、食感は鶏のささ身に似ているとされています。しかし口に含むと身は柔らかく、淡泊ながらも上品な味が広がり美味しいです。そのため、マンボウが獲れる地域では、家庭でも刺身が食卓にのぼるようです。

マンボウは腸・肝も食べられる!味・食感は?

マンボウはその身を刺身にして食べるだけでなく、腸や肝を料理して食べることでも知られています。しかし、マンボウの腸や肝の味がイメージできず、美味しいのかを疑問視する人もいることでしょう。ここでは、マンボウの腸や肝の食べ方や適した料理を紹介します。

マンボウの腸の味わい・食べ方

マンボウは長い腸を持っており、刺身にする身より美味しいとされています。牛や豚のホルモンと同様に、焼いて食べるのが主流です。牛や豚のホルモンよりマンボウの腸の方が柔らかい食感ですが、しっかりと歯ごたえはあります。

またマンボウの腸は鮮度が下がると臭みが強まるため、干物にして食べることも多いようです。新鮮なマンボウの腸の大半は、地元で消費されていると考えられます。

マンボウの肝の味わい・食べ方

マンボウは魚の中でも肝が大きく、内臓の3分の1を占めています。そして、マンボウの肝は特有のクセがあるものの、刺身にする身より旨味が強いようです。マンボウの産地では肝に辛子味噌と身を加えた和え物にしたり、肝と身を味噌で炒り煮にして食べます。しっかり脂がのっており、ご飯のおかずにもお酒のおつまみにもなります。

関連する記事