チャバタとはどんなパン?食べ方やフォカッチャとの違いは?レシピのおすすめも紹介!

チャバタとはどんなパンなのかや、意味について知っていますか?今回は、チャバタの味わい・食感や、カロリーに加えて、フォカッチャとの違いや、作り方なども紹介します。チャバタの美味しい食べ方や、人気アレンジレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. チャバタとは?
  2. チャバタとはイタリア北部の伝統的なパン
  3. チャバタの味わい・食感
  4. チャバタのカロリー
  5. チャバタとフォカッチャの違いある?
  6. フォカッチャをスリッパの形にしたのがチャバタ
  7. チャバタの作り方は?
  8. 材料
  9. 作り方・レシピ
  10. チャバタの美味しい食べ方は?
  11. チャバタをオリーブオイルにつけて食べる
  12. チャバタの人気アレンジレシピ
  13. ①チャバタサンド
  14. ②チャバタでパニーニ
  15. ③チャバタサラダ
  16. ④フレンチトースト
  17. ⑤みそチャバタ
  18. ⑥チャバタを使ったチーズバーガー
  19. ⑦チャバタトースト
  20. チャバタを食べてみよう

チャバタとは?

チャバタはあまり日本人になじみ深いパンではないため、その名前を聞いてすぐにどんなパンかを思い浮かべられる人は少ないかもしれません。ここでは、チャバタとは何かについて、味わいや食感も交えて紹介します。

チャバタとはイタリア北部の伝統的なパン

チャバタとは、イタリア北部にあるロンバルディア地方で発祥したとされる伝統的なパンをさします。チャバタはイタリア語でスリッパを意味する言葉で、平べったいパンの形状がスリッパに似ていることからそう呼ばれるようになりました。チャバタは製造する際にバターや牛乳を使用しないヘルシーなパンなので、近年では日本でも人気が高いです。

チャバタの味わい・食感

チャバタは小麦粉と水、オリーブオイル、塩、酵母だけで作られており、パンの皮は薄くなっています。サクサクしたパンの皮と、多くの気泡を含んだ内部のしっとりもちもちとした食感の違いが楽しめます。食べると口に小麦特有の甘みと旨味が広がる、シンプルな美味しさです。

チャバタのカロリー

カロリー 1日の摂取カロリーの占める割合
チャバタ(100g) 271kcal 12%

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

チャバタと比較されることが多いフランスパンは100gで279kcalですが、いずれもバターや牛乳を使用しないことからカロリーが同程度になっています。なお、チャバタはあっさりした味わいで食べやすいので、食べ過ぎないように注意が必要です。

チャバタとフォカッチャの違いある?

イタリア発祥のパンと聞くと、チャバタではなくフォカッチャを連想する人の方が多いかもしれません。このチャバタとフォカッチャにはどんな違いがあるのでしょうか。ここでは、チャバタとフォカッチャの違いについて詳述します。

フォカッチャをスリッパの形にしたのがチャバタ

チャバタもフォカッチャも、イタリアが発祥の平べったい形状のパンで材料も同じですが、一番の違いはチャバタがスリッパのような形をしていることです。つまり同じ材料で作られているものの、平たく焼いた場合はフォカッチャ、スリッパのような長方形にした場合はチャバタと呼びます。

チャバタの作り方は?

バターや牛乳を使わないチャバタは自宅でも簡単に作ることができ、イタリア料理に添えるとおもてなしの際などに喜ばれそうです。ここでは、チャバタの材料と作り方を詳述します。

関連する記事

×