うな次郎の味はまずい?食べた人の口コミは?本物のうなぎの蒲焼と比較して紹介!

うな次郎の味はまずいのかどうか知っていますか?今回は、うな次郎と本物のうなぎの蒲焼の<味わい・食感>を比較して、うな次郎を食べた人の口コミとともに紹介します。うな次郎の原材料や値段に加えて、購入方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. うな次郎とは?
  2. うな次郎とは魚のすり身で作られたうなぎの蒲焼風の食べ物
  3. うな次郎の食べ方
  4. うな次郎の値段
  5. うな次郎とうなぎの蒲焼の<味・食感>は似ている?
  6. ①味わいを比較
  7. ②食感を比較
  8. うな次郎は美味しい?まずい?【口コミ】
  9. うな次郎を食べて美味しいと感じた人の口コミ
  10. うな次郎を食べてまずいと感じた人の口コミ
  11. うな次郎の購入方法は?
  12. ①イオンなどのスーパーで購入する
  13. ②通販で購入する
  14. うな次郎を食べてみよう

うな次郎とは?

出典:https://www.ichimasa.co.jp/

うな次郎という食品を聞いたことがない人は、どのような食品か想像がつかないかもしれません。ここではうな次郎とはどのような食べ物なのか、食べ方や値段といった基本的なことを紹介します。

うな次郎とは魚のすり身で作られたうなぎの蒲焼風の食べ物

うな次郎は、魚のすり身で作られたうなぎの蒲焼風の食べ物で、うなぎに味や食感を似せた蒲鉾の一種です。発売開始当初は原材料の一つとしてうなぎエキスも使用されていましたが、現在ではうなぎエキスも使われなくなり、一切うなぎ由来の原料は含まれていません。

うな次郎の食べ方

うな次郎は電子レンジで温めて食べることができ、500ワットの電子レンジなら1枚あたり40秒、2枚なら1分、600ワットの場合は1枚30秒、2枚なら50秒です。なお、うな次郎は基本はかまぼこなので温めずにそのまま食べることもできますが、メーカーは温めて食べることをおすすめしています。

温めたものをご飯にそのまま乗せて、うな丼風にして楽しむこともできますが、弁当に入れたりトーストに乗せたりといったアレンジをする人もいます。

うな次郎の値段

うな次郎の値段は税抜き価格で361円がメーカー希望小売価格になります。実際の販売価格は店舗によっても異なりますが、300円前後で販売されていることが多いです。輸入うなぎでも1000円を超えるものもあることから、それに比べると非常に値段は安いといえます。

うな次郎とうなぎの蒲焼の<味・食感>は似ている?

うなぎが好きな方なら、うな次郎とうなぎの蒲焼の味がどれだけ似ているのか気になるところではないでしょうか。ここからは、うな次郎と本物のうなぎの蒲焼きの味や食感を比較して解説します。

①味わいを比較

うな次郎に使われているたれは静岡県浜松市にあるうなぎ屋の名店のたれを再現したもので、本物のうなぎの蒲焼きに近い味わいを楽しめると評判がいいです。ただし、うな次郎の身はうなぎの持ち味である脂ののりの良さがないため、さっぱりとしすぎて物足りないと感じる方もいます。

②食感を比較

うな次郎の身についてははんぺんに似ているといった感想が多く、うなぎを再現しきれていないようですが、皮の焼き目についてはうなぎを再現できているととても評判がいいです。この皮についても魚のすり身で作られていて、再現度の高さに驚く方も少なくありません。

温かいものと冷めたものでも食感は変わるので、よりおいしさを追求したいのなら温めて食べるのがいいでしょう。

うな次郎は美味しい?まずい?【口コミ】

うな次郎がうなぎに似せた蒲鉾だということはわかりましたが、肝心なのは味です。ここでは、うな次郎が美味しいのかまずいのか、実際に食べた人の口コミを紹介します。

うな次郎を食べて美味しいと感じた人の口コミ

関連する記事