かまぼこは冷凍保存できる?日持ち期間は?お弁当向けの解凍方法やリメイクレシピも紹介!

かまぼこは冷凍で保存できるのでしょうか?かまぼこは、お正月の料理やおつまみなどで馴染みの深い食材です。今回は、かまぼこを冷凍保存する方法や日持ち期間のほか、解凍のコツも紹介します。かまぼこの賞味期限が切れた時の見分け方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. かまぼこは冷凍保存できるのか?
  2. 味や食感が若干変わってしまう
  3. かまぼこは冷凍するメリットもある?
  4. ①味が染み込みやすくなる
  5. ②調理の手間が省ける
  6. ③保存がきく
  7. かまぼこを冷凍保存する方法・日持ち期間は?
  8. 冷凍での保存方法
  9. 保存期間
  10. かまぼこを冷凍保存するポイントは?
  11. ①短時間でできる限り早く冷凍する
  12. ②保存する際に素手で触って雑菌をつけない
  13. ③冷凍用保存袋に入れて保存する
  14. 冷凍のかまぼこを解凍する方法は?
  15. ①弁当に入れて自然解凍
  16. ②電子レンジでチン
  17. ③凍ったまま調理しても問題ない
  18. 冷凍かまぼこが賞味期限切れた時の見分け方は?
  19. 賞味期限が切れたかまぼこの特徴
  20. 冷凍かまぼこのアレンジレシピ
  21. ①木の葉丼
  22. ②三つ葉とかまぼこのわさび醤油和え
  23. ③フライパンで作る茶碗蒸し
  24. ④かまぼこフライ
  25. かまぼこを正しく保存して日持ちさせよう

かまぼこは冷凍保存できるのか?

かまぼこを使いきれずに余らせた時は、通常は冷蔵庫で保存しますが、冷凍で長く保存できると便利です。かまぼこは他の食材のように、冷凍保存できるのでしょうか。ここでは、かまぼこの冷凍保存の可否や冷凍による変化について説明します。

味や食感が若干変わってしまう

かまぼこは冷凍することも可能ですが、味や食感が若干変わってしまうのがデメリットです。かまぼこは水分を含んでいる食材で、冷凍することで水分が抜け落ち、弾力が増します。そのため、冷蔵保存しているかまぼこと比べると、かまぼこ特有の味やなめらかさ・歯ごたえなどの食感が若干変わったように感じるでしょう。

ただし、冷凍したかまぼこに合う調理方で食べれば美味しく食べられるので、かまぼこを冷凍した場合は調理法に工夫するのがおすすめです。

ゆみ

(40代)

お正月に余っちゃって冷凍したかまぼこをチンして食べてみたけど、味もニオイも普通にかまぼこ。チンしても意外とイケる!と思いました。ただ、生のかまぼこを期待して食べるとやっぱり味わいが若干違くて、歯ごたえも少し出たような?やっぱり生の方が美味しいかなー。

かまぼこは冷凍するメリットもある?

冷凍したかまぼこは味や食感が変わると聞くと、品質が落ちるように感じるかもしれませんが、実際には冷凍によって得られるメリットもあります。ここでは、かまぼこを冷凍することのメリットを紹介するので参考にしてください。

①味が染み込みやすくなる

冷凍保存したかまぼこは、中の水分が抜け落ちて小さな気泡のような穴ができますが、その穴に煮汁や調味料などが入りやすくなる影響で味がしみ込みやすくなるといったメリットがあります。そのため、冷凍のかまぼこは汁物や鍋料理に適しており、また炒め物などに使っても他の具材のうま味や調味料を吸い込んで美味しく仕上がります。

②調理の手間が省ける

かまぼこを使いやすい大きさに切って冷凍しておくと、料理の際は包丁いらずで調理の手間が省けるため、調理時間の短縮につながります。保存する際は使う時の手間も考えて、色々な大きさや厚さに切っておくのもおすすめです。

③保存がきく

かまぼこを開封した後は冷蔵ではあまり日持ちしませんが、正しい方法で冷凍しておけば、冷蔵に比べて長く保存できます。かまぼこを買い過ぎた時や余らせてしまった時などには、上手に冷凍保存を活用すると良いでしょう。冷凍保存したかまぼこは、おかずが一品足りない時やお弁当のおかずなどにも、役立つ食材です。

かまぼこを冷凍保存する方法・日持ち期間は?

かまぼこをなるべく適切な状態で冷凍するために、どのようにすればよいのでしょうか。ここでは正しく冷凍保存する方法やポイントのほか、日持ち期間について解説します。

冷凍での保存方法

かまぼこの冷凍での保存方法は以下の通りです。

1.板から外す
2.かまぼこを調理しやすい大きさにカットする
3.ステンレスのトレーにラップを敷き、重ならないように少し離して並べる
4.上からラップをかけ空気を押し出し、冷凍庫に入れる
5.かまぼこが凍ったらトレーごと取り出す
6.ラップで包んで冷凍用保存袋に入れて密封し、再度冷凍する


かまぼこの板は冷蔵保存の際のカビ防止に役立ちますが、冷凍保存の時にはかまぼこを切り分ける必要があるのであらかじめ切って外します。冷凍する際は、空気に触れると酸化や乾燥を起こすので、なるべくかまぼこを空気に触れない状態で保存するのがポイントです。

なお、冷凍したときにかまぼこに厚みがあると気泡のような穴が開きやすく、薄く切れば冷凍スピードが上がるため穴が開きにくいので、切る厚さにも気を付けてください。

保存期間

冷凍したかまぼこは、2~3週間ほどの保存期間であれば、美味しく食べられるでしょう。保存期間が長くなると、その分水分が抜けて乾燥し、冷凍やけを起こすこともあります。基本的に家庭での冷凍で長期保存はおすすめできないので、なるべく早めに食べ切るようにして下さい。

かまぼこを冷凍保存するポイントは?

冷凍での保存方法や保存期間については分かりましたが、かまぼこを冷凍する際に気を付ける点はあるのでしょうか。ここでは、かまぼこを冷凍保存するときのポイントをいくつか紹介するので参考にしてみてください。

①短時間でできる限り早く冷凍する

かまぼこを冷凍保存する際は、短時間でできる限り早く冷凍することが大切です。かまぼこを含む多くの食品は、時間をかけて冷凍すると氷の結晶によって細胞が破壊され、急激な品質の劣化を招いてしまいます。できる限り短時間で凍結させることでこの細胞の破壊を防ぎ、解凍後の味や品質を良い状態に保つことが可能です。

ただし、家庭用の冷凍庫は業務用の冷凍庫に比べて凍結までには時間がかかるのが一般的です。そのため、熱伝導率の高いステンレスのトレーにのせたり急速冷凍モードなどを活用したりして、なるべく早く冷凍できるように工夫しましょう。なお、かまぼこを薄めに切って、重ならないように個別にラップに包むことも、早く冷凍することに役立ちます。

②保存する際に素手で触って雑菌をつけない

水分を多く含むかまぼこは、雑菌が付着すると繁殖しやすく傷みやすいので、保存する際にはかまぼこを素手で触って手の雑菌を付けないように注意してください。保存のための処理をする際には、調理用手袋をつけるなど衛生面に配慮し、冷凍前にカットする場合も包丁を熱湯にくぐらせ消毒してから使うのがおすすめです。

③冷凍用保存袋に入れて保存する

かまぼこを冷凍保存する際は、ラップで包むだけでも良いと感じるかもしれませんが、ラップだけでは空気を通すので冷凍用の保存袋に入れて保存するのがおすすめです。かまぼこがある程度凍ったら、冷凍庫から出してラップで包み、冷凍用の保存袋にまとめて入れましょう。

その際、できるだけ保存袋の中の空気を抜くようにすると、乾燥や酸化を防いで美味しい状態を保ちやすくなります。

冷凍のかまぼこを解凍する方法は?

冷凍したかまぼこを調理に使う際、薄く切っていれば早く溶けそうですが、どのように解凍すればいいのでしょうか。かまぼこを解凍する方法を紹介するので、ぜひ試してみてください。

①弁当に入れて自然解凍

かまぼこの解凍は、凍ったままお弁当に入れて自然解凍することが出来ます。この方法は、昼ごろには解凍されてちょうど良い状態になる上に、保冷材の代わりにもなっておすすめです。また、かまぼこを入れることで、お弁当の彩りも良くなるでしょう。

②電子レンジでチン

冷凍したかまぼこをすぐに調理に使いたいときは、電子レンジで温めて解凍することも可能です。その際の加熱時間は厚いもので30秒程度、薄いものは15秒ほどで、様子を見ながら温めましょう。加熱しすぎると水分が蒸発して美味しく食べられなくなるので注意してください。

③凍ったまま調理しても問題ない

汁物や鍋料理に冷凍したかまぼこを使いたい場合は、凍ったまま入れても問題ありません。凍ったままのかまぼこには味が染み込みやすいので、解凍と同時にだしの味や調味料がなじみます。ほかにも、炒め物などでも凍ったままのかまぼこは活用でき、他の具材と一緒に炒めるだけなので調理も簡単です。

冷凍かまぼこが賞味期限切れた時の見分け方は?

冷凍したかまぼこの賞味期限は2~3週間ですが、賞味期限が切れるとどのように変化するのでしょうか。冷凍の状態で賞味期限が切れていても、見た目では判断がつきにくいので、見分け方を知っておけば便利です。

賞味期限が切れたかまぼこの特徴

賞味期限が切れた冷凍かまぼこの特徴は次の通りです。

・水分がなくなり乾燥している
・冷凍やけを起こしている
・酸っぱい臭いがする
・腐敗臭がする
・酸味がある
・粘り気がある
・触ると糸を引く
・カビが生えている


かまぼこを長期間冷凍すると、乾燥が進んだり冷凍やけを起こし、美味しく食べられない状態になります。また、かまぼこを冷凍保存する前に常温に長く放置したなど、冷凍前に傷んでいた場合は解凍した際に臭いや味に異変が見られることもあります。

冷凍庫から出した時点では異変が見られなくても、解凍時や調理時などに異変を感じた場合は食べると食中毒などを起こす可能性があるので、食べずに廃棄してください。

(*かまぼこの賞味期限について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

かまぼこの賞味期限はどれくらい?切れても食べてOK?日持ちする保存方法も解説!

冷凍かまぼこのアレンジレシピ

かまぼこは、料理に入れると彩りも鮮やかになり、見栄えを良くすることができます。ここでは、冷凍かまぼこを使った美味しいレシピをいくつか紹介します。

①木の葉丼

出典: https://i.pinimg.com/564x/61/d4/2f/61d42fbf0a3875daea2010bb05c74209.jpg

冷凍かまぼこは、冷凍することで煮汁を吸収しやすくなるので、丼の具材に活用するのもおすすめです。丼といえばかつ丼や親子丼など色々なメニューがありますが、かまぼこはどの丼にも合わせやすい食材です。

木の葉丼 (かまぼこ入りたまご丼) 【recipe blog】

②三つ葉とかまぼこのわさび醤油和え

出典: https://i.pinimg.com/564x/45/b2/5f/45b25fe99b2337f116dd6293940d7cd3.jpg

三つ葉とかまぼこのわさび醤油和えは、副菜やお弁当のおかずにおすすめの一品です。冷凍かまぼこを使用する際は、軽く焼いてから和えると食感もよく、焼いた香ばしさが感じられてさらにおいしくなります。

三つ葉とかまぼこのわさび醤油和え【recipe blog】

③フライパンで作る茶碗蒸し

出典: https://i.pinimg.com/564x/04/90/08/0490080328b6fd91575faac01229d48a.jpg

出来立ての温かいままでも、冷やして食べても美味しい茶わん蒸しのレシピです。スライスした冷凍かまぼこは、解凍せずそのまま他の具材と一緒に入れて蒸しましょう。

フライパンで作る茶碗蒸し  【ameblo】

④かまぼこフライ

出典: https://i.pinimg.com/564x/c5/39/38/c53938ecd8fea48f8d670d5b167a2367.jpg

かまぼこは、フライにするとしっかりした食感を味わえ、満足感も高まります。また、揚げ物なのでお弁当の一品にしても良いでしょう。

豪快!かまぼこフライ by ザッキー【s-recipe-blog】

かまぼこを正しく保存して日持ちさせよう

かまぼこはお弁当のおかずなどに役立つ便利な食材ですが、開封後は冷蔵保存ではあまり日持ちしないので、長く日持ちさせたいときは冷凍保存がおすすめです。かまぼこを正しく保存して、美味しい状態で味わいましょう。

関連する記事