じゃがいもの冷凍での保存方法・期間は?美味しさ長持ちのコツやレシピのおすすめを紹介!

【管理栄養士監修】じゃがいもの冷凍保存の正しい方法・手順を知っていますか?今回は、じゃがいもの〈カット済み・マッシュ〉での冷凍保存の方法・期間や解凍のコツも紹介します。便利で長持ちですが不安を感じたら、変色での賞味期限の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 石川桃子
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。...
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。歯スティバルという歯科イベントにて講師を務めさせていただきました。分子整合栄養学を学び、予防歯科には欠かせない食事をお子様やご高齢の方と様々な方への食事・栄養指導を行なっております。

目次

  1. じゃがいもの冷凍保存はだめ?できる?
  2. そのまま生で冷凍するのはNG
  3. 加熱調理済みのじゃがいもが冷凍保存に向いている
  4. じゃがいもを冷凍保存する方法
  5. カット済みのじゃがいもを冷凍保存する方法
  6. ペースト・マッシュ状にして冷凍保存する方法
  7. 保存期間の目安
  8. 冷凍したじゃがいもの解凍方法
  9. ①カットして保存した時の解凍方法
  10. ②マッシュ状で保存した時の解凍方法
  11. 冷凍じゃがいもの賞味期限が不安な場合とは?
  12. 解凍後に黒く変色
  13. 腐ったじゃがいもの特徴・見分け方
  14. 冷凍じゃがいもの活用レシピ
  15. ①時短・簡単 野菜カレー
  16. ②冷凍マッシュポテトで手作りコロッケ
  17. ③軽くておいしいジャガチーズケーキ
  18. じゃがいもの冷凍保存は正しい方法でやろう

じゃがいもの冷凍保存はだめ?できる?

食材の冷凍保存は買い置きができ、食材を腐らせないために賢い保存方法ですが、じゃがいもは冷凍保存に向いているでしょうか?

そのまま生で冷凍するのはNG

じゃがいもは生で冷凍するのには適していません。生で冷凍すると、じゃがいも内の水分が凍って氷の結晶になります。その結晶はしだいに大きくなって細胞の組織を破壊します。

解凍すると、この壊れた細胞の中の氷が融けて流れ出します。じゃがいもは水分がなくなって、柔らかくふにゃふにゃになります。栄養素や旨味が水分と一緒に流れ出てしまうので味がまずい原因になります。

加熱調理済みのじゃがいもが冷凍保存に向いている

じゃがいもを冷凍保存する場合は一度加熱しましょう。茹でたり蒸したりした加熱調理済みのじゃがいもは冷凍保存に適しています。電子レンジでの加熱でも大丈夫です。加熱しておくと、食感が悪くなるのも避けられます。

石川桃子

管理栄養士

じゃがいもなどの根菜類はあまり小さく切りすぎてしまうと逆に火が通りにくくペーストやマッシュ状にしづらくなるため、大きめに切り火を通すようにしましょう。

じゃがいもを冷凍保存する方法

じゃがいもを冷凍保存するにはどんな方法が適しているでしょうか?カット済みのじゃがいもを冷凍保存する方法と、ペースト・マッシュ状にして冷凍保存する方法を紹介しましょう。

カット済みのじゃがいもを冷凍保存する方法

使いやすい大きさにカットして、加熱処理して冷凍保存する方法です。調理する時には、下準備が済んでいるので手早く料理ができます。

1、洗って皮をむき、カレー用やフライドポテト用など、使いやすい大きさにカットする
2、水に浸してアク抜きする(10分程度)
3、じゃがいもを食べられる状態に加熱処理し、冷ます
4、キッチンペーパーなどで水分を取り、フリーザーバッグに平らに並べるようにして入れる
5、急速冷凍の機能や温度設定などを調節して、低温で急激に冷凍する


加熱処理は鍋で茹でる、電子レンジ、蒸し器などどんな方法でも大丈夫です。水分をよく拭き取ることと、じゃがいもを重ねないようにフリーザーバッグに入れることが、くっつかないポイントです。また、金属の容器やアルミホイルに乗せると急速に冷凍でき、おいしさを保ちやすくなります。

ペースト・マッシュ状にして冷凍保存する方法

ペースト状やマッシュ状にして冷凍保存する方法です。コロッケやサラダが手軽に作れます。

1、洗って皮をむき、つぶしやすい大きさにカットする
2、水に浸してアク抜きする(10分程度)
3、じゃがいもを食べられる状態に加熱処理する
4、熱いうちにじゃがいもを潰しておく。ペースト状にする場合は、目の細かい網で裏ごしして、湯冷ましを少量ずつ加えてペースト状にしていく。または、水を少し入れてミキサーにかける。
5、キッチンペーパーなどで水分を取り、フリーザーバッグに平らに入れる
6、急速冷凍の機能や温度設定などを調節して、低温で急激に冷凍する


加熱処理は鍋で茹でる、電子レンジ、蒸し器などどんな方法でも大丈夫です。温かいうちに塩コショウで下味をつけておくと使いやすいです。フリーザーバッグに入れる時にラップで小分けにしておくか、フリーザーバッグの上から箸などで筋をつけて分けやすくしておくと便利です。

石川桃子

管理栄養士

ペーストにしておくと小さなお子様がいるご家庭はすぐに離乳食の一品として出せるのでおすすめです。上記にあるように、菜箸などで型をつけておくとパキッとおれるので使いたい分だけ取り出せて便利ですよ。

保存期間の目安

調理したじゃがいもは冷蔵庫では2~3日しか日持ちしませんが、冷凍保存すれば約1ヶ月保存が可能です。保存期間はあくまで目安ですので最後に紹介する“腐ったじゃがいもの特徴・見分け方”とともに参考にするようにしてください。

(*じゃがいもの保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもの保存方法・期間は?常温・冷蔵庫・冷凍で日持ちするコツを紹介!

冷凍したじゃがいもの解凍方法

冷凍保存したじゃがいもを使う時の解凍はどのようにすればよいのでしょうか。味が落ちない方法を見ていきましょう。

①カットして保存した時の解凍方法

カットして保存したじゃがいもは解凍する時に水が出ます。水が出ると味が落ちてしまうので凍ったまま調理するのがポイントです。

一度加熱処理してあるので煮くずれしやすく、味が染み込みやすくなっていますので、煮込み料理などでは調理の最後に凍ったまま入れましょう。フライドポテトなどの揚げ物は、凍ったまま揚げるとカラッと仕上がります。

②マッシュ状で保存した時の解凍方法

マッシュ状にして冷凍したものは、解凍して使います。冷蔵庫で自然解凍すると食感が変らないのですが、急ぐ場合は電子レンジの解凍機能を使っても大丈夫です。

冷凍じゃがいもの賞味期限が不安な場合とは?

冷凍したじゃがいもの保存期間は1ヶ月程度ありますが、解凍後に黒く変色したり、賞味期限として不安を感じることがあります。腐ったじゃがいもの見分け方を紹介しますので、参考にして下さい。

解凍後に黒く変色

じゃがいもにはチロシンというアミノ酸の一種が含まれています。このチロシンが空気に触れて酸化するとチロシナーゼという酵素が働きメラニンに変わります。メラニンは黒い色素なので、じゃがいもが黒く変色する原因となります。冷凍状態では酸化しませんが、冷凍庫から出すと酸化が始まり黒くなることがあります。

黒くなったから腐ったという訳ではないでのすが、見た目においしそうではなくなってしまいます。チロシンは水に溶けるので、じゃがいもを切った時に水にさらすと解凍後に変色しにくくなります。

(*じゃがいもが黒く変色することについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもが黒・赤紫に変色した…。放置が原因?防止策や色戻しできるか解説!

腐ったじゃがいもの特徴・見分け方

では黒く変色したじゃがいもが腐っているかを見分けるにはどうしたら良いでしょうか。悪くなっていて食べるには適さないじゃがいもの特徴を見てみましょう。

・大量の芽が出ていて、緑色になる
・触るとフニャフニャして柔らかく、皮がしわになっている
・カビのような臭いがしたり、カビが生えている
・黒っぽかったり、赤っぽく変色している
・酸っぱい味がする
・茶色っぽい汁が出る


多少柔らかくなったり、小さな芽が出始めた状態では食べられなくはないですが、このような状態になったら腐っているので食べないように注意しましょう。

(*腐ったじゃがいもの見分け方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもが腐ると?見分け方は?緑・黒への変色や発芽も腐敗が原因?
じゃがいもが柔らかいのは腐ってる?食べられる?見分け方や消費レシピも紹介!

冷凍じゃがいもの活用レシピ

冷凍じゃがいもを活用したレシピを紹介します。冷凍ポテトの代わりに冷凍じゃがいもを活用して下さい。じゃがいもの下準備は、冷凍したものを使うと手間が省けます。

①時短・簡単 野菜カレー

出典:https://jp.rakuten-static.com/recipe-space/d/strg/ctrl/3/02ac2f252ef95891dbcbda3d5122670ffea2a53b.71.2.3.2.jpg?thum=58

冷凍ポテトと冷凍の野菜を使ったカレーです。冷凍ポテトの代わりに、自分で冷凍したじゃがいもを使ってみましょう。忙しい時でもさっと作れる時短レシピです。
↓詳しい作り方・レシピはこちら↓

冷凍のポテト入りカレーライス レシピ・作り方 by ココアケア|楽天レシピ

②冷凍マッシュポテトで手作りコロッケ

出典:https://img.cpcdn.com/recipes/4297519/280x487s/b3af52012050e9163fd3ad51e50be3e0.jpg?u=10088945&p=1484746457

マッシュポテトを使った定番料理と言えばコロッケという方も多いでしょう。結構手間のかかるコロッケも冷凍じゃがいもなら手軽に作れます。揚げる時に破裂しないコツは衣をつける前に冷やすことです。
↓詳しい作り方・レシピはこちら↓

お家が一番‼︎ 手作り☆コロッケ☆ by r…… 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが324万品

③軽くておいしいジャガチーズケーキ

出典:https://cont-daidokolog.pal-system.co.jp/system/recipe/2708/img/thumbnail/pc_detail_main_COP10_AG_997.jpg

クリームチーズを半分にして代わりにじゃがいもが入った、軽くて、ヘルシーでしかも安上がりなチーズケーキです。ふっくら焼きあげるポイントは、生地を混ぜ過ぎないことです。
↓詳しい作り方・レシピはこちら↓

じゃがいもチーズケーキ|だいどこログ[生協パルシステムのレシピサイト]

じゃがいもの冷凍保存は正しい方法でやろう

じゃがいもは色々な料理に欠かせない食材です。カットして加熱処理したり、マッシュ状にして冷凍保存すると長く保存できるだけでなく、料理時間の短縮や手順の効率も図れます。じゃがいもは正しい方法で冷凍保存しましょう。そして賢く使いましょう。

関連する記事