肉を柔らかくする方法15選!安い輸入牛肉でも美味しく食べられる裏技を紹介!

肉を柔らかくする方法を知っていますか?安い輸入牛肉でも柔らかくすることはできるのでしょうか?今回は、肉が固くなる原因から、肉を柔らかくする3つのアプローチ法別に、合計15選を紹介します。肉の下処理・調理法のコツなど紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 安い肉でも柔らかくする方法ってある?
  2. そもそも肉が固くなる原因って?
  3. ①もともと固い肉質の部分である
  4. ②加熱によりタンパク質が変化する
  5. ③水分・油が抜けすぎてしまう
  6. 肉が柔らかくなる仕組みは?
  7. ①肉の筋繊維をほぐす方法
  8. ②タンパク質の変性を防ぐ方法
  9. ③肉の保水率を上げる方法
  10. 肉を柔らかくする方法15選①筋繊維をほぐす
  11. ①筋取りをする
  12. ②肉を叩く
  13. ③牛乳に漬け込む
  14. 肉を柔らかくする方法15選②酵素を利用する
  15. ④パイナップルとともに調理する
  16. ⑤キウイに漬け込む
  17. ⑥玉ねぎに漬け込む
  18. ⑦麹に漬け込む
  19. ⑧パパイヤに漬け込む
  20. 肉を柔らかくする方法15選③肉の保水率を上げる
  21. ⑨酒に漬け込む
  22. ⑩酢やレモン汁に漬け込む
  23. ⑪ヨーグルトに漬け込む
  24. ⑫炭酸飲料で煮る
  25. ⑬アルカリ性の重曹液に漬け込む
  26. ⑭粉をまぶす
  27. ⑮調理の直前に塩コショウする
  28. 肉を柔らかく仕上げよう!

出典:http://mahounofuraipan.blog51.fc2.com/blog-entry-193.html

加熱する前にすりおろしたキウイに肉を漬け込んでも、柔らかくなります。その際にはジッパー付き保存袋にすりおろしたキウイと肉を入れ、冷蔵庫で寝かせるだけと簡単です。梨でも同じ効果がありますが、通年で流通しているキウイの方が使いやすいと考えられます。

⑥玉ねぎに漬け込む

出典:http://house-husband.net/ry-blog/post-1085/

プロテアーゼを含んでいる玉ねぎと肉を一緒に漬け込むことでも、肉が柔らかくなります。短時間で肉を柔らかくしたい時には、バットに玉ねぎをすりおろし、肉を入れて15~30分ほど置いておきましょう。また料理によっては、カットした玉ねぎとジッパー付き保存袋に入れておき、一緒に炒めたり煮たりするのがおすすめです。

⑦麹に漬け込む

出典:https://gonyoken.com/cooking/ultra-simple-cuisine/siokoujidukeyaki

塩麹や甘酒などの麹に肉を漬け込んでも、肉は柔らかくなります。これは麹に含まれている酵素が肉のタンパク質を分解することで、保水力を高めてくれるのです。特に和風の料理に使いたい時には、麹が風味も加えてくれるのでおすすめです。

⑧パパイヤに漬け込む

出典:http://mickey.828.girly.jp/?eid=1027545

パパイヤもプロテアーゼを含んでいる果物の1つです。すりおろしたパパイヤに肉を15分ほど漬け込むだけでも、肉が柔らかくなります。また青いパパイヤを薄くスライスしたものと肉を調理前に合わせておくと、炒めても固くなることがないのでおすすめです。

肉を柔らかくする方法15選③肉の保水率を上げる

肉を柔らかくするためにph値を変えて、肉の保水率を上げると聞くと難しく感じるかもしれません。しかし自宅にあるものを使い、手早く行える方法が多いのでおすすめです。ここでは、肉の保水率を上げて柔らかくする方法を8つ紹介します。

⑨酒に漬け込む

出典:https://ryouri-yamazaki.com/2019/06/14/torimomosuteki/

肉を柔らかくしたい時には、料理酒に漬けることをおすすめします。肉と日本酒をジッパー付き保存袋に入れて、一晩寝かせるだけで驚くほど柔らかくなります。これは、日本酒の働きによって肉が酸性に傾くことで保湿成分が活性化し、酒から水分が吸収されるからです。

しかし日本酒に漬ける場合は10時間以上寝かせる必要があるので、下ごしらえに時間をかけられる時に実践しましょう。

⑩酢やレモン汁に漬け込む

出典:https://www.excite.co.jp/news/article/TokusengaiWeb_17327106/

酢やレモン汁に肉を漬け込み、酸性に傾けることでも柔らかくすることは可能です。鶏手羽先の黒酢煮などに代表されるように、酢やレモン汁の場合は、調理中に加えても肉の柔らかさを保ってくれます。その際、酢を入れて肉を煮る時間が短時間だとタンパク質が固くなってしまうので、長めに煮込むのがおすすめです。

関連する記事

×