すくなかぼちゃとは?どんな特徴の品種?味わいや美味しい食べ方・レシピを紹介!

かぼちゃの品種「すくなかぼちゃ」を知っていますか?細長くヘチマのような形をしているのが特徴の品種です。今回は、「すくなかぼちゃ」の〈味わい・食感・見た目〉など特徴や、旬・収穫時期や産地にくわえ保存方法も紹介します。〈プリン・煮物・スープ〉など「すくなかぼちゃ」の美味しい食べ方・レシピや通販のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. すくなかぼちゃの特徴は?どんなかぼちゃの品種?
  2. すくなかぼちゃの見た目・大きさ
  3. すくなかぼちゃの名前の由来
  4. すくなかぼちゃの味わい・食感
  5. すくなかぼちゃの値段・価格
  6. すくなかぼちゃの旬・収穫時期や産地は?
  7. すくなかぼちゃの産地
  8. すくなかぼちゃの旬・収穫時期は8月〜10月ごろ
  9. すくなかぼちゃの美味しい食べ方は?皮は食べれる?
  10. すくなかぼちゃは追熟させよう
  11. すくなかぼちゃに合う料理・調理法
  12. すくなかぼちゃの人気レシピのおすすめ
  13. ①プリン
  14. ②スープ
  15. ③煮物
  16. すくなかぼちゃの保存方法は?
  17. すくなかぼちゃを通販でお取り寄せして食べてみよう

すくなかぼちゃの特徴は?どんなかぼちゃの品種?

かぼちゃの品種であるすくなかぼちゃとは、どのようなかぼちゃなのでしょうか。ここでは、見た目や味わいなどすくなかぼちゃの特徴を紹介します。

すくなかぼちゃの見た目・大きさ

すくなかぼちゃは、細長くヘチマのような見た目をしているのが特徴です。大きさは約50cm程あり、重さは2.5~4kgにも及びかぼちゃの中でも大きめの品種です。外の皮は普通のかぼちゃよりも薄い灰緑色をしていますが、果肉は他のかぼちゃと同じ濃い黄色をしています。

すくなかぼちゃの名前の由来

すくなかぼちゃは漢字で「宿儺かぼちゃ」と書き、岐阜県の飛騨高山で栽培されています。宿儺の由来は、両面宿儺からきており古くから飛騨の地域で偉人として語り継がれているようです。両面宿儺は日本書紀にも登場し、指導者として農耕の技術を広めたとされています。

両面宿儺は現在でも人々から親しまれ、両面宿儺のように親しまれるかぼちゃになるようにと宿儺かぼちゃと名付けられました。

すくなかぼちゃの味わい・食感

すくなかぼちゃは上品な甘さと、栗のようなホクホクとした食感が特徴です。キメが細かいのでスープなどにしても、滑らかな食感を味わうことができます。また、かぼちゃの味が濃いためさまざまな料理に使えるでしょう。

すくなかぼちゃの値段・価格

すくなかぼちゃはかぼちゃの中でも高級ブランドとして扱われており、1個あたり1000円を超えた値段で販売されています。普通のかぼちゃの値段と比べると、すくなかぼちゃは約5倍もの値段がつく高級品です。

(*かぼちゃの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

かぼちゃの種類別の品種15選!味・大きさなど特徴を【画像】で紹介!

すくなかぼちゃの旬・収穫時期や産地は?

高級なすくなかぼちゃですが、どのくらいの時期に収穫されどこで栽培されているのでしょうか。ここでは、すくなかぼちゃの産地や旬をみていきましょう。

すくなかぼちゃの産地

すくなかぼちゃの産地は、岐阜県高山市丹生川町周辺で古くから自家用野菜として栽培されてきた伝統的な野菜です。飛騨高山の自然豊かな環境で栽培されているため、糖度が高く甘みの強いかぼちゃに仕上がります。

すくなかぼちゃの旬・収穫時期は8月〜10月ごろ

関連する記事

×