ゆでうどんは袋のままレンジでOK?温めは何分?人気レシピ22選も紹介!

ゆでうどんはレンジで温められるか知っていますか?袋のままでも良いのでしょうか?今回は、〈袋なし・袋のまま〉別のゆでうどんのレンジでの温め方や、〈冷蔵・冷凍〉別の温め時間は何分かに加え、レンジで温めるメリットを紹介します。レンジで簡単なゆでうどんの人気レシピ22選も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ゆでうどんはレンジで温められる?袋のままでもOK?
  2. ゆでうどんをレンジで温めるメリット
  3. ①うどんの麺にコシが出る
  4. ②お湯を温めないので時短できる
  5. ③洗い物が減る
  6. ゆでうどんのレンジでの温め方は?袋のままで何分?
  7. ①ゆでうどんをレンジで袋のまま温める方法
  8. ②ゆでうどんをより早く温める方法
  9. 冷凍うどんの場合はレンジの温め時間を長めにする
  10. ゆでうどんをレンジで温める人気レシピ22選!
  11. ①カルボナーラ風うどん
  12. ②焼うどん
  13. ③ピリ辛うどん
  14. ④納豆と温玉卵のぶっかけうどん
  15. ⑤まぜそば風油うどん
  16. ⑥サバ味噌バターうどん
  17. ⑦明太うどん
  18. ⑧おろしぶっかけうどん
  19. ⑨卵納豆うどん
  20. ⑩煮込みうどん
  21. ⑪カレーうどん
  22. ⑫さんまと卵のうどん
  23. ⑬豚のぶっかけ生姜うどん
  24. ⑭あさりとオクラの冷やしうどん
  25. ⑮ニラ玉うどん
  26. ⑯具沢山しょうがうどん
  27. ⑰大根サラダうどん
  28. ⑱ひき肉ぶっかけうどん
  29. ⑲かけうどん
  30. ⑳白味噌クリーム明太うどん
  31. ㉑うどんでジャージャー麺
  32. ㉒牛肉おろしぶっかけすだちうどん
  33. ゆでうどんをレンジで温めてみよう!

ゆでうどんはレンジで温められる?袋のままでもOK?

うどんにはゆでうどんや冷凍うどんが販売されていますが、レンジで温めて食べることはできるのでしょうか。レンジで温める場合は、袋なしなのか袋のままなのかも気になるところです。今回は、ゆでうどんをレンジで温める際のメリットや、温め方から人気レシピまでを紹介していきます。

(*ゆでうどんを温めずにそのまま食べられるかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ゆでうどんはそのまま食べられる?離乳食・鍋など用途別に紹介!

ゆでうどんをレンジで温めるメリット

ゆでうどんをレンジで加熱する方法には、いくつかのメリットがあります。ここでは、レンジで調理することのメリットを一つずつ紹介していきます。

①うどんの麺にコシが出る

ゆでうどんは、レンジで加熱することで簡単に麺にコシを出すことができます。ゆでうどんには多くの水分が含まれているためコシが弱いのですが、レンジで加熱し水分を飛ばすことでコシが生まれます。コシがあるうどんが好きな人はレンジで加熱すると良いでしょう。

②お湯を温めないので時短できる

ゆでうどんは、加熱済みで販売されているので鍋で茹でなくても、レンジで加熱するだけで食べることができます。お湯を沸かして調理する必要がないので、短時間で調理することが可能です。忙しいときや時間がない人には、レンジでの調理がおすすめです。

③洗い物が減る

ゆでうどんを茹でずにレンジで加熱することで、鍋などの調理器具を使わないので洗い物を少なくすることができます。うどんを食べるお皿をレンジでの加熱時に使用すると、さらに洗い物を少なくさせることができるのでおすすめです。

ゆでうどんのレンジでの温め方は?袋のままで何分?

ゆでうどんをレンジで温める場合は、袋のままで良いのでしょうか。ここでは、ゆでうどんをレンジで温める方法を紹介します。

①ゆでうどんをレンジで袋のまま温める方法

1人前 2人前 3人前 4人前
温め時間 2分 4分 6分 8分

ゆでうどんをレンジで袋のまま温める手順をみていきましょう。

1、ゆでうどんを袋のまま耐熱容器に置く
2、500w〜600wのレンジで加熱する


2人前以上のゆでうどんを加熱する場合は、うどん同士がひっつかないようにお皿に並べて、個数に合わせて倍の時間で温めてください。レンジのワット数により温まり方が違うので、加熱時間が足りない場合は、様子を見ながら延長すると良いでしょう。

関連する記事