ほうれん草は腐るとどうなる?見分け方や賞味期限・食べれる時の特徴も紹介!

ほうれん草が腐るとどうなるか知っていますか?見分け方はあるのでしょうか?今回は、<白いカビ>などほうれん草が腐った時の見分け方を<臭い・味・見た目>別に紹介し、<シナシナ>など腐りかけで食べれる時の特徴も紹介します。賞味期限目安や日持ちする保存方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ほうれん草が腐ってるかわからない…。見分け方ある?
  2. ほうれん草が腐るとどうなるの?見分け方は?
  3. ①見た目
  4. ②臭い
  5. ③味・食感
  6. 腐りかけのほうれん草がまだ食べれるか否かの基準って?
  7. ①シナシナになっている
  8. ②葉の変色が起きている
  9. ③葉・茎の一部が潰れている
  10. ほうれん草が腐る原因は?
  11. ①水分が足りない
  12. ②温度・湿度が不適切
  13. ほうれん草の賞味期限の目安は?
  14. ほうれん草の賞味期限を状態別に比較
  15. ほうれん草が日持ちする保存方法は?
  16. ①冷蔵庫で保存する場合
  17. ②冷凍庫で保存する場合
  18. 常温での保存はおすすめしない
  19. ほうれん草の日持ちする作り置きレシピを紹介!
  20. ①ほうれん草のナムル
  21. ②ほうれん草のソテー
  22. ③ほうれん草のポン酢和え
  23. ほうれん草は腐る前に消費しよう

ほうれん草が腐ってるかわからない…。見分け方ある?

葉物野菜であるほうれん草は本来は冬野菜ですが、現在は1年中流通しています。緑黄色野菜の中でも調理しやすく、常備したものを忘れてしまい傷んでしまうことも珍しくありません。誤って傷んだものを食べずに済むように、ほうれん草が腐った場合の見分け方について説明します。

ほうれん草が腐るとどうなるの?見分け方は?

ほうれん草が腐った時にどんな変化があるかを覚えておくと、見分けるのも簡単にできるようになるはずです。ここではほうれん草が腐った時の見た目と臭い、味や食感にどのような変化があるかについて詳述します。

①見た目

出典:https://twitter.com/miichan2014/status/1005762747890483201?s=20

ほうれん草が腐ると、見た目が以下のように変化します。

・葉の色が黄色に変化する
・葉から茶色の汁が出ている
・葉が溶けている
・白いカビがついている


ほうれん草は徐々に傷み始めますが、劣化が進行すると上記のような状態になります。ほうれん草から水分が出た状態のものを放置していると、やがて白いカビが生え始めます。茎の根元の部分にカビがつくことが多いですが、葉につくこともあるので注意が必要です。

②臭い

ほうれん草が腐ると、以下のように臭いも変化します。

・生臭い
・酸味臭がする
・腐敗臭がする

ほうれん草は腐ると我慢しがたい臭いがするので、すぐに気が付くことでしょう。また腐った臭いを発しているほうれん草は、触るとネバネバしていることが多いので、その場合はすぐに処分することをおすすめします。

③味・食感

ほうれん草は腐ると、味や食感にも変化があらわれます。

・粘りを感じる
・酸味がある
・舌がしびれるほどの苦味を感じる


ほうれん草は一部が腐り始めることがあるので、部分的に上記のような味を感じることもあります。変色あるいは触った時にネバネバしている部分を取り除くことで、残りのほうれん草を食べられるケースもあるものの、上記の味や食感を感じた時には処分する方が無難です。

腐りかけのほうれん草がまだ食べれるか否かの基準って?

ほうれん草は葉と茎では水分量が異なるので、傷み始めるタイミングが異なります。腐りかけのほうれん草の状態に気づければ、それを取り除いて調理できるので合わせて覚えておくと便利です。ここでは、腐りかけのほうれん草が食べられるか否かを見極める基準を紹介します。

①シナシナになっている

ほうれん草はいきなり腐るのではなく、部分的に劣化していくものです。実はほうれん草が傷み始めた段階で、内部から水分が抜けています。そのため葉がシナシナしたり、茎にハリがなくなったりすることがありますが、この段階では加熱調理すれば食べることに問題はありません。

②葉の変色が起きている

ほうれん草は傷み始めると全体的にしおれるだけでなく、茎や葉の一部に水がしみたような濃い色の部分ができます。しおれているほうれん草の葉は食べることができますが、色が濃くなった部分は腐り始めているので食べてはいけません。しかし色が濃くなった葉や茎を取り除けば、残りは食べることが可能です。

さらに時間が経過すると葉や茎が乾燥し、黄緑色あるいは黄色に変色します。その際には完全に腐っているので、絶対に食べないようにしましょう。

③葉・茎の一部が潰れている

ほうれん草が腐り始めると茶色に水分が出るようになり、やがて葉や茎の一部が潰れてきます。ほうれん草の葉や茎の一部が潰れてしまった場合は腐っているので、食べずに処分しましょう。ほうれん草が腐る場合は、葉から水分が出始めることが多いので、しっかりチェックする習慣をつけておくと安心です。

ほうれん草が腐る原因は?

同じ日に採取したほうれん草であっても、腐るまでにかかる期間は異なります。ほうれん草が腐る原因を知っておくことで、日持ちする期間を長くすることもできるのです。ここでは、ほうれん草が腐る原因を2つ紹介します。

①水分が足りない

ほうれん草は乾燥と暑さに弱いので、保存方法によって水分が足りなくなると腐りやすくなります。ほうれん草は根を切り落として販売されているため、水分補給することができず、乾燥しやすい状態で店頭に並んでいます。保存している間にも水分が抜け続けるので、傷んでいくのです。

②温度・湿度が不適切

購入してきたほうれん草を冷蔵庫で保存する人が多いと考えられますが、それが適した温度や湿度でなければ傷んでしまいます。ほうれん草を野菜室ではなく冷蔵室で保存すると、温度が低すぎて低温障害を起こすことも珍しくありません。

またほうれん草は湿度が高いと傷みやすく、低いと乾燥しやすいことも腐る原因となります。特に湿度が高いと微生物が活発に繁殖し、腐りやすくなってしまうため、夏場は特に注意が必要です。

ほうれん草の賞味期限の目安は?

ほうれん草は生鮮食料品なので、加工食品のように賞味期限や消費期限が明記されていません。そのため、ほうれん草が日持ちする期間の目安を覚えておき、その間に食べることが大事です。ここでは、ほうれん草の賞味期限の目安を紹介します。

ほうれん草の賞味期限を状態別に比較

賞味期限目安
生(常温) 1〜2日
生(冷蔵) 4〜7日
生(冷凍) 2週間
炒め 3日
おひたし 3〜5日
和え物 3〜5日

調理したほうれん草の日持ちする期間は、冷蔵庫で保存した場合を前提としています。また生での常温保存は夏場で1日、冬場が2日が目安です。さらにほうれん草は生のままだけでなく、茹でたり調理したりしてから冷蔵庫や冷凍庫で保存する方法もあるので、次章で詳述します。

ほうれん草が日持ちする保存方法は?

ほうれん草は常温と冷蔵庫、冷凍庫と3つの保存方法があり、日持ちする期間も異なります。腐らせずに食べ切るためにも、ほうれん草を日持ちさせる方法を知っておきたいところです。ここでは、ほうれん草が日持ちする保存方法について説明します。

①冷蔵庫で保存する場合

冷蔵庫でほうれん草を保存する場合、以下の方法を取り入れると日持ちする期間を延ばせます。生の状態と茹でてから保存する場合に分けて紹介します。

【生で冷蔵保存する方法】
1、湿らせた新聞紙やキッチンペーパーでほうれん草を包む
2、ほうれん草を立てて野菜室で保存する


【茹でて冷蔵保存する方法】
1、ほうれん草を硬めに茹でる
2、茹でたほうれん草の水気をしっかり切る
3、食べる分に小分けしてラップに包む


上記の方法で冷蔵した場合、生の状態で1週間程度、茹でたほうれん草の冷蔵保存期間は2日ほどとなります。硬めに茹でることで、べたつきを抑えて日持ちしやすくなり、栄養や旨味の流出も抑えられます。茹でたほうれん草は味噌汁にしたり、和え物やおひたしにしたりできて便利なので、調理時間を短縮したい人は実践してみてください。

②冷凍庫で保存する場合

日持ちする期間を延ばしたいなら冷凍保存する方法がおすすめです。生のままと、茹でたほうれん草の冷凍保存する方法は以下の通りです。

【生で冷凍保存する方法】
1、ほうれん草の根元を切ったうえでざく切りにして、水洗いをする
2、ほうれん草をしっかり水切りする
3、ジッパー付き保存袋に入れて冷凍庫で保存する


【茹でて冷凍保存する方法】
1、ほうれん草を硬めに茹でる
2、茹でたほうれん草の水気をしっかり切る
3、食べる分に小分けしてラップに包む
4、ラップに包んだほうれん草をジッパー付き保存袋に入れて冷凍保存する


生のほうれん草を冷凍した際の保存期間は、2週間程度です。生のまま冷凍したほうれん草を調理する際には、解凍せずにそのまま熱湯で茹でてかまいません。茹でてから冷凍したほうれん草は、約1ヶ月ほど日持ちします。茹でただけのほうれん草も解凍せずに、加熱調理してかまいません。

ちなみにほうれん草は調理後に冷凍することも可能で、その場合は電子レンジで解凍してから加熱するとよいでしょう。

(*ほうれん草の冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ほうれん草の冷凍での保存方法・期間は?解凍方法やレシピのおすすめも紹介!

常温での保存はおすすめしない

ほうれん草は、常温での保存はおすすめできない野菜の1つです。ほうれん草に限らず野菜は収穫後も呼吸していますが、呼吸量が増えると成熟が進み、やがて腐り始めることがわかっています。室温が16℃以上の状態でほうれん草を常温保存すると、呼吸数が増えて腐りやすいので避けましょう。

ほうれん草の日持ちする作り置きレシピを紹介!

傷みやすいほうれん草は、日持ちする常備菜にして保存するのがおすすめです。常備菜にも様々なメニューがあるので、味に飽きることもなさそうです。ここでは、日持ち期間の長いほうれん草を使った作り置きレシピを3つ紹介します。

①ほうれん草のナムル

出典:https://cookpad.com/recipe/2474323

茹でたほうれん草をカットして水気を絞り、にんにくや醤油、塩と混ぜてごま油と白ごまで風味を加える一品です。冷蔵庫で1週間ほど持つので、常備菜にも適しており、時短料理としても優秀といえます。

【副菜】ほうれん草の簡単ナムル by しめじーる 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

②ほうれん草のソテー

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1680003173/

味付けに塩分を加え、水分を飛ばすように炒めると日持ちが良くなります。5日ほど冷蔵保存できるので、常備菜にピッタリです。ほうれん草とコーンの鮮やかな彩りは、お弁当のおかずとしても重宝する一品です。

ほうれん草とコーンの炒め物 冷凍保存 お弁当|楽天レシピ

③ほうれん草のポン酢和え

出典:https://cookpad.com/recipe/4986060

ほうれん草を茹でて、ポン酢で和えるだけの簡単レシピです。酢の殺菌効果により冷蔵で5日ほど日持ちするため常備菜として便利でしょう。このレシピではしめじとかつお節と組み合わせていますが、白ごまをかけたり茗荷を刻んでのせたりしても美味しい一品です。

ほうれん草としめじのポン酢和え by mikko⭐ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

ほうれん草は腐る前に消費しよう

今回はほうれん草が腐った時の見分け方を紹介するとともに、腐りかけでも食べられる時の特徴も紹介しました。ほうれん草を購入した後は日を置かずに食べるよう意識し、腐る前に食べ切る習慣をつけましょう。

関連する記事