勉強のお供ランキングTOP11!お菓子・食べ物の低カロリー商品を紹介!

勉強のお供におすすめのお菓子・食べ物を知っていますか?コンビニで買えるものは何があるのでしょうか。今回は、<お菓子・食べ物>など勉強のお供をランキング形式で11個紹介します。低カロリーで太らないダイエットにおすすめの勉強のお供も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 勉強のお供のお菓子・食べ物は何がいい?
  2. 勉強のお供におすすめな食べ物の特徴
  3. 勉強のお供のお菓子・食べ物のおすすめTOP11
  4. 勉強のお供におすすめの食べ物11位:ゆで卵
  5. 勉強のお供におすすめの食べ物10位:ゼリー飲料
  6. 勉強のお供におすすめの食べ物9位:枝豆のスナック菓子
  7. 勉強のお供におすすめの食べ物8位:ヨーグルト
  8. 勉強のお供におすすめの食べ物7位:バナナ
  9. 勉強のお供におすすめの食べ物6位:大豆
  10. 勉強のお供におすすめの食べ物5位:キシリトール入りのガム
  11. 勉強のお供におすすめの食べ物4位:ミックスナッツ
  12. 勉強のお供におすすめの食べ物3位:グミ
  13. 勉強のお供におすすめの食べ物2位:ラムネ
  14. 勉強のお供におすすめの食べ物1位:ダークチョコレート
  15. 勉強のお供で効率よく作業しよう!

アーモンドやクルミ、ピーナッツなどのナッツ類には、勉強の役に立つ以下の栄養素が含まれています。

・ビタミンB群
・カルシウム
・大豆イソフラボン


ナッツはよく噛むことで脳に刺激を与えるうえに、脳の働きを活性化するビタミンB群や、精神の安定に役立つカルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。大豆イソフラボンが含まれるピーナッツが入ったミックスナッツであれば、勉強のやる気がより向上するでしょう。少量でも十分な満腹感を得られやすいため、勉強中に小腹が空いた時にも最適な食べ物です。

Amazon | [Amazon限定ブランド] NUTS TO MEET YOU ミックスナッツ個包装×30袋

勉強のお供におすすめの食べ物3位:グミ

出典:https://www.amazon.co.jp/UHA%E5%91%B3%E8%A6%9A%E7%B3%96-1880161-%E5%91%B3%E8%A6%9A%E7%B3%96-%E5%BF%8D%E8%80%85%E3%82%81%E3%81%97-20g%C3%9710%E8%A2%8B/dp/B07JLCH6T2

グミに含まれる以下のような栄養素は、勉強の役に立つ効果が見込めます。

・ブドウ糖
・ビタミンC


グミに含まれるブドウ糖を摂取すると、脳のエネルギー源となり勉強の効率が上がるうえに集中力が高まる効果が期待できます。また、ビタミンCは免疫力を高めて風邪を予防するほか、ストレスの抵抗力を向上させる作用があります。そのため、受験や試験を控えている人は、勉強中にグミを食べるのがおすすめです。

また、弾力のあるグミをよく噛むことで脳の血行が促され、脳が活性化して集中力や暗記力が高まります。勉強中に眠気を感じる場合は、覚醒効果のあるカフェイン入りのグミを食べるとよいでしょう。

Amazon|味覚糖 忍者めし コーラ 20g×10袋

勉強のお供におすすめの食べ物2位:ラムネ

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61igdACsbhL._AC_SL1003_.jpg

ラムネに含まれる勉強の役に立つ栄養素は、以下の通りです。

・ブドウ糖
・炭水化物


ラムネは、脳のエネルギーとなるブドウ糖の補給に最適なお菓子です。森永製菓のラムネは1粒でブドウ糖が9割含まれているので、勉強をしている時に食べると高い疲労回復効果が期待できます。また、ラムネに含まれる炭水化物も、脳の働きを維持するために欠かせない栄養素です。

Amazon | [Amazon限定ブランド] 森永製菓 ラムネ 20本セット ブドウ糖 90%配合

勉強のお供におすすめの食べ物1位:ダークチョコレート

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61D81%2BdlcyL._AC_SL1000_.jpg

ダークチョコレートには、以下のような勉強の役に立つ栄養素が含まれています。

・カフェイン
・テオブロミン

カカオが70%以上含まれるダークチョコレートには、カフェインやテオブロミンと呼ばれる成分が豊富に含まれています。カフェインやテオブロミンは、脳の認知機能を高めて脳内の中枢神経の血管を拡張させる作用があるため、集中力の維持や暗記力を高める効果が期待できるでしょう。

ダークチョコレートには、普通のチョコレートの2.3倍〜4倍以上ものカフェインやテオブロミンが含まれているため、勉強のお供として食べるならダークチョコレートがおすすめです。カフェインやテオブロミンを摂りすぎると、体に過剰な利尿作用や興奮作用を引き起こす恐れがあるので、1日5個を目安に食べるようにしてください。

Amazon | 明治 チョコレート効果カカオ72%BOX 75g×5個

勉強のお供で効率よく作業しよう!

勉強をしている最中に小腹が空いたり集中力が切れたりしたら、勉強の効率を高めるお菓子や食べ物を食べてみてください。脳のエネルギー源になるブドウ糖が豊富に含まれるラムネや、脳の認知機能を高めるテオブロミンを多く含むダークチョコレートなどを選ぶのもおすすめです。勉強のお供に最適なお菓子や食べ物を食べて、効率よく作業しましょう。

関連する記事